はっしーの試飲日記

平成27年11月5日 14:39

セントジェームス セイロンティー 3g
東インド貿易会社 ダージリン 3g 2種類のブレンド

もともとセントジェームスのコクとパワーがあるけど、清涼感が乏しい傾向をダージリンで補おうと思うブレンド。
試飲するとコクはあるけれど、思ったほどは香りに改善がない。
不味くはならないけれど、単一で飲むのと同じ程度の味わいと香り。

昨日は手巻き紅茶タバコで一服。
フォションのシヴァと、オカイティートレジャー、ハイソン ルフナ、フォートメイソンで試したけれど、シヴァが一番コクがあって美味しい。
ルフナは煙臭くて微妙、フォートメイソンとオカイティはまあまあ。


 

平成27年10月31日 14:50

ダフラティング

果実の香り。うまいね。
アップルタイザーのような優しい酸味。
温度が下がってもアップルかな?フルーツティーな酸味が良き。
重厚なボルドーのタンニンのような渋み。

ミルクを足すと、他の中で最も香りが良い。
味もバランスが良く、ミルクティーにもオススメ。

ハルムッティ

香気はどっしりとして、蒸かしたての甘い焼き芋のようなにおい
格別に余韻が長い、喉の奥で1分近く香りが残り続ける。エスプレッソよりも長い香り。
甜菜糖や黒糖のようなじわりとする甘みが隠れている
ミルクとの相性が良い。バランスに優れる。

メレン

蒸しパン、ホットケーキにバターを掛けた感じのイメージ
メープルシロップのような甘みのある香り
少しだけ渋みがある。
温度が下がると、生花のようなニュアンス。

ディコム

グレンリベット・ナデューラのような、小さい粒が刺さるような渋み。心地よい。
かなりコクがある。余韻も長め。
温度が下がると、フワフワとした柔らかい味わい、眠りに落ちる寸前のような。
良質で、雑多な感じはないけれど、溶けるような雰囲気が出る。

ミルクを足すと、2番めに香りが良い。
コクが消えてしまうので、ミルクは少量が良い。

 


 

平成27年10月28日 21:56

Gクレフ プッタボン
DJ190 SFTGFOP1
カクラ(kakra) マスカテル

3g 150ml 3分で抽出しましたが、かなり濃く渋みが強烈です。
緑茶のカテキン(EGCG)のような、刺さる感じの渋みです。
DJSFの渋みは、舌に残る赤ワインのようなタンニンの渋みが多いので、このカクラには驚きました。
香りはチャイナですが、こちらも遅い時期に摘んだような印象を受けます。


 

平成27年10月28日 21:45

Gクレフ リシーハット
ダージリン セカンドフラッシュ
DJ164 SFTGFOP1
チャイナ マスカテル

完全に中国種の香りです。
キャッスルトンのチャイナなどと比べると、日本の在来種(やぶきた)などから作った紅茶のような香りがします。
適度な渋みがあり、キレが良く少しだけ甘みがあります。
温度が下がるごとに渋みが増してゆきます。
コクはあるのですが、旨味が少ないように思えます。
茶殻は固く、葉は薄いです。

ピッキングの日にちはありませんが、恐らくセカンドフラッシュの中でも遅い季節に摘採されたのではと思います。


 

平成27年10月25日 17:57

飲んでるけど、書いてないのでメモ。
ハロッズ アニバーサリーブレンド

恐らくダージリンのセカンドフラッシュベース。
青っぽさもあるので、ファーストフラッシュも入ってる?
短いキレの有る渋みに、重厚感のあるコクがありストレートで飲むと旨い。
香りはどっしりと落ち着き華やかさは無いけれど、毎日飲むのに飽きの来ないフォートメイソンブレンドのような傾向。
温度が下がっても、コクが消えずに雑味は無く、少し雑多感じが好き。

評価 B+


 

試飲日 平成27年10月21日 23:45

Turzum Clonal タルザム茶園
Darjeeling Organi Spring Black Tea

3rd April, 2015.  SFTGFOP1  EX11

甘くて柔らかいニュアンス。
温度が下がるとメロンのようなフルーツの香り。

茶殻は良質でサイズが大きい。

評価 B


 

試飲日 平成27年10月21日 23:03

VAHDAM Giddapahar Muscatel
Darjeeling Summer Black Tea
6th June, 2014.
SFTGFOP1  DJ42
2g / 140ml / 3min

多分クローナル。
平凡な感じだけど飲みやすく、温度が下がっても変化が少ない。
渋みや苦味は全くなく、ボディの厚みもある。
常飲にオススメのセカンドフラッシュ。

評価 B+


 

試飲日 平成27年10月21日 22:45

Gielle Darjeeling
20th April 2015 / FTGFOP1
2g / 140ml /3min

グリニッシュさがあり、ストレートでブレない。
スパイシーさがあり、黒胡椒のように少しピリッとした刺激がある。
余韻は短いけれど、香りは良い。

辛いような…?評価B+にしたいけど、Aかなぁ。
一般受けはしないと思うけど、普通のファーストフラッシュに飽きてきた人には良いかも!

茶殻は噛むと苦いけれど、ふっくらやわらかく上質な固さ。

評価 A-


 

試飲日 平成27年10月20日 23:35~0:20

6種類同時テイスティング

2015-10-20tea_tasteing

VAHDAM Makaibari
Darjeeling Organic Autumn Black Tea
Grade FTGFOP1 Invoice DJ561
28th Nov , 2014.

乾燥
細く色ムラがある、枝が入っている。
焙煎が浅く、グリーンティ並の色合い。

抽出後
蜜、フラワリー、すみれ、最後に鰹節
とても澄んでいてストレート。余韻があるのに、キレが良い。
淡麗な日本酒のような、しゅき

評価 B

1021makaibari


 

Golden Tips Tea
Badamtam
Darjeeling Autumn Black Tea 20th Nov, 2014.
Grade FTGFOP1  Invoice DJ272

乾燥
焙煎が浅く、茎や枝も多い。
芽の部分も多くはいっている。甘いにおい。

抽出後
軸が定まらない、モヤモヤとしたにおい。
香りが立ち上がってこない。味も乱雑で抽象的。
お茶という事しか分からない。

評価 C

1021badamtam


 

VAHDAM ARYA
Darjeeling Organic Autumn Green Tea
20th Nov, 2014.
Grade FTGFOP1 Invoice DJ132

乾燥
グリーンティーにしては濃い色でセカンドフラッシュに似ている。
かおりは確かに緑茶の葉のにおい。ムラは無い。形はばらつきがある。

抽出後
完全に旨いほうじ茶!香りもまさにほうじ茶です。焙煎香が素敵。
渋みと香りの融合が良い、完成度が高いほうじ茶。
緑茶ではないですが、美味しい!

評価 B

1021arya


 

Golden Tips Tea
Lophu Flowery Orange Pekoe Darjeeling
N/A(詳細不明)

乾燥
真っ黒の炭のような色で、均一に火が入っている。
サイズも揃っている。チョコレート系のにおい。

抽出後
うわー!すげーいいにおい!!声出すくらいインパクトある
オーク樽?グレンリベットに似ている
小粒のマスカットや、透明のグラッパのにおい
推定セカンドフラッシュです。乾燥の色からするとオータムナルの可能性も…。

茶殻
完全に”海苔”のにおい。びっくりするほど海苔。

評価 B+

1021lopuchu


 

Golden Tips Tea Okayti Wonder
Darjeeling Organic Summer Black Tea
15th May, 2015.
Grade SFTGFOP1  Invoice DJ163

乾燥
形は依ってあるセカンドフラッシュの形状。シルバーチップも目立つ。
香りはあのオカイティの酸っぱいような、ポン酢臭。

抽出後
おだやかなマスカテルフレーバーに、ちょびっと感じる渋みが良い
温度が下がると酢飯っぽい少し酸味のにおい。味はあまり変わらず
クローナル臭

評価 B

1021okayti


 

VAHDAM  Clonal Premium
Darjeeling Summer Black Tea
June ,2015.  Grade SFTGFOP1

乾燥
かなり細く依ってあり、小さく均一。
色ムラも無く、チップが多く含んでいる。
かおりはタルボ系

抽出後
あの芋系マスカテルフレーバー。タルボのクローナルに似ている。

茶殻は赤味噌

評価B-

1021clonal

 


 

平成27年10月17日 22:58

Chateau Mousseyron A.O.C. Bordeaux 2011.
シャトー・ムーセロン 2011年 AOCボルドー
品種 メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン

アルコール臭が強い
酸味はそれほどない、加糖の多いボジョレー・ヌーボのような味
コクもなく、ボディも極端に薄い。
コンビニの葡萄ジュースを強くアルコール添加した感じ。

粘度は高く、色はボルドーらしい琥珀よりの赤。
デキャンタージュすると生臭さが出てくる。
一本開けるのは中々の苦行。

自宅のワインは、1000円以下と5千円以上しか残ってない。
理由は千円以下は激まずの可能性が高く、高級なのは貧乏性で飲めないから。
2000円〜3000円の手頃な旨ワインから消えてゆく。
AOC(現AOP)なんてアテにならない…。
ダージリンのクルセオンで作ってます!ってくらいなもんよ。

金賞信じないぞ。 評価 D

ChateauMousseyron


 

試飲日 平成27年10月17日 15:07

FAUCHON Mélange Fauchon Déthéiné
(フォションブレンド カフェインレス)

乾燥茶葉
1990年代のアンティークショップの玩具箱みたいなにおい。
アンティークのファブリックのにおいにも似てる。よく眠れそう。

抽出後
ヴァニラの後に、スパイシーな香り。シナモン系の香り。
エディアールにとても似たオレンジの香り。フランス人はコレ系好きなのかな?
ブレンドにしてはベースの茶葉が悪くない。

茶殻
噛むと固く薄い。産地はスリランカ。

原材料名 紅茶、緑茶、バニラ、バラの花びら、ラベンダー、香料(オレンジ)
解説 柑橘類、バニラ、ラベンダーの香りがエレガントな紅茶です。ストレートで召し上がり下さい。

評価 B  良好だけど、リピはないかな?デカフェより通常の方が美味しい。


 

試飲日 平成27年10月16日 22:59

VAHDAM Jungpana Exotic
Darjeeling Organic Summer Black Tea
2nd June 2015  Grade  FTGFOP1  Invoice  EX35

乾燥茶葉
カカオ系?炭のような色。ムラがある。
サイズはOPっぽくて揃っている。

抽出後
一発目の香りは、良くあるセカンドフラッシュ?と思ったけれど
温度が下がっていくと厚みのあるコクが出てきます。
クローナル臭プンプンのハイブリッド(だそうです。凛氏談)

茶殻
噛むと薄くてサクサク。渋みは無い。
香りは抽出したものと同じ。発酵臭はあまりない。

評価 C+

集中力落ちたので本日閉店します\(^o^)/

JungpanaExotic JungpanaExotic1

 


 

試飲日 平成27年10月16日 21:29

Golden Tips Tea Arya Classic
Darjeeling Organic Autumn Black Tea
4th Nov 2015. LOT DJ 173

はいはい、アリアのオータムナルね…。
って2015年?!凄い!早い。

え?まだ11月来てないような?
テイスティングし続けると時空を超えられるようです。

味はオカイティの2014のオーガニック・オータムナルにそっくりです。
コンディションも良好で美味しい。余韻もほどほど続く。
秋の訪れを感じさせる一杯ですね。
国内流通に耐えうるクオリティです。

評価 B+

AryaClassic AryaClassic2


 

試飲日 平成27年10月16日 21:17

VAHDAM Giddapahar
Darjeeling Summer Green Tea
8th July 2014
70℃/2g/140ml/3min

テイスティング辛い。笑
リフレッシュに緑茶…。グリーンティーだよね?70℃でいいよね。

乾燥茶葉
セカンドフラッシュの乾燥茶葉の香りを弱めた感じ。
とうてい緑茶には思えぬ。

抽出後
うぉっ!!本当に緑茶の味する!!
本山茶の標高が高い水見色とか、そっちのすっきり系。
香りは弱いけど、味は完全に緑茶。日本人も騙せる。

茶殻
緑茶ですね〜。飲みやすいとしか言いようのない。
二煎目もいけるけど、絶対に日本茶の方がうまい。笑
国境を超えるカメリアシネンシスってしゅぎょい。

評価 B+

Giddapahar_green1 Giddapahar_green2


 

試飲日 平成27年10月16日 17:22

GOLDEN TIPS TEA Selim Hill Darjeeling
2015 April SFTGFOP1
2g / 140ml / 3min

茶殻 普通

抽出後
水色は濃い目。香りは、うーん微妙。
ありきたりなファーストフラッシュ。
温度が下がると少し華やかさが…。

どこにでもありそうな仕上がり。

評価 B-

GOLDEN-TIPS-TEA-Selim-Hill-Darjeeling GOLDEN-TIPS-TEA-Selim-Hill-Darjeeling2


 

試飲日 平成27年10月16日 17:06

VAHDAM Rohini Classic
Darjeeling Spring Black tea
Date of Picking 10th March,  2015.
Grade FTGFOP1  Invoice  DJ05
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉
かのエタノール臭。チップはかなり細かく砕いてある。
色は薄め。うーん、例のタルボを思い出させる。

抽出後
紅茶マニアとして、このセリフを言って良いのか分からないし
生産者に失礼だと思うけど。うーん、まずい。
エタノール臭が抜けてないというのと、コクもさっぱり。
そのへんのスーパーでファーストフラッシュ買った方が美味しい。

茶殻
エタノール臭

夜中に飲み散らかしたビールを、翌日の朝にひとくち口を付けて「うぇっ」ってなる感じ。
まずい、まずくないの表現は賛否両論あると思う。
日本茶インストラクターも「自分の好みではないお茶」と表現していたけど、正直にマズイものはマズイって言って良いと思う。
マズイものに対しても敬意を払って、美味しいって言ってたら何が本当か分からなくなってしまう。
スポーツで頑張っても勝てない人に、「弱い」というのと同じ。
なんとかして強くなれば良い。強いものは正当に評価されているのだから。

評価 C

VAHDAM_Rohini_Classic1 VAHDAM_Rohini_Classic2


 

試飲日 平成27年10月16日 15:52

VAHDAM Okayti
Darjeeling Organic Spring Black Tea
Date of Picking 11th March , 2015.
Grade FTGFOP1  Invoice EX01

今回はGTTのオカイティと、ハロッズの高級なオカイティと同時比較!

乾燥茶葉
猛烈にオカイティ臭。
オカイティって春夏秋ぜんぶオカイティの匂いするから面白い。
秋摘みの2014 DJ124のオーガニック・プレミアムも乾燥だと、これに似てる。

EXのインボイスの割に、ハロッズと比べると茎が混入してる。
ハロッズは茎が一切混入無く、シルバーチップがふんだんに入ってる。

抽出後
まさかの……!
ハロッズとGTTだと、茶殻の香りはGTTの方が優れています。
茶殻の香りの弱いオカイティと異なり、パワーがあって強い香りが立ち上がってきます。

ですが飲んでみると、GTTはとても生臭い!
これ今年のファーストフラッシュ?!って暗い飲むと臭いです。
その点、ハロッズは抽出後も臭さは無く、すっきりとフラワリーが残ります。

ロットがEXだったので期待したのですが、まさかのコンディションの良くないオカイティ・ファーストフラッシュでした…。

評価 GTT・・・ C  ハロッズ・・・B+

Okayti_two01 Okayti_two02

 


 

試飲日 平成27年10月16日 15:38

VAHDAM Runglee Rungliot Classic
Darjeeling Spring Black Tea
Date of picking 16th March, 2015
Grade FTGFOP1  Invoice DJ11
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉
化繊の製品を保護ビニールから取り出した時のにおい。
例えば、ナイロン100%のカメラケースを購入して保護ビニールから出した時のにおい。新品の時の。

抽出後
浅蒸し煎茶系の渋み。余韻は短く殆ど無い。
キレが良い。香りは先程の謎のオークス茶園に少しにていてミルキー。
そこまでミルクっぽくないけれど、ニュアンスがある。
ジュンパナと比べてしまうと、どうにも遠い道のりに感じてしまう。
ブラインドテストでも、うまいうまくないが直ぐに分かってしまいそう。

乾燥茶葉
噛むと、薄く硬い。香りはウーロン茶っぽい。
こういう感じがブームだったとか?例年のファーストフラッシュとは少し異なる。
日本茶っぽいさっくり感もあるし、日本人狙ってるのかな?

ラングリー&ラングリオットって語呂の良さ凄い好き。
ハンプティーダンプティーみたいな。

humpty-dumpty1

温度が下がると酷いね。あまりおいしくない。

評価 C

Runglee-Rungliot-Classic02 Runglee-Rungliot-Classic01


 

試飲日 平成27年10月16日 15:19

GOLDEN TIPS TEA OAKS
Darjeeling Organic Autumn Black Tea
Date of Picking 11th Nov, 2014.
Grade SFTGFOP1  Invoice DJ224

乾燥茶葉
開けた瞬間は、メモAなどのキズ用軟膏のにおいがした。
続いてヴァニラアイスの香り。ビーンズではなく既製品の方を弱くした感じ。
SFTGFOP1とだけあって、チップが小さめ。
色はわずかに赤っぽい気がする。

抽出後
ファーストインプレッションは乱雑な香り。
少し汚い表現だと、二人目に入るお風呂のような感じ。
大衆温泉でも似たようなにおいを感じたことがある。
ボディは非常に薄く軽い。飲んでるのに同時に消えてゆく感じ。
「軽いお茶が好き」「軽いダージリンが好き」であればこの上なくオススメできる。
うーんと、温度が下がるとミルク臭もする。
金萱高山茶のようなバターと(海外の)ミルクの中間のような感じ。
日本だと、七五三でもらう千歳飴を舐めてる時のにおい。(もう19年前か…)
とかく変わった香りと味のオータムナル。
そのへんのオカイティのオータムナルと比べると、よほどウーロン茶っぽいし、ミルクっぽい。

茶殻
ジャスミンティーのような香り。
そして台湾のウーロン茶っぽい香り。

珍しいダージリン・オークス茶園のオータムナル。
発酵が浅い…?うーん、とてもウーロン茶っぽい。
淹れたては臭くて良くなかったけれど、温度が下がると美味しい。
二煎目移行も完全にミルキーウーロン茶。

評価 B-  ダージリンの金萱高山茶を謳うならA+

GOLDEN-TIPS-TEA-OAKS01 GOLDEN-TIPS-TEA-OAKS02


 

試飲日 平成27年10月16日 15:02

VAHDAM Junpana Classic
Darjeeling Organic Spring Oolong Tea
Date of Picking 21st May , 2015.
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉
わずかに刺激性のかおり。ツンとしたメンソール系の香りがある。
色は薄めで揉捻が丁寧にされている。

抽出後
フォションのミム茶園にとても似たナッツ系、種実系の香り。
自然な甘みがあり、とても美味しい。
飲んだ後に、少しだけファーストフラッシュの香りと面影を残す。
発酵は浅く、ほとんどウーロン茶と感じさせない。
オーガニック製法とは思えない味の良さ。和食や中華など食事にも合う。
かなりコンディションは良いと言える。

茶殻
ダージリンとしては珍しく、かなり大きな茶葉。
それでもエグみが出ないのが不思議なくらい。
台湾の高山茶のように、カップの中で大きく膨らむ。
噛んでも渋みはなく、比較的柔らかい。
開ききっていないので2煎目もいける。

評価 A+

VAHDAM-Junpana Classic01VAHDAM-Junpana Classic02

 


試飲日 平成27年10月16日 14:45

VAHDAM Thurbo Premium
Darjeeling Spring Black Tea
Date of Picking 3rd April,2015
Grade FTGFOP1   Invoice DJ50
2g / 140ml / 3min

乾燥
サイズは丸まったリーフと、細切れが混じっている。
香りは弱めで優しい。ココア系。

抽出後
青りんご、グレープフルーツ系のシトラス。
まるでフルーツティーのような味わい。
焙煎やナッツは一切無いので、紅茶あまり飲まない人でも飲みやすい。
温度が下がるととろみが出る。香りはしっかりと残って、いつまでも美味しい。

茶殻
日本茶の製茶工場の香りががっつりする。
噛むと薄く柔らかい。渋みはなく食べられるほど上質。

評価 A

VAHDAM-Thurbo Premium01 VAHDAM-Thurbo Premium02


 

試飲日 2015年10月16日 0:29

HYSON ルフナ  3g/ 150ml / 2min

抽出後
全粒粉ビスケットの香り。バターのような…。
渋みは少なく余韻も短い。ボディはとても薄い。
ほうじ茶を薄く入れた感じ。

茶殻
香りは良好で、セイロンでありながらマスカテルフレーバーのような特有の香りを有する。
製造直後は美味しかったであろうと予想される。
噛むと固く、香りもせず渋みはあまり無い。

コクがないし、ボディも薄いけれど、5分以上の長時間抽出すれば香りが楽しめるかも?

評価 C+


 

 

試飲日 2015年10月15日 夜

TSUTAYAすみや ブックカフェ Culfe
ホットティー400円 ダージリン

紙カップで提供。
香りと色、味からしてセカンドフラッシュ主体のブレンド。
TBで約4分抽出。中のリーフはBOP。Dでは無い。
どこかの紅茶専門店のティーバッグを使っているようで、ブランド名表示が無い。

全く期待していなかったのですが、味は良好です。香りに個性の主張は無いです。
苦味は殆ど無く、安物のダージリンTBにある渋みがありません。ルピシアの無名ダージリンと同等。
TBにしては、まあまあコクがあり、飲んですぐに「ダージリンのセカンドフラッシュだ!」という位になります。
外で紙カップで飲むにしては、とても贅沢な選択肢。
本を読みながら飲みたいと思える程には美味しいです。

 


 

試飲日 平成27年10月8日 16:11

創作珈琲工房くれあーる
COE 2014年 グァテマラ ラ・フロリダ
LOT 2015.9.16  ペーパードリップ /10g / 140ml

乾燥豆

非常に良いにおい!感動するほど。
つぶつぶとした小さな酸味を感じられます。その中に、ミント系の清涼感。とタバコ。
青色をイメージさせます。抽出前の焙煎されたコーヒー豆でここまで良い香りは初めてです。
丸山珈琲のラ・メサに追従する芳香と言えます。

抽出後
お菓子のにおいがする?ミルク?と思いつつパッケージを眺めると
プラムやキャラメルのような鮮やかで甘いにおい、と紹介されています。

アラビカ種?で多分標高が高いらしい。すっきりとした印象です。
焙煎は浅めで、余韻は短いですがキレが良いです。後味が良く香りだけが残ります。
苦味は少なく、豆の持つ甘みが全面に出ています。その点では紅茶好きにオススメのビーン(豆)です。笑

カップ・オブ・エクセレンスでは88.08点を受賞したスペシャリティコーヒー。
温度が下がると、小粒の酸っぱいチェリーのようなニュアンスも。
おやつのシュークリームにはあまり合いません。ストレートで飲むのが吉。

アメリカンなコーヒーのはずが、フレンチのニュアンスがあります。
フォションなどの豆ではこういった香りが演出されています。
ローズガーデンの中で、ヘレンドのコーヒーカップで濃い目で楽しむのが良いかも。

仮に紅茶原理主義者を迎え撃つのであれば、オススメできる豆です。
フレンチプレスが良いと言われていますが、雑味が出るので、紅茶マニアにはドリップがオススメです。
たっぷりの熱湯で、ペーパーをしっかりと洗浄しておけば、殆ど紙のにおいはきになりません。
もしくはゴールデンフィルターのような金属のフィルターを使うとよいです。個人的にはペーパードリップ好きです。
温度管理と濃度の管理を完璧にすれば、紅茶原理主義者が「こ、これは・・!」と言う位の良い豆ですね!

 


 

試飲日 平成27年10月8日 15:45
VAHDAM Namring Upper Imperial
Darjeeling Spring Black Tea
Date of Picking 10th March , 2015
Grade FTGFOP1  Invoice EX11

乾燥茶葉
ポン酢?のような酸の香りに柑橘類が混ざった感じ。
普通のファーストフラッシュとは異なる。
色はかなり明るく、チップを多く含んでいます。

抽出後
格別に香りが良いです。
シークワーサーと夏みかんなどの柑橘類とリンゴを足して割った感じ。
テイスティングカップで淹れている瞬間から、清涼感のある香りが漂ってきます。
ナムリンアッパーなだけあってか他の茶園とは別格です。
コクがあり、余韻も少し長いです。しばらく同じ香りが続いて、ふっと消えます。

これは本当に美味しい!
ただツンとした香りの強さなので、リラックスというよりは、能動的に香りや味を楽しみたいときにオススメできます。インペリアル恐るべしですね。
日本ではナヴァラサで高級なファーストフラッシュを買うと、こんな感じの香りだったりします。
100g 38ドルなので日本円だと4500円程度です。現地でも結構高級な価格がついていますね。

茶殻
香りに特徴はありません。伝統的なファーストフラッシュの茶殻の香りですね。
噛むと厚みがありますが、溶けるほどに柔らかいです。サクっとして、煎茶の手摘みのような食感です。
3月の10日に詰まれているので、アーリーファーストフラッシュというか本当の一番摘みかもしれません。
格別に美味しいファーストフラッシュが飲みたい人にはオススメのリーフです。

評価 A+


 

試飲日 平成27年10月8日 15:25

VAHDAM Goomtee Late
Darjeeling Summer Black Tea
Date of Picking 16th July, 2014.
Grade FTGFOP1  Invoice  DJ 100
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉
中国種?香りがとても高く、開封した瞬間からにおいが飛び出てくる。
しっくな香りで祁門のようなニュアンスも。
色は炭のようで、少し薄い。形は小さく、揃っている。

抽出後
鼻を遠ざけてかぐと、マスカットのニュアンスがあります。
近づけると芋っぽさ、王道ですが他のにおいは感じ取ることができませんでした。
香りは強くセカンドフラッシュの良さを楽しめますが、ミディアム〜ライトボディです。
重厚感が欲しい人には少し物足りないかもしれません。
あっさりしたショートケーキに合わせると美味しいと思います。
フラワリーやフレッシュ感が乏しいので、イチゴなど爽やかなフルーツと合わせると魅力が引き立つと思います。

グームティーらしい、無難で高品質なセカンドフラッシュです。
100%の中国種だと思うのですが、キャッスルトンなどの名門茶園には一歩譲ります。
渋みはあまり無く、余韻は数秒といった感じです。デイリーにオススメ。

茶殻
色は濃く、僅かに発酵臭。葉が開ききってないので、4分程度の抽出でも良いと思います。
噛んでみると薄く硬いです。渋みはありません。カビ臭などもないのでよく出来たリーフです。

評価 B+  常飲にオススメ!


 

試飲日 平成27年10月8日 14:54

VAHDAM Runglee Rungliot
Darjeeling Spring Black Tea
Date of Picking 25th March, 2015.
Grade SFTGFOP1  Invoice DJ09

世にも珍しい、ラングリー・ラングリオットのファーストフラッシュ。

乾燥茶葉
キク科のたんぽぽのような、すっきりとしたフラワリー感。ナッティー。

抽出後
ひまわりと、真夏のアスファルトに水を巻いたあとの時のようなにおい。
とても夏っぽい香り!それも7月
一口飲むと、身体に自然にしみこむほど滑らかな香りと口当たり。
美味しいというより、余計な力が抜けてリラックスできます。
渋みは殆どありません、ファースト特有の青臭さが僅かにあります。
名門茶園と比べると絶対的な評価は低いですが、個人的にはとてもリラックスできる良いお茶です。
余韻がとても長く、眠りに落ちる前のひとときのようなイメージがあります。

茶殻
こちらは、意外にも普通の香りで青臭さがあります。それも安物の。
噛むとまあ柔らかい部類で、渋みは一切ありません。
抽出も適切で2分半〜3分が良いと思います。
濃すぎると美味しくないと思うので、葉の量を慎重に決めると良いですね。

評価 A (個人的に好きなので)


 

試飲日 平成27年10月8日 14:45

 

Vahdam Dharmasala Kangra
Hand Rolled Spring Oolong Tea
Date of Picking 13th April, 2015.
SFTGFOP1  Handrolled

なんとも希少な、ダラムマサラ カングラ地方?の手揉み烏龍茶です。
乾燥茶葉はナッツ系から、干したココナッツのお菓子のような香り。
色は明るいですね。ファーストフラッシュのような青臭さも。

抽出後
うーん、少し生臭さいような?
多分、中国茶の青臭さを想像しながら飲むからいけないのかな。
香りと清涼感が足りない!って思ってしまいます。
特急凍頂烏龍茶などと飲み比べると、確実に物足りなさを感じてしまいそうです。
インドの烏龍茶の中ではとても美味しいです。

発酵がほとんどされておらず、煎茶のようなニュアンスさえあります。
お茶漬けにできるほどに自然な香りですね。

ごくごく飲むと、後から百合っぽい花の香りが喉の奥からふわっと来ます。

茶殻
噛むと、とても硬いです。噛み切るのに力がいるほどです。
ファーストフラッシュとはいえど、成長しきった葉を使っているかもしれません。

評価 B
追記
水ようかんと合わせると、めちゃくやうまい!!
食べ合わせによっては、Aになるかも。生臭さを消すマッチングをすればOKです。

 


試飲日 2015年10月8日 14:17

VAHDAM Giddapahar
Darjeeling Autumn Oolong Tea
Date of picking 27th Oct, 2014
SFTGFOP1
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉

消毒液エタノールのようなツンとする香り。
中国系の青茶とは全く異なる。

抽出後
乾燥の茶葉とは香りが全く異なる。
青臭さやみる芽香は無い、柔らかい香り。

味はかなり良い。ボディの厚みと重厚感がある。
和食の米、中華料理に合う。
飲むとほうじ茶のような焙煎香を感じる。
よく出来た烏龍茶と言える。

茶殻
製茶工場と茶葉の起因からか、僅かにオータムナルの香りがする。
葉を噛むと、ふっくらと柔らかく、色が強い。
少量の茶葉で4〜5分の抽出が向いていると思う。

清涼感は存在せずに、無難に美味しい烏龍茶といえます。
美味しいけれど、決定打に欠けるのでこの評価に。

評価 B+


 

GiddapaharSupreme1 GiddapaharSupreme2

試飲日 平成27年10月3日 22:48
VAHDAM Giddapahar Supreme
Darjeeling Summer Black Tea
Date of Picking 28th May , 2015
Grade SFTGFOP  Invoice  EX44
2g / 140ml / 3min

ジッダパハールよりシュプリームの2nd
ロットナンバーもEXになっています。

乾燥茶葉
なんの変哲もないカカオ系の香り。
ナヴァラサで購入したキャッスルトンの中国種に似ている。

抽出後
恐ろしく王道のマスカテルフレーバー。
僅かに芋っぽくて、これまたキャッスルトンの高級なセカンドフラッシュに似ている。
コクあり、ボディの厚みあり、香りと余韻も優秀!
うーん、とても良いダージリンのセカンドフラッシュだけど、ちょっとつまらないような…。
贅沢言いすぎですが。

こちらの商品なんと100g わずか12ドル!日本円で1500円少々。
国内の紅茶専門店の3分の1で良質な王道のダージリンセカンドフラッシュが買えるので
いっぱい毎日飲みたい人にはオススメ。
さすがにナヴァラサの30g で4000円近い恐ろしい茶葉達よりは質は劣りますが
かなり良質で似たニュアンスを持つことには違いありません。
ハズレ無しで楽しみたいのであればオススメですね〜。

茶殻は噛んでみると渋みも無く、固めな感じ。
2g 140mlの場合は5分位の抽出が良いですね。

評価 A

 


ThurboMoonlight1 ThurboMoonlight2

試飲日 平成27年10月3日21;29

VAHDAM Thurbo Moonlight
Darjeeling Summer Balck Tea
Date of Picking 11th June, 2014
Grade FTGFOP1  Invoice DJ254

乾燥茶葉
強烈なエタノール臭とイギリス産のジンを割った感じの香り!
目が覚める変わった香りねぇー・・・。でもうまそう。
マツだ。ジンじゃなくてウォッカかも。
確認したら完全にウォッカの香り。

誰かに、この茶葉ウォッカで着香したフレーバードティーだよ?と言われたら
全くの無条件で信じてしまいそう。クスミティーの新作かな?って思いそう。笑
(これ小袋にパッキングしてるときに酒こぼしてないよね?)

重くてゴツゴツしている。袋から皿に出すときに、バキバキと音を立ててるので硬くて重い感じ。
炭のように表面が吸い込まれそうな黒色。動揺して写真ミスりました。

抽出後

オレンジピールの香り
フロリダ産などアメリカから輸入された防カビのオレンジの皮を絞った香り。
続いてエタノール臭。おーい抜けてないぞー。それでも、まあまあ美味そうな香り。

飲んだ感じ…インパクト薄いなぁ〜〜。
あまり味がない\(^o^)/
渋みは無く、コクも薄い、ボデイの厚みだけはある感じです。去年のだからかな?

2煎目はエタノールが抜けて、至って常識的な香りと味わいに。
葉が開ききってなかったので3分追加でお湯を淹れても普通に抽出できました。
ですので、少量の茶葉で5〜7分の抽出でもいけるリーフだと思います。

茶殻は硬く、薄めです。渋みあまりありません。
評価 謎な味すぎて不可能

 


Okayti-whitetea1 Okayti-whitetea2

試飲日 平成27年10月3日 21:18
VAHDAM Okayti Imperial
Darjeeling Organic Summer White Tea
Picking 27th May, 2015
Grade SFTGFOP1  DJ 160

オカイティの白茶!!
開封してびっくり白い!!(パッケージよく読まずに開けた)
そして鼻をつっこんで二度びっくり!醤油のにおいが…。

乾燥茶葉
まごうこと無く白茶です。
白い毛がびっしり、とても美しいですね。
醤油のにおいがします。関東風の濃口醤油です。アレです。
こんな香りの白茶は初めてなので腰抜けそうになりました。

抽出後
生臭さっっっ!!!おいこりゃなんじゃい!!!
んーとね、半額引きで買って冷蔵庫で2晩放置したブリ(血筋が入ったやつ)を鍋に放り込んで
水を入れて煮詰めて、醤油を足した時って感じ!!

ちょっと、美味しそうな感じもするけど、くくさいよね…。って感じ。

味もなあああ……。
抽出量と温度と抽出時間を紅茶と同条件にしてしまったので、本当はもっと美味しく出せるかも

二煎目も一応試したけれど、濁りが出て香りに変化はなし。

茶殻まで到達せず。以上。

評価 C

 


GlenburnClassic1 GlenburnClassic2

試飲日 平成27年10月3日 21:01

Golden tips tea Glenburn Classic Darjeeling
Origin Darjeeling India   Estate  Jungpana
Date of Picking 25th March, 2015
Grade FTGFOP1

乾燥茶葉
色は明るく、細かく砕いてある。サイズはまちまちで葉が開いて混じっている。
香りはナッツ系、そこまで強くない。

抽出後
薬品臭、何かの塗り薬で嗅いだことのあるようなにおい。
石油臭?嫌な感じはないけれど不思議なにおい。

味は…びみょーー!!これは…ね…ちょっと?
香りが変でも味が良ければいっかーって思ったけれど。
雑味は少ないけれど、何種類も味と香りがごっちゃになってる。
いつしか友人と茶葉ブレンド大会を開いた時に、在庫処分茶を合わせ混ぜた時のような味わい。
ファーストフラッシュで茶園指定、ジュンパナの区画?製茶?にしては、うーん。

温度が下がると、ガリのにおい!お寿司の!!酸っぱいやつ!
わあ〜お!エキサイティング!
の、飲みにくい。

茶殻
こちらは意外と普通なファーストフラッシュの香り。
安い森永のチョコーレートのような、油+カカオ+脱脂粉乳のような感じの香り。

つぎっっっ!!!

評価 C


Avongrove-Premium Avongrove-Premium2

試飲日 平成27年10月3日 20:39

VAHDAM Avongrove Premium
Darjeeling Organic Summer Black Tea
Date of picking 4th June, 2015
Grade FTGFOP1  Invoice EX13
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉
撚りは細く、色が明るめ。形にムラがある。
チョコーレートのカカオの中に、少しだけタバコ香り。
空になったタバコの箱の中のような感じ。ハイライトに似ている。

抽出後
いいにおい!蓋を開けた瞬間から、セカンドフラッシュの芳醇な香りが漂ってきます。
マスカテルフレーバーですが、芋や栗ではなく、マスカット系のニュアンスです。
大粒の巨峰のような。またフラワリーさも併せ持ちます。残念ながら花の名前が出てこないのですが。
発酵は浅めで、香ばしさがあります。渋みや雑味は全くありません。とてもクリーンで透明感の高い印象を覚えます。
飲んでいると、少しほうじ茶のような味に思えてきます。余韻はほとんどありません。数秒程度です。
実際に飲まれる場合は、抽出時間を5分程度にしても良いと思います。
温度が下がっても印象はあまり代わりません、粘度も低くシャバシャバしています。
時間が経ってぬるくなるとドライフルーツのパインのような甘い香りがします。

茶葉
自然な香りの強さで、オーガニックなだけあって柔らかく香りです。
茶殻はペコーのように大きく広がりきり、凍頂烏龍茶のようにカップの中を埋め尽くしています。
噛んでみると柔らかく厚みがあります。はじめは抽出した紅茶の味がしますが
少し経ってから渋みが出てきます。和食の薬味のようにピークすぐに来て、苦味が消えてゆく感じです。

評価 B+

美味しく、飲みやすく常飲に向いています。
ただし強烈なフレーバーはありません。
お菓子に合わせたり食事に合わせるのがよいかもしれません。


Selimbon-DJ59-2 Selimbon-DJ59

平成27年10月2日 13:32

セリンボン茶園
GOLDEN TIPS TEA Selimbon
Darjeeling Organic Summer Black Tea
Picking 4th July , 2014.
Grade FTGFOP / Invoice  DJ59

乾燥茶葉
焙煎したての浅煎りコーヒー豆の香り

抽出後
中国種の香り、マスカットの皮を噛んだ時のような弱い香り。
フルーツ、熟れていない若い洋なしの青っぽい甘さ。
温度が下がると、とろみが出る。少しだけ、心地の良い渋みが出る。
渋みが舌の上でずっと続くけど、わるくない。
温度が下がってきてからの方が美味しい。
地味だけど顔立ちと体型が良い女性って感じの香りと味。まじめ。

茶殻
去年の物のため、茶殻のほうが強くマスカテルフレーバーを持つ。
一年立ってピークが過ぎてしまったか…。
においが思い出せない。甘酸っぱい良いにおい。
茶殻は硬いし薄い。噛んでも味がしない。

評価 A-

 


Seeyok Seeyok1

平成27年10月2日 13:15

シーヨック茶園
VAHDAM Seeyok Muscatel
Darjeeling Organic Summer Black Tea
Picking 10th August , 2015
Grade SFTGFOP1  Invoice  DJ88
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉
森林の早朝。高原のような清涼感を覚える。
焙煎香やマスカテル、芋っぽさは一切ない。
サイズは揃っていて、色のムラも少ない。
少しこぶりで、色は炭よりは緑が残る。

抽出後
霧の立ち込める森林の朝。朝霧の中にいるような香り。
ごく優しくマスカテルフレーバーが立ち込める。
ビール酵母のような、柔らかい発酵臭。

アッサムのような重めのコク、余韻が長く続くのに優しい。20秒近く香りが残る。
まるでアッサム2:ダージリン8といった配分のブレンドティーのよう。
温度が下がると、とろみが出る。香りの角が取れるので寂しい。後半はボディが弱く思える。

個人的にとても好きなリーフです。

茶殻
乾燥している時と異なり、茶殻からは強めのマスカテルフレーバーが立ち上がる。
芋ではなく、どちらかと言うとブドウ系のマスカテル。少しメントール。
葉は少し固め、厚みがある。噛んでも渋みは無く旨味が出てくる。

評価 A (200g買いたい)

 


ロヒニ茶園
ロヒニ茶園

試飲日 平成27年10月2日0:27
GOLDEN TIPS TEA
Rohini Premium Darjeeling Summer Black tea
Picking 29th May , 2015
Grade FTGFOP1 LOT DJ72

乾燥茶葉
木綿のシャツが詰まったクローゼットの香り。
茶葉は小さく砕かれてムラがある、粉もまじる。
色は薄いすみいろ。

抽出後
クローナルの単調なマスカテルフレーバーが気になる。
味の印象も薄く、上質なキャッスルトンを白湯で割った感じ。
余韻は短く、渋みもあまりない、ただボディの厚みだけはある。
コクは少ない。他の香りはみつけられず。
粘度があり、とろみ感がある。
温度が下がると、ゆるくふわふわとした渋みが長く続く。
日本酒でいう吟醸酒のような感覚。

茶殻
赤味噌系の発酵臭。
茶殻は硬く、噛むととても苦い。

筆者評価 B+

香り★★★☆☆ 渋み★☆☆☆☆ 甘味★★★☆☆ 余韻★★☆☆☆ コク★★☆☆☆ ボディ★★★★☆


ミム茶園
ミム茶園

Take2

試飲 平成27年10月1日17:33
Mim Darjeeling Organic Spring Oolong Tea
Picking 25th March , 2015
Grade FTGFOP1  Lot PT22

乾燥茶葉
ピスタチオもしくは殻付きのアーモンドの香り。
粉がついているものを鮮明に思い出させる感覚。
他にはアンティークの本棚に並ぶ書籍。
茶葉のサイズはバラバラで、茎も混ざっている。
白毛(白毫?)のような白いうぶ毛が生えているチップがある。

抽出後
菊の花束、白身魚を蒸しした香り。
味はゆずにとても似ている。ゆずの果汁を少し白湯で解いた感じ。
少しだけ生臭い。

2煎目の方が美味しい!
生臭さや、白身魚といった香りが消え去り、柑橘
完熟した大きな夏みかんの果肉の香りが出る。
すっきりとしたのど越しで、とても美味しい。

以前のテイスティングは1煎目で捨てていたので勿体無かった。
ミムなどダージリン系の烏龍茶を試す際は、是非2煎目まで入れていただきたいです。

茶殻

柔らかいけど葉は薄い。噛むととても苦い。
色は青くファーストフラッシュにも似ている。
果汁のかおりはせずに、最初のアーモンド系の香り。
茶殻と抽出液の香りが全く異なるので面白い。

筆者評価 A-

香り★★★☆☆ 渋み★☆☆☆☆ 甘味★☆☆☆☆ 余韻★★☆☆☆ コク★★☆☆☆ ボディ★★☆☆☆

 


ジッタパハール茶園
ジッタパハール茶園

平成27年10月1日17:15
Giddapahar Muscatel
Packing 6th June , 2014
SFTGFOP1  DJ42
2g/ 140ml / 3min

乾燥茶葉
使い古された表現だけれど、ビターチョコレート。
カカオ成分が80%以上の甘くないチョコーレートの香りがする。
またはチョコーレートのパウンドケーキのような、小麦粉+チョコといったニュアンス。
色はまあ明るい方で、チップは小さく粉砕されている。
撚りぐあいは甘く、半分開いている茶葉もある。

抽出後
イチゴのジャムのような、しっとりと小さな酸味の香り。
僅かにマスカテルフレーバー。
ボディはよわく、腰砕け。コクも一瞬あるけれど逃げてゆく。
渋みの中に雑味が隠れてて、傷んでいるようにも思える。
完成時は非常に美味しかったけれど、保管過程で僅かに湿気て傷んだといった感じ。
出来立てを飲んでみたいと思う完成度は高い。

茶殻
ブーケに入っている花の香り。
わずかに先ほどのチョコーレート。
フラワリーで、香りは優しい。

筆者評価 B

香り★★★☆☆ 渋み★★☆☆☆ 甘味★☆☆☆☆ 余韻★★☆☆☆ コク★★☆☆☆ ボディ★☆☆☆☆

 


グームティ茶園
グームティ茶園

試飲日 平成27年10月1日17:00
Goomtee Classic Muscatel
Packing 10th April ,2015 FTGFOP1  DJ05
2g /140ml / 3min

乾燥茶葉
準チョコレートのスナック菓子のにおい。
あまいドーナッツのようなニュアンスも。
色は明るく、こぶり。サイズは整っている。

抽出後
剥いた桃が20分くらいたった時のにおい。
ナッツと芋を足して割ったようなマスカテルフレーバーがある。
味はグリニッシュ(青臭く)、わずかに塩味を感じる。
余韻はながく、フレッシュタイムを噛んだ時のような清涼感と青っぽさが続く。
温度が下がると煎茶のやぶきたのようなカテキンっぽい渋みを感じる。
発酵は弱く、烏龍茶に寄っている。

茶殻
柔らかく厚みがある。
色は薄いけれど、強烈な香りがある。
抽出を5分以上耐えうるようなリーフ。
筆者評価 A-

香り★★★☆☆ 渋み★★★☆☆ 甘味★☆☆☆☆ 余韻★★★★☆ コク★★★☆☆ ボディ★★☆☆☆


タルボ茶園
タルボ茶園

試飲日 平成27年10月1日 12:53

タルボ クローナル・チップス
Date of Packing 4th June , 2015
2g 140ml 3min

乾燥茶葉
焙煎したアーモンドの香り
色は薄めで、細くねじってある。
またサイズにばらつきがあり、日本茶のような細い部分も混ざる。
芽の部分もちらほら混ざっている。

抽出後
離れているとガーベラ?のようなフラワリーな香りが漂ってくる。
近くでかぐと、マスカテルフレーバーの芋っぽさが出るけれど、強烈ではなく優しくそっと漂う程度。透明感がある。
味は、ほうじ茶のような焙煎香が強い。渋みはないけれど、鼻孔にぶわっとこおばしい香りが来る。
粘度は低く、のど越しはすっきりとしている。

おにぎりや和食にも合いそうな味わい。天ぷらとか絶対合う。
発酵が浅いのか、烏龍茶と紅茶の中間に感じる。
セカンドフラッシュっぽくない変わった茶葉。

茶殻
ファーストフラッシュのような青臭さが残る。
柔らかく、煎茶の熱風乾燥直前のような粘っこい感触でそっくり。
酸っぱいかおりがする。

筆者評価 B+

香り★★★☆☆ 渋み★☆☆☆☆ 甘味★★☆☆☆ 余韻★★☆☆☆ コク★★☆☆☆ ボディ★★☆☆☆


ナムリンアッパー茶園
ナムリンアッパー茶園

試飲日 平成27年10月1日 12:38

ナムリンアッパー・クローナル
Date of Packing 1st June , 2015
2g 140ml 3min

乾燥茶葉
芽の部分が多い。少し細くてこぶりに思える。
香りは弱く、紅花油のようなニュアンスを感じる。
オイルの香り。

抽出後
アルミホイルで包んであった焼き芋のような香りが外に広がる。
他のダージリンと違って香りの種類が少ない、本当に1種類であるかのような印象。温度が高いと芋っぽさしか感じ取れない。

ゆっくりと浸透してくる渋み。イガイガがないけれど、渋いと感じる。
粘度が高く、とろっとしている。

しっかりとダージリン・セカンドフラッシュの香りを持つけれど、旨味やコクが薄い印象がある。また中国種のほうが清涼感が高く、目がさめるような香りを持つ。そういった面からクローナルっぽさが出ている。

まあまあ美味しく常飲に向いてる。
飲食店で出たら美味しいダージリン・セカンドフラッシュだなあと思う。
100g1000円程度から考えたら驚異的なコストパフォマンス。

茶殻
柔らかいけど厚みがない、ナヴァラサで購入したジュンパナ、キャッスルトンと比べると格段と薄い。カップのふちにつく色は通常より濃い。
茶殻の香りも、抽出したものと全く同じ。
筆者評価 B

香り★★★★☆ 渋み★☆☆☆☆ 甘味★★★☆☆ 余韻★★☆☆☆ コク★☆☆☆☆ ボディ★★☆☆☆


2015-10-01Junpana_premium
2015-10-01Junpana_premium3

試飲日 平成27年10月1日 12:27

ジュンパナ プレミアム (オーガニック)
Date of Packing 15th Oct , 2014
2g 140ml 3min

乾燥茶葉
ミントチョコ、リンツのチョコーレートを溶かした時のような甘いにおい。
葉のサイズは大きく揃っている。

抽出後
僅かにマスカテルフレーバーのような独特なふかしたジャガイモのような香り。甘くまろかやでコクがある。余韻は少し数秒残り、すぐ消える。
渋みはほとんど無い。一口目だけが極端に甘く感じた。

温度が下がると、調味料のクミンシードのようなオリエンタルな香りがする。飲むとリラックスできる。まあ、美味しい。

茶殻
完全にセカンドフラッシュと似たマスカテルフレーバー。
オータムナルとは思えない華やかな香りを持つ。
セカンドにあった、若くて刺激的な香りは抑えられているけれど、かなり似た香り。

筆者評価 B+

香り★★★☆☆ 渋み★☆☆☆☆ 甘味★★★★☆ 余韻★★☆☆☆ コク★★★☆☆ ボディ★★★☆☆

 


オカイティ茶園
オカイティ茶園

試飲日 平成27年10月1日 12:05
オカイティ プレミアム(オーガニック)
Date of Packing 10th Oct , 2014
2g 140ml 3min

乾燥茶葉
リーフは大きく、サイズは揃っている。炭のように黒い
芽の部分が銀に光る。チョコーレートから純ココアのような香り。
エレガントさなどは一切なく、重たい感じ。

抽出後
飲む前のファーストインプレッションは、甘夏のような僅かに甘酸っぱい香り。ボディは薄く余韻も短い。
とろみがある。温度が下がってくると、発酵が長すぎるような痛んだ香りがただよう。失敗のように思える。
うまいとは言えない。

飲んだあとの違和感は無いので、そこまで悪い評価ではないが、印象の弱いリーフ。

茶殻
わずかに柔らかく、香りは弱い。
周辺についた色は濃すぎずうすすぎず。

筆者評価 B-

香り★★☆☆☆ 渋み★★☆☆☆ 甘味★★☆☆☆ 余韻★☆☆☆☆ コク★★★☆☆ ボディ★☆☆☆☆