【メンズ】テーラードジャケットをカットソー(Tシャツ)で着こなす!

みなさんにとって、テーラードジャケットと言えばややカタいイメージがあるかもしれません。

なので着こなしが難しく、いつも敬遠しがち。

でも実はテーラードも、いくつか決まりを守ればすごく簡単に着ることができるんです。

その代表がカットソー(Tシャツ)との組み合わせ。

DSC_7083

ここではそのテクニックを紹介します。

カジュアルっぽいジャケットを選ぶ

このようなカットソー(Tシャツ)+テーラードジャケットのようなスタイルを作るときには、スーツの上着のようなあまりにかっちりとしたジャケットより、素材やシルエットがややカジュアルなジャケットの方が失敗しません。

jacket1

オックスフォード地はカジュアルな印象があっていい感じ。

もちろん以下の写真のようにフォーマルスーツのジャケットを使うこともできますが、向いている素材感や柄、色などがあり実物を見てみないと判断できないので、ちょっと一概にお勧めできないのが本音です。

jacket2

こちらはNGです。

春夏らしい素材のジャケットがベスト

カットソー(Tシャツ)とテーラードジャケットの組み合わせは、涼しげですっきりとしたイメージ。

ですからジャケットは夏っぽい素材や色を選びましょう。

jacket4

麻混の綿ジャケット。薄手でさわやかな色合いが夏っぽく、こういった着こなしにはベストです。

派手なストライプが入っているのもカジュアルらしさが強調されて◎。

逆にどういうジャケットが良くないかというと、こういうもの。

jacket3

色も素材も冬っぽさのあるブラウンのツイードジャケット。

ツヤ感のあるカットソー(Tシャツ)とあまり相性が良くないのがすぐにわかります。

カラーコーディネート的にも、この茶色と紺の組み合わせはあまり評価できません。

ちなみにウール素材のジャケットなどでも、ライトグリーンやベージュやオレンジなどの明るい色であれば、白いカットソー(Tシャツ)などと合わせて春先に使うことができます。

これは素材が冬っぽくても色合いが明るく、春っぽさを演出できるから。

カットソー(Tシャツ)は無地で勝負しよう!

このカットソー(Tシャツ)+テーラードジャケットは大学生の間でもかなりポピュラー。

彼らはみんな、英語が書かれたような柄のカットソー(Tシャツ)を中に入れてネックレスをしますね。

まあ、それがお洒落だというわけです。

このサイトはちょっとしたアンチ大学生ファッションな流れを組んでいるので←あえて、無地のカットソーで勝負することをオススメします。

では、どこで個性を出すのか。

最初のジャケパンスタイルを例に見てみましょう。

jacket1

やや無難ですね。

これを無地のカットソーのまま勝負するなら、チェンジすべきはパンツです。

jacket5

派手目なストライプでインパクトを。

大人びた雰囲気はそのまま、華やかさとお洒落さがぐっと増します。

ぜひともカットソーは無地のまま、他で勝負をしかけてください。

 

いかがでしたか?

難しそうに見えたテーラードジャケットも、うまくやればこんなにシンプルに着こなせる。

ジャケットはモテます。挑戦しないのは損ですよ!