【メンズ】夏におすすめなトップス4選【暑くない】

ついTシャツ一枚になってしまいな夏のファッション。

本当はもっとお洒落に色々着てみたい!けれど暑くてアウターとか着れないし、どうしたらいいんだろう。悩んでいる人は少なくないはずです。

今回はそんな人のために、夏にファッションをお洒落に楽しめる、見た目がよくてお洒落な夏におすすめのトップスを紹介します。

リネンシャツ

linen shirt

 

夏の代表的なトップスといえば麻100%のシャツ。リネンシャツとも言われ、着心地が涼しく軽やかで、夏にとても人気なアイテムとなっていますね。

なぜ夏に麻が良いかというと、麻はさらさらとしていて汗でべとつきにくく、また自然なシワのおかげで肌と生地の間に隙間ができるので風通しが良いためです。また洗濯を繰り返しても痛みにくく、比較的乾きやすく、さらに良い麻であれば洗いざらしで着ることもできるので、実は実用性にも富んでいるのが麻シャツの人気の理由ですね。

綿混の生地だと滑らかさや手入れのしやすさは良くなりますが、少し厚手になってしまうことが多いので、おすすめは断然麻100%です。

せっかく選ぶなら、上の麻シャツのように麻の風合いが生かされた鮮やかなシャツを選びたいですね。特に明るいブルーやシャーベットカラーは綿のシャツだと少し色がキツくなりすぎてしまうため、麻シャツだと丁度良い雰囲気になります。

白パンやボーダーシャツなどのリゾート感のあるボトムスと合わせてどうぞ。

カプリシャツ

capri shirts

 

まだお洒落な人たちしか着ていない、夏の定番アイテムがカプリシャツ。スキッパーのボタンと七部丈の袖、それにタックアウトして着るためのボックスなシルエットが非常にリゾート感があり、真夏に着ていると絵になりますね。

このシャツは一枚できることができるので、まずは着ている本人が涼しいという利点があります。またハーフパンツやエスパドリーユなどの真夏感が強く、合わせるトップスに悩むアイテムを上手に消化してくれるアイテムなので重宝です。

カプリシャツ選びで重要なのは品質。安いカジュアルブランドのカプリシャツは襟もとのデザインが良くなくて、貧相な印象のものが多い。買うならばドレスシャツで有名なインポートブランドのものがおすすめですね。

プルオーバーシャツ

vallaresso02

 

カプリシャツのようで、カプリシャツじゃない。前が全部開くことなく、上から被って着るシャツのことをまとめてプルオーバーシャツと呼びます。厳密にはカプリシャツもプルオーバーシャツの一種ですし、ポロシャツもその一種です。

こういったプルオーバーシャツの魅力は、普通のシャツのような雰囲気を持っていて、カジュアルにもちょっと綺麗めにも着ることができるのにも関わらず、タックアウトで着られるように短丈で水平なカットになっていること。またカプリシャツほどにはリゾート感が強くないので、街中で着ても浮くことがないし、いざちょっとお高いレストランやバーに入ることになっても対応ができる。

ジャケットと革靴に合わせて着ることもできるし、ハーフパンツでサンダルと合わせて着ることもできる非常に万能なシャツです。

Pullover Shirts

実際夏にタックインでシャツを着ていると、少し蒸れるものです。なのでタックアウトで着られるプルオーバーシャツは夏のファッションとしては非常に魅力的ですね。

サマージャケット

gaiola

 

これまた知る人ぞ知るアイテムが、サマージャケット。夏にジャケットなんか暑くて着てられるか!という人がほとんどかと思いますが、実はこれが着れるんですね。むしろお洒落なのに涼しい、とっても便利なアイテムがサマージャケットです。

厳密にこういうものをサマージャケットと呼ぶよ、という決まりはありませんが、一般的に麻100%のジャケットやシャツのように薄いウールを使ったジャケットで、裏地を用いず一枚仕立てで作られたものがサマージャケットであることが多いです。

着てみると確かに涼しく、真夏でも着れないことはない。カットソーなどと組み合わせて腕をまくれば全然見た目にも暑そうだと思われません。綿のドレッシーなシャツを着てしまうと、せっかくのジャケットの通気性が生かされないので、カットソーや麻のシャツなどにするのがおすすめ。

写真のようなダブルのジャケットも、前を開けたまま腕まくりをして着てしまえば脱力感があってお洒落ですね。

 

いかがでしたか?

今回は夏に着られるトップスを紹介してみました。暑くてお洒落がおざなりになりやすい季節ですが、夏こそお洒落なトップスを着てまわりと差をつけちゃいましょう!