女は男のここを見ている!part.1

2014年もあとわずか。。あなたは今年どんな一年を過ごしましたか?
一年の始まりに立てたであろう『今年の目標』は達成しましたか?
アナ雪は見に行きましたか?ようかい体操第一は踊れますか?

 

私はというと『ついに!リア充の仲間入り〜♪』と彼氏ができて浮かれていた矢先、
たった数ヶ月で破局をし、それをずるずるずるずると引きずり、気づけば季節は冬。
365日のうちの300日くらいをブルーな気分で過ごしてしまいました。
友達の口から出た言葉は『ただの馬鹿。』うん、光栄です、ありがとうございます!
そんなただの馬鹿もやっとここ最近になり『他に良い男なんて星の数ほどいる!』という
これまた馬鹿っぽいありきたりな考えに辿り着いた模様です。
そして最近の口癖は『良い人いないかなぁ〜』です。笑わないでください、常に真剣です。

 

ここで今日の本題。

あなたは今思ったでしょう。いや、日頃から悶々と悩んでいるのかもしれません。
『女から見た“良い人”とはなんぞや』と。
お教えしましょう。今日は(私の独断と偏見で)『私は男のここを見ている!part.1』をお届けします。
『え、お前なの?!“女は”じゃねぇのかよ!(怒)』と思いました?ははは

ではスタート!

 

【爪】

『おい、いきなり邪道なところからいったな、この馬鹿。』と罵ったあなた、一旦コーヒーでも飲んで落ち着きましょう。
見てますよ、爪。見てますよ。
爪と言っても『え、☓☓さん丸爪なんですか〜かわいい〜付き合ってくださ〜い!』っていう話じゃありません。
“清潔”か否か、です。伸びているなら今すぐ切りましょう。今外出中ならto doリストに『爪 切る』を追加しましょう。
あとはこのなんて言うんですか、指から外界へ旅立っている部分に、さっき食べたおにぎりの海苔なんて挟まっていないですか。
そういう細かいところまで目を光らせているのです。

【ごはんの食べ方】

お箸の持ち方とか結構見ますね。基本的なマナーがなっているかどうかとか。
ごはん食べてるときってホント安心しきってるんです。普段の自分がもろ出ちゃうんです。
くちゃくちゃ音を立てながら食べていたりなんかしたら『あ。(察し)』みたいな感じで、とりあえずTHE END。
次の日の女子トークのネタ行きとなります。。
ごはんの食べ方とは少し離れちゃいますが少しここで私の経験談を。
年上の方とお食事に行ったときのことなんですけどね。まぁ、あまり『美味しい!』とは言えないパスタを食べていたんです。
でもそういうときって普通『まずいね〜。』なんて言わないですよね。私の小学生の妹でも言わないと思います。
…..はい、そうです。そうなんです。言ったんです。私、『え?』って心の声が音となって響きました。
そうしたら『まずいね。(2回目/声のボリュームup)』って。年上の方だったので余計に引きました。
結局なにが言いたいかというと、“ごはん食べているときって人間性でるよ”これだけです。

【やつれ顔】

『あれ、これこの馬鹿の趣味の領域じゃね?』って思いましたか?…..そうですよ。
でも言わせてください。やつれ顔を私にだけ見せる暁には(だけ、が重要です)『とりあえず明日お食事にでも…..』ってなります。
ちょっと!ため息つかないでください!最近の女子トークの中にも頻繁に『やつれ顔の美学』が登場するんですから。
ネクタイを外したら、あなたのその目の下で輝いているクマをちらつかせながら、『疲れた。』とひとことどうぞ。あ〜しあわせ。。

今日はここまでにします。part.2もぜひ一読してくださいね。(書く予定ではいる)

 

ライターの年上好きな看護学生でした〜。