【Withings Activite Pop】使用感レポート

Withings Activite Popが届いた

こんにちは、Caoringonです。
AppleWatchを皮切りに、スマートウォッチが続々と登場していますね。

今日は私が新しくゲットしたWithingsについてレポートしてみたいと思います。
小学校の頃からAppleユーザーであることを誇りに思い、
浮気もせずにほぼ全てのデバイスの初期を触っているにもかかわらず、
なぜかAppleWatchには惹かれず、そのまま時が過ぎていました。

服装の趣味も大学の頃からほぼ固定化し、
ボトムスはmarithe+francois Girbaud、Johnbull、LEE。
足元はRealityStudioのサンダルやセレクトショップの一点もの、
最近はカラースリッポンなどを愛用。
トップスはこだわりなく、抜け感を出せるもの。
そしてバッグはフォルム、革の具合、一点もの、エシカル系を主に揃えています。

簡単に言うと、気合が入っているときとお呼ばれ時に関しては我ながらオシャレですが、普段は街馴染みするものを愛用する主義です。

最近は腕から先にアクセサリー類をつけることが多く、
そこだけ見ると女子感の強い手先に寄りがちなところに、
何かスポーティーかつスマートな腕時計を探していました。

ちなみにブランドものも一通り試しましたが、
腕時計に至っては、感性の響くものに未だ出会えていません。
(職人さんの技術に関しては高く評価しています)

そんな時に、ふと目にしたTwitterから(WWDかVOGUEかSPUR辺り?)、
Withings Activite Popを発見し、
1週間の調査の結果、購入を決定。
9月18日にAmazonで注文し、プライム会員の特権、翌日配送にて受け取りました。

パッケージ・見た目:5,開けやすさ:2

withings-package

写真を綺麗に取らないことでおなじみのCaoringonです。
(申し訳ない。。。)

withings-up

もう、見てわかるように、オシャレ。
そして何より、余分なものがなく、
見た目だけで言えば、本当に腕時計そのもの。
その潔さに惹かれました。

そして個人的に最近はまっているグレー。
いいですね。うん。しみじみ眺めても変わらないシンプルさ。
個人的には「Activite Pop」の文字が紅じゃなく藍だったらもっと好みでした。

箱はオシャレなんですが、問題は開けにくさ。
カバーになっている透明の部分はサイドのシールで簡単に開くのですが、
時計がセットされているグレーの部分が、土台に両面シールで貼り付けられているため、残念ながら力技で開けるしかありませんでした。
その際に、表の下側、「Activite Pop」のもじが描かれているところが破れます。

色合いと文字盤の大きさ:5

ユニセックスであるにもかかわらず、
つけてすぐに感じるのは、バランスの良さ。
バンドも然り、文字盤も然り。

大きさが丁度いいんです。
私のような、手首がっちり女子がはめても、華奢な女子がはめても、
そして様々な体格の男性がはめても。

その大きさの馴染み方が絶妙です。
恐らくこれはベルトのラバーの素材感や、
文字盤のタッチガラスの曲線美とも関係していると思います。

防水力と乾きやすさ:5

防水力はお風呂で測ってみました。

tithings-bath

全く問題ありません。

これまで、私を悩ませていた「お風呂時間問題」
お風呂中まで時間を図る必要はないですが、
あまりにも長風呂体質なため、お風呂に時計を置くか迷ってました。

しかし、腕時計で済むのであれば、オールOK!
岩盤浴のとき携帯で時間を図るのは、周りの人の気持ちも考えて、私は否定派なんですよね。
でも、その点、撮影機能のない時計であれば安心してつけてられます。
しかもそのままシャワーを浴びても大丈夫ってところもポイント高いです。

アラーム・バイブレーション機能:5

岩盤浴といえば、ついうっかり汗をかきすぎて、もう1タームするはずが逆上せちゃう・・・といったハプニング。
このアラーム機能を使えば、音もならず、自分の腕に微動なバイブレーションで伝わるので、とても便利です。

もちろん岩盤浴ではなく、普段の目覚まし代わりにも。
個人的に目覚ましの音に飽きてしまったり、不快になる人は、このバイブレーションでの起床をお勧めします。

使用感まとめ

とまぁ、まだ着用して24時間経ってないですが、
私の満足感は十二分に伝わったかと思います。

日本での取り扱いは、Apple、Amazon、ソフトバンクオンラインショップのみ。
調べたところ、唯一タイムセールを行うのはAmazonのみのようなので、
ソフトバンクのポイント(Tポイント)が溜まりに溜まっている人ではないかぎり、
Amazonでの購入をお勧めします。

また、Withingsはインスタグラムでも、ユーザーの着用写真が多くあるので、
色味などは、様々な光加減で事前に確認をおすすめします。

歩数計の機能があるので、普段から歩いている方は、数値化されることでちょっと楽しみが出来るかもしれません。
ベルトのアレンジが効いたり、バッテリーの保ちもいいので(8ヶ月充電不要)普段使いの時計として長く使えそうです。

以上、Caoringonのレポートでした!