【コーデ集 Vol.1】ライター田中の春夏イタリアファッション着こなし

皆さん、こんにちは。

大人になれる本編集部のライター田中です。

こちらはライター田中の日々のコーディネートを紹介しながら、その着こなしのコツやポイント、その他ちょっとしたテクニック、アイテムのおすすめなどをしていく「ライター田中の春夏イタリアファッション着こなし」コーディネート集。

ドレッシーでシンプル、それでいて楽しさのあるクラシックな服を使った着こなしを、一緒に実践していきましょう!

 

さて、今回のコーディネートは……。

 

夏の定番、カットソーのジャケパン着こなし

1_0-07996700-1465781051_t-shirt

夏といえばやっぱり定番なのが、カットソーにテーラードジャケットを合わせた着こなし。

といっても私はドレスシャツが好きなので毎日のように着るわけではありませんが、日本の蒸し暑い夏になんとかジャケットを着るには現実的な手段なので、ときどき用います。

このカットソーの着こなしのときに気をつけるべきことは二つ。カットソーの種類と着こなし方です。

まずカットソーの種類ですが、ジャケパンに合わせるカットソーはちょっと薄手でリブが細く、首が広めに開いたクルーネックが一番おすすめです。

これに野暮ったい感じのカットソーを合わせてしまうと、ジャケットのドレッシーな雰囲気とマッチせず、違和感が出てしまいます。生地は薄手のもの、天然のコットンで少し光沢感があると一番良いですね。

色はまっ白も良いですが、ともすると下着に見えてしまわないこともないので、生成りやベージュ、ライトグレーなどにするとコーディネートもしやすく、お洒落でおすすめです。

さて、着こなしについては大事なことが二つ。

一つはカットソーに合わせて軽快で少しドレスダウンした雰囲気を作ること。上の着こなしではジャケットの腕をまくり、パンツをロールアップしてローファーを合わせていますよね。

こういった脱力感を取り入れることで、カットソーでの着こなしに合うジャケパンの雰囲気ができあがります。

そもそも顔が脱力感に満ちあふれた人などは、塩梅に気をつけましょう。

まじめな話その人に合う「カジュアル度合い」というものがありますので、人に意見を求めると良いでしょう。

もう一つ、私の個人的な好みかもしれませんが、カットソーを使ったジャケパン着こなしのときには、カジュアルなアイテムをいくつも持ち込むよりも、綺麗めなアイテムをカジュアルに着こなすほうが大人っぽい雰囲気になると思います。

例えばカットソーの着こなしだからカーゴパンツ、ジャケットもカジュアルなコットンの柄ジャケット、靴はスニーカー……というのではなくて、味のあるトロピカルウールの紺ジャケットに、テーパードのコットンデニム、少しだけカジュアルな革靴、といった具合です。

ピティウォモなどでも昨年はスニーカーやアメカジを積極的に取り入れた着こなしがメインでしたが、今年は少しドレッシーなアイテムを個性的に着こなすような風潮が復活しています。

質のいいドレッシーなアイテムを用いれば、学生のテーラードジャケット着こなしとも差別化ができますね。

ちなみに私は癖で白いリネンのチーフを適当に差しています。

正解はありませんが、カジュアルなときほどこういった気遣いで「きっちりした感じ」を出してバランスがとるのがお洒落ではないかな、と私は思います。

 

いかがでしたか?

今回はカットソーを使ったジャケパンの着こなしでした。

是非参考にして、イタリアファッションをどんどん楽しんで行きましょう!