【メンズ】ワインレッドのパンツ(ズボン)に相性の良いジャケット&着こなし

ワインレッドのパンツを買ってみたはものの、正直何に合わせて良いか困る……。

お悩み中のあなたに、ワインレッドのパンツとテーラードジャケットを使ったコーディネートをいくつか紹介します。

ワインレッドのパンツ+紺のテーラードジャケット

ワインレッドと紺は、お互いを引き立て合う非常に相性の良い色。

ですのでワインレッドのパンツに紺のジャケットを合わせれば上品且つ華やかなジャケパン着こなしができます。

jaketpant-style57

今回はやや光沢控えめの、紺のスーツジャケットを使ってみました。

派手目なストライプが入っていて、生地があまりツヤツヤとしていないのでカジュアル感があり、ジャケパンで使ってもまったく違和感がありません。

スーツを選ぶときにやや光沢が控えめのものを選ぶと、カジュアルに使い回しができるかもしれません。

このジャケパン着こなしの場合、ネクタイを締めるのもOK。

今回はアスコットスカーフを巻いて、大人っぽさを強調する着こなしにしました。

ワインレッドのパンツ+モスグリーンのチェック柄ジャケット

ワインレッドは意外なことに、モスグリーン系とも仲の良い色。

クラシカルなモスグリーンのテーラードジャケットに、鮮やかでモダンな色彩を加える効果があります。

jaketpant-style7

かなり上級ですが、遊び心があるので自信がある人には是非挑戦していただきたいです。

今回はさらにワインレッドのネクタイを合わせることで、しっかりと統一感を出しています。

ちなみにネクタイの柄はレジメンタルやドットなどだと、やや洒脱感に欠けます。

こういうカジュアル専用の花柄などのネクタイを合わせることで年配っぽさを払拭するのがジャケパン着こなしのコツ。

ワインレッドのパンツ+グレーのツイードジャケット

上と同じネクタイを使い、今度はグレーのツイードジャケットにワインレッドのパンツを合わせてみましょう。

jaketpant-style48

きめの細かいヘリンボーン柄をあしらったグレーのツイードジャケットは上品な風合いを持っているため、ワインレッドとの相性は抜群です。

そもそもグレーとワインレッドの相性も非常に良好なので覚えておくと役に立つかもしれません。

今回もまた、ワインレッドのネクタイとワインレッドのパンツでジャケパン着こなし自体に統一感を出しています。

またもうひとつ注目していただきたいのは、ストライプ。

ヘリンボーン柄は厳密に言うとストライプ柄の一種のようですが、控えめな柄なためストライプのシャツとも相性が良いです。

シャツにグレー系のものを用いれば問題なく馴染みます。

また、グレー系のストライプとワインレッドのパンツの組み合わせもクラシカルでおすすめ。

ワインレッドのパンツ+青のテーラードジャケット

明るいブルーとワインレッドの組み合わせは大陸ヨーロッパ的、もっと言えばフランス的な雰囲気がありますよね。

トリコロールをパステル化したようなカラーコーディネートです。

jaketpant-style9

これは色彩豊かでアーティスティックなジャケパンスタイル。

まるでほどよく色褪せたアンティークの看板のような熟れ感があるジャケパン着こなしです。

こちらもまたワインレッドのネクタイとワインレッドのパンツで、ジャケパンのトップス(上半身)とボトムス(下半身)に統一感を出しています。

ちなみにこの鮮やかな青のジャケットはオックスフォード地。春夏向きの生地。

それに対してワインレッドのパンツはよく見るとコーデュロイ。秋冬向きの生地です。

本来季節感が違うのであまり相性の良くないオックスフォード地とコーデュロイですが、コーデュロイが綿素材で、近くで見ないと分からないほど控えめな細い線のものなので組み合わせても問題ありません。

生地の名前に捕われず、印象や視覚に頼るのもファッションにおいては大切なことです。

いかがでしたか??

まとめると、ワインレッドのパンツにおすすめの組み合わせは

・紺

・ブラウン

・グレー

・明るいブルー

です。

黒だとちょっと黒自体の存在感が強すぎワインレッドの良さが引き立ちません。

白は当たり前のように組み合わせられますが、それだけじゃ物足りない。

そういうわけで上の4色がおすすめなのです!