【完全解説】トゥモローランドのスーツの品質と魅力

tomorrowland

トゥモローランドのスーツはおすすめ?

ユナイテッドアローズやビームスほどに一般的な知名度はありませんが、大人向けの上質かつラグジュアリーなセレクトショップとしてお洒落な人に絶大な支持を受けているトゥモローランド。

他のセレクトショップよりも値段が高いイメージもあり、若い人よりも30代、40代そしてちょっとリッチなおじさまやおばさまに人気がありますね。

実はそんなトゥモローランドのスーツやジャケットは、数あるセレクトショップのオリジナルの中でも非常におすすめなアイテムなのです。

今回は『大人になれる本』メンズファッション担当のライター田中が、トゥモローランドのスーツやジャケットの魅力を紹介したいと思います。

 

洒落者にTOMORROWLANDが人気な理由

tomorrowland-01

BEAMS ビームスやUNITED ARROWS ユナイテッドアローズがそれほどファッションに興味の無い人にも認知されており、学生から社会人まで幅広い人気を得ているのに対し、トゥモローランドはつとに、ファッションをライフスタイルの大きな支柱としているお洒落な人々に特に人気です。

これはどうしてなのでしょうか?

一つの答えは、その品揃えの良さにあります。トゥモローランドはドレスクロージングを語る上では欠かすことのできないブランドを多数揃えています。

例えばTIE YOUR TIE タイユアタイのネクタイや、Salvatore Piccolo サルヴァトーレ・ピッコロのシャツ、Sartorio サルトリオのジャケットなど、皆が知るわけではありませんが、ドレススタイルが好きな人なら必ず知っているブランドが、トゥモローランドでは一挙に揃うのですね。

しかしトゥモローランドがお洒落な人に人気な理由は品揃えが良いから、というだけではありません。一番の魅力はトゥモローランドのスタイルにあります。

上の写真を見て、他のセレクトショップとはやや違うセンスを感じた人は少なくないでしょう。

例えばビームスやユナイテッドアローズの店舗でコーディネートを見ると、非常にお洒落でベーシックな雰囲気のものを多く見ることができます。

それに対し上のトゥモローランドのトルソは、ベーシックな色やコンサバな着こなしに収まらず、常に挑戦をするようなコーディネートですよね。

こんなトゥモローランドならではの世界観、難しい色柄やフォーマルを遊び心として取り入れたようなユニークなスタイルに、ファッション好きのお洒落な人達が共感を覚えるのですね。

英国調×イタリアシルエットの絶妙なスーツ

tomorroland

さて、そんなトゥモローランドのスーツやジャケットですが、これらのアイテムもまた他のセレクトショップとは違った魅力を持っています。

それが「英国調」×「イタリアシルエット」の絶妙な塩梅です。

今世界を席巻しているファッションは、イタリアのファッションです。イタリアには数多くの優秀な仕立て屋が存在し、その仕立て服をモチーフにして既製服を作るファクトリーブランドが人気を博しています。

そのおかげで、現在お洒落とされているシルエットは、柔らかく軽快な仕立てとナチュラルなショルダーライン、3つボタン段返りなどに象徴されるまるきりイタリア的なシルエットです。

kiton 02

上の写真は友人達に着てもらったものですが、イタリアの最もクラシックなブランドの一つ、Kiton キートンのジャケットです。

トゥモローランドはそのイタリア的な定番シルエットを再現しており、現在最もお洒落なシルエットを実現していると言っても過言ではありません。

しかしそれでけではないのです。

お洒落なイタリア人は実は「英国」が大好きです。英国のトラディショナルな小紋柄やチェック柄、英国の重厚感のある生地感。彼らは常にスーツ発祥の地であり、彼らのスタイルの源流である英国に敬意を払っているのですね。

001-gieves-and-hawkes-autumn-winter-2012-john-balsom

しかし彼らはだからといって、英国製のスーツをそのまま着るわけではありません。英国製の生地や英国調の色柄の生地をイタリア現地のサルトリア(仕立て屋)で柔らかく、軽く仕立てるのです。

他にも英国の伝統的な小紋柄プリントの施されたネクタイやポケットチーフを好み、英国の靴を合わせたりします。

私がナポリで現地人向けの、さほど高級でもない洋服店で買い物をしていたとき、その店のわりには生地が良く、縫製も丁寧なシャツを見つけました。見るとブランドタグには「England」の文字が。イギリスからのインポートかと思い店主に尋ねると、その店の一番高級なラインで、イタリア製なのだという答えが返ってきました。

またナポリの同じ通りには最高級ブランドのアイテムばかりを揃えたセレクトショップがありますが、そのショップ名にもENGLANDという言葉があります。

イタリアでは今でも、世界一エレガントだと評されるナポリにあっても、最上級のお洒落が「イギリス」にあるという意識が存在するのだということを改めて感じました。

トゥモローランドのスーツはこういった、イタリア人のセンスの良い「英国趣味」を非常によく再現しています。

例えばダブルブレステッドのグレンチェックのスーツなど、「大阪のおばちゃん」並のステレオタイプな英国紳士イメージですが、イタリア的なシルエットの良質な生地のスーツで再現すると、なんとも絶妙なお洒落なスーツになるのです。

ちなみにトゥモローランドは確信犯なのか、英国のカントリージェントルマン的なグレンチェックのスーツをラインナップするときには、ピッチの広い紺のチョークストライプのスーツをラインナップすることも多い。こっちは大都市ロンドンの中心部「シティ」を歩くためのスーツです。

個人的にはこんなトゥモローランドのセンスにいつも関心して、うっかりと既に持っているような色柄のスーツを買ってしまいそうになっているのです。

トゥモローランドのスーツの品質

tomorrowland02

さて、ではTOMORROWLAND トゥモローランドのスーツやジャケットの品質は?これはユナイテッドアローズやビームス、シップスといった有名セレクトショップの中でもかなり優れていると思います。

トゥモローランドのスーツやジャケット、シャツ、トラウザーズなどを含めたドレスクロージングラインは最近PILGRIM ピルグリムとしてリニューアルしました。

他のブランドであればそこそこモダンなシルエットを追求してしまいそうな値段帯でありならも、非常にオーセンティックなシルエットで、クラシックな装いにふさわしい雰囲気です。

クラシックなスタイル、すなわち全体にスリムすぎず、身体に沿うような自然で堂々としたシルエットのスーツは、ビジネスで着れば上司としての威厳を表現したり、取引相手や顧客に安心感を与えたりすることができます。

さらにPILGRIM ピルグリムのブランドラインでは最近になってにわかに知名度の高まった最高級生地ブランドであるカルロ・バルベラの生地を多く採用しています。

イタリア生地らしい贅沢な光沢感のある毛麻絹のホップサックウールや、カルロ・バルベラの代名詞とも言える上品なフランネルウールなど、男なら一度は着てみたい上質生地ばかりですね。

check

縫製は海外であることが多いですが、イタリアの有名ファクトリーブランドのスーツやジャケットを研究して、手縫いと時間の掛かるアイロンワークを多用した非常に手間のかかる作りをしています。

ちなみにトゥモローランドにはビジネスラインとしてBlue Work ブルーワークというブランドラインがありますが、こちらは有名ブランド生地を使用せず、縫製など仕立てをデフォルメして、モダンなシルエットにしたいわば若年層向けの廉価ラインです。

一部のキュレーションサイトなどではPILGRIM ピルグリムが

“トラディショナルで、ビジネスシーンが主体であるブルーワークとは別ラインで、装いやオシャレ・さらに品格や遊び心などを楽しむライン。”

といったように紹介されていることもありますが、お洒落な大人な男性であればPILGRIM ピルグリムのラインでビジネスにふさわしいものを選ぶべきですし、選ぶことができるはずです。

 

いかがでしたか?

今回はお洒落な人達に人気のトゥモローランドのスーツやジャケットの品質、特徴、スタイルなどについてを紹介してみました。

ドレスクロージングの分野で人気のセレクトショップは数多くありますが、トゥモローランドは玄人好みなスタイルを大胆に表現する、珍しい大手セレクトショップです。

他の人とは少し違ったスーツを選びたい人は是非、トゥモローランドをチェックしてみてくださいね。