上級者に挑戦してもらいたい白パンツコーデのすすめ

こんにちは~ 編集長です(・∀・)!

いっつもファッションの事は高山君に任せて居ますが、彼は少しおじさん臭いので

今日は、私がモテる!白パンツコーデを特集します。

 

あ、句読点を間違えた。

今日は私が、モテる!白パンツコーデを特集します!!

 

新刊も出ました↓↓

【具体例】2014年の春夏のジャケパンは白パンツ(白ズボン)で決定!!

実際にコーディネートを紹介しながら、白パン着こなしのコツを一挙解説!

ジャケット+ストライプシャツ

DSC_7002 DSC_7004

まずは王道の、グレージャケット+ストライプシャツ。
濃い目の茶系ベルトを入れる事でキリッと締まります。
同じく茶系の細めの革靴で揃えると良いです。

DSC_7003

白パンは夏だけでなく、冬や秋にもこんな感じで着こなすこともできます。
特にマフラーはボルドー系の色だとぐっと引き立ちます。

グレージャケット+紺シャツ

DSC_7009 DSC_7014

紺色の綿シャツを入れることによって、印象がクールになります。

少しインテリに見せたい場合は、伊達メガネとセットでやるとカッコいい!

ベルトは今度は、明るい色を持ってきます。

DSC_7012

ディーゼルのベルトで少し主張してみるのもいいかも!

固めのテーラードジャケット+ストライプ

DSC_7005

ジャケットが固めでも、シャツによっては白パンでも似合います。

ポールスミスのジャケットと同じくポールスミスのストライプなので相性が良いです。

ベルトは茶系がいいです。黒だと少し重たくなってしまうので。

ストライプのジャケット+紺シャツ

DSC_7022 DSC_7023

麻が入った素材で、青いストライプ柄のジャケットは夏にぴったり。

金縁のレイバンを掛けて、ビーチでモヒートを頼めばハリウッドスターばり。

トレーニングして筋肉もりもりにしておこう。

オックスフォード地のジャケット+紺シャツ

DSC_7019 DSC_7018

これも、夏にあうオックスフォード地のジャケット。

軽やかさが出て、みなとみらいから山下公園まで散歩するときにぴったり。

靴は濃い茶系で光沢のあるものがおすすめ。少し良い時計をしてばっちり決めよう。

黒革ジャン+白パンツ

DSC_7029 DSC_7030

革ジャンの時は、薄いベージュの白パンにしよう!

紺のインナーと合わせればめちゃCOOLに決まる。

ブラックのレッドウィング エンジニアブーツと合わせれば男が惚れる渋いファッショになること間違いない。

ディーゼルの革ジャン+白パン

DSC_7027 DSC_7025

激シブのディーゼルの革ジャンと、白パンで決めよう!

時計はルミノックスなどの武骨なデザインのものと合わせても良し。

クロムハーツ+ディーゼル+レッドウィングなどで決めれば、夜の心斎橋も怖くない。

 

ってな訳で、白パンツコーデの紹介をしてみました!

是非ともチャレンジしてみて下さい(・∀・)!