サプリメントは本当に効果があるのか?

D2X_0034

巷では星の数ほどサプリメントが売られています。

オーソドックスなコンビニで売っているDHCのような商品から、果ては酵素ダイエットドリンクのような少し怪しい商品まで。
本当にサプリメントは効果があるのでしょうか。

筆者は高卒のしがない編集者なので、サプリメントの薬理作用や作用機序について理解も無く説明もできませんが、体感的な部分でサプリメントについて話したいと思います。

エナジードリンクは糖による血糖値上昇の影響が大きい

まず、コンビニで手軽に買うことのできるエナジードリンク。
疲れている時や、運動前に飲むと調子が良くなる事があります。
これは、カフェインやアルギニンより先に最も含有量の多く消化されやすい単糖のブドウ糖による影響が大きいと言えます。
昔は運動前にバナナなど食べましたが、同じように血糖上昇によりリフレッシュしてると言えます。
もちろん特殊な成分も入っていますが、医薬品でもないので極微量です。
チョコレートを食べる代わりに飲んでるとイメージすると分かりやすいと思います。

マルチビタミンやカルシウムなどは長期的に飲むと良い

DHC以外にもネイチャーメイドやFANCLから販売されていますが、マルチビタミン・カルシウムは現代の食事で摂取しにくいので、とても良いと思います。
外食や味の濃い食べ物に多い、食塩、砂糖はカルシウムの吸収率を下げます、アルコールも同じように吸収を下げます。
ただでさえ摂取の少ないカルシウムの吸収率が下がり、あげくに加工食品に含まれるリン酸塩はカルシウムを体外に排出する作用をもつそうです。

ですので、イマドキな食事こそカルシウムを多めに取ったほうが良いです。
体内のカルシウムが減ると、骨から溶け出すカルシウムパラドックスという現象が起きます、これにより骨粗鬆症や血管に沈着して肝臓結石を起こしたり病気の原因にもなります。
また、筋肉の収縮や脳神経にも血中のカルシウムを利用しています。

一方マルチビタミンにはビタミンCや葉酸、ビタミンE,Dなどが含まれています。
ビタミンCとEは強い抗酸化作用を持ち、スーパーオキシドなど活性酸素による細胞の酸化を防ぎます。葉酸はDNAからタンパク質形成の元となるアミノ酸を形成したり、核酸(DNA)を形成するアデニンなどの合成に使われます。レバーなどに含まれますが、これらも食事で取りにくい成分です。

こういった身体に必要な栄養を定期的に摂取すると、明日・明後日では効果は出ませんが、長期的に見ると確実に身体に影響が出ます。
なぜなら人間の身体は小さな細胞の塊でできていて、DNAがタンパク質のアミノ酸配列によって組織や臓器を作っているにすぎないのですから。

という事でマルチビタミンやマルチミネラル、カルシウムは定期的に摂取すると良いです。
ちなみにビタミンDを摂取してから日光に15分〜30分程度浴びると活性型ビタミンDになりカルシウムの吸収率が上がるそうです。
まあ、何の事はない同時にサプリメントを飲んで普段撮り生活していれば良いわけです。

それよりも炭水化物中心の生活で、過剰の糖質(グルコース)を取って運動しないのは肥満の原因になるので、20代移行は代謝も落ちるので早めの対策が必要ですね。

即効性のあるサプリメント

ちょっと真面目な事書いてみましたが、即効性のあるサプリメントについて書いてみます。
(上記の説明も間違っていたらゴメンね)
即効性なら間違いなくカルシウムですね。これから書くのは危険な行為なので試す場合は、必ず自己責任でお願いします。

一日一錠と書かれているカルシウム(600mg)なら、ざらざら〜と6、7錠飲んじゃいましょう。
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/3423/RDA.html
こちらのサイトには所要量=600mgと書いてあり、許容上限摂取量に2500mgとあります。
まあつまり、多量摂取により吸収率も低下するので6,7錠なら突然問題が起きるというのは(あまり)無いと思います。(自己責任)

すると、翌日なんと不思議な事に身体が軽くで疲れがさっぱり!
筆者は、もう死にそうに身体がダルい時や、調子悪い時には、マルチビタミンとミネラルを数錠+カルシウムをざらざら〜っと飲んでいます。
もしかしたら弊害や副作用があるかもしれませんが、絶好調ですね。
怪しい白い粉よりは、とても健康的かつ健全なチート方法と言えます。

サプリメントの理想的な摂取方法

ちょっと真面目な話に戻って、理想的な摂取量はまさに商品のパッケージに書いてある量です。
これは間違いありません。カルシウムの場合は子供の場合は、所要量が900mgとパッケージに書かれた1.5倍位が適切だそうです。

またタンパク質の摂取も以外にも難しく、お肉や魚を毎日食べていない炭水化物中心の生活をしている場合は、トレーニング用のホエイなどのプロテインを半量飲むのも良いです。
身体を形成するのはタンパク質他ならないのですから。炭水化物はいわば燃料のガソリンのようなものです。

そしてサプリメントですが、1日1錠でも良いですが、本当は3食に分けて摂取するのが最も吸収率が良いそうです。
吸収率や受容体の関係で、同時に同じものが体内に入ると全てが綺麗に吸収されるわけではありません。
ですので、1日3錠規定のサプリメントであれば、1錠ずつに分けて。
ネイチャーメイドのような1日1錠の場合は半分にして朝晩飲むといいですね。まあ朝晩で計2錠飲んでも大丈夫だとは思いますが…。(目安量:と書いてあるので。)

ホエイ・プロテインの効果

ところで、プロテインの効果は果たして本当にあるのでしょうか?
これに関しては完全にイエス!と言えます。
DNSのプロテイン ホエイ100という物を1年位飲んでいますが大胸筋がやばいです。

ぺったんこのお胸が、バキバキに盛り上がってきました。
1年以上前に買ったシャツやジャケットが全然入りません、首周りも太くなって全てのシャツが一番上のボタンが止まりません(涙)
腕立て伏せが2回しか出来ないモヤシでしたが、ペースの早い腕立て伏せなら50~60回、ゆっくりとボディに効かせる腕立て伏せでも20回以上は余裕で出来るようになりました。

こうなる方法は簡単、朝に腕立て伏せして飲んで、夜に腕立て伏せして飲む。これだけです。
大胸筋が出来てから荷物を持って疲れるというのが極端に減りました。
合計1.5キロ近くあるカメラでの写真撮影も極端に楽になりました。
あとは最大に嬉しいのが海に行った時に、ほどほど筋肉があって安心して脱げます。

ということで、男性諸君で痩せ型ガリガリの場合はプロテインはオススメです。
多分どのメーカーでもあまり差はないと思います。