武夷岩茶 大紅袍【茶王】

皆さんは大紅袍(だいこうほう)をご存知ですか?

紅袍の原木4本は夷山(ぶいさん)という中国の山にあります。その4本は厳重に管理されており、私たちは手に入れることができないような代物です

その原木からは一年間で500g程しか取れず、過去に20gで250万の値がついたことがあります。

私たちが手に入れることができるものはその原木の2世代目3世代目となっております(それでも十分高いですが)。

大紅袍は武夷岩茶(ぶいがんちゃ)に分類され、4大武夷岩茶のひとつで、「茶王」とも呼ばれています。

そもそも「武夷岩茶」自体ご存知でない方がほとんどだと思います。武夷岩茶とは中国福建省北部にある武夷山市、武夷山の岩場で生えている茶樹、またはその茶樹から作られたお茶のことを指します。ちなみに大紅袍には発酵度が高いものが多いですが、青茶(烏龍茶)に分類されます。

また、ミネラルやアミノ酸を多く含んでることから、健康にもよく、昔から薬としても使われてきたそうです

 

今回はその大紅袍を、なけなしの財布の中身で買ってきました。

 

utea01

高級感の溢れるパッケージ。2012年12月31日製茶だそうです。

 

utea02

裏。おそらく武夷山??

 

utea03

中身の袋です。

 

utea04

写真は12.5グラムとなっています。大きさ比較のため10円玉を…。発酵度と焙煎度が高いため、茶葉の色は黒目です。

 

utea05

力強い水色。これでも5煎目です。

 

飲んでみると、ものすごく香ります。焙煎の香ばしさが独特のフルーティーな香気やフラワリーともとれる香気を生み出し、「岩韻」として、くっきりとした輪郭の後味や余韻を残します。

岩韻」とは、岩茶特有の香り、味わい全体、余韻のことを指します。飲めば一発で分かります。

重層的でコクのある味わいはまさに飲んだ人を虜にする味わいです。ボディもふくよかで、どっしりとした岩茶特有の味わいを楽しむことができます

そして、甘いのが特徴です。とても甘いです。香り自体もとても甘いのですが、味は想像していたより遥かに甘いです。

2煎目になると、香り自体は少し弱くなりますが、より雑味が取れてクリアな味わいになります。煎を重ねるにつれ、洗練されたともいえるフレーバーへの変化が楽しめる品です。

6g 100ml 95℃ぐらいで淹れましたが10煎は淹れることができます。また、煎ごとに全く違う味わいに変化するときがあるのも魅力的です。

 

12.5グラムで二……。値段を公表すると生生しくなるので控えますが、値段分の価値が間違いなくありますので是非なにかの機会にどうぞ!!

 

以上!だーじ凜より、武夷岩茶「大紅袍」でした!