【クールビズ】夏に涼しいスーツはこう選ぶ!

夏に着ていても涼しいスーツが欲しい。夏用のスーツを探している。

一生懸命探していても、スーツはオールシーズン物ばかりが売っていて、真夏に着ても涼しいようなスーツは中々見つからないのが現実です。しかし売り場には確かに真夏用のスーツも売られています。夏用スーツの特徴を知っておかないと、意外と見つからないんですね。

今回は夏に着ていて涼しいスーツの選び方を紹介しようと思います。

背抜きor裏地無しのスーツ

la vera03

もしも涼しい夏向けのスーツを探しているのであれば、まずチェックすべきは裏地です。裏地があるかないか、あるいは一部か全体かによって、スーツの体感温度というのはずいぶんと変わってきます。

というのはスーツの裏地に使われるようなキュプラやレーヨンは、単に袖通りの良さやシルエットの形成のために使われていることが多く、それほど風を通す素材ではないので、どんどん蒸れてしまうことも少なくないからです。

真夏にも着れるスーツを探しているのであれば、最良は裏地無しの一枚仕立てです。しかしテーラードジャケット単体のものでなくスーツでとなると、そういった一枚仕立てのものは多くありません。そこでやはり背抜きのものを選ぶことになると思います。

総裏のものはいくら素材が涼しそうでもやはり暑かったりするので、しっかりとチェックしましょう。

夏素材のスーツ

夏のスーツを探すのに一番重要なのは裏地の有無と書きましたが、それに劣らず重要なのは素材選びです。生地はもちろん薄いに超したことはありませんが、さらに夏らしさのある生地を選ぶことによって、シャツのような軽快な着心地を楽しむこともできます。

以下に夏用のスーツによく用いられる素材を紹介しておきます。

サマーウール

gaiola03

夏のスーツの素材のメインとなるのが、サマーウールです。オールシーズン用や秋冬と同じウールを用いながらも、生地の折り方や暑さの違いで夏に着用できるような涼しさを追求したものですね。かなり薄手で、シャツの生地のようなものも少なくありません。

このようなスーツ生地はまず軽いこと、そして通気性がよく涼しいことがメリットですが、ややシワになりやすく折れ目が付きやすいのが難点ですね。

モヘヤ混ウール

sartoria gemmati06

モヘヤ混ウールもまた夏のスーツとしては定番の生地。光沢感のある薄手のモヘヤ混ウールもおすすめですが、上の写真のようなざらりとした織りのものは特に通気性が高く着心地が良いのでお勧めですね。

このモヘヤの生地というのは、モヘヤの品質や生地の織り方によっては光沢感が強過ぎる場合があります。特に真夏の日差しの下ではモヘヤの光沢が品がなく見えてしまうこともなくはないので、注意した方がいいですね。

左からラミー(麻)、リネンウール、カシミアリネン。いずれも春から初夏にお洒落な生地感ですね。 (左)Cornelianiコルネリアーニ (中)BEMAS F ビームスエフ (右)Kiton キートン
左からラミー(麻)、リネンウール、カシミアリネン。いずれも春から初夏にお洒落な生地感ですね。
(左)Cornelianiコルネリアーニ
(中)BEMAS F ビームスエフ
(右)Kiton キートン

麻は真夏のジャケットの素材としては定番中の定番の素材。ただスーツとなると、少しカジュアル感が強過ぎてしまうためかあまり一般的ではありません。

ウールと合わせて麻混ウールなどとして扱われることがある程度で、それ以外はカジュアル向けのスーツであることが多いです。涼しさでいえば他のスーツ生地には負けない魅力を持っていますが、流石に着るシチュエーションを選びますし、パンツが極端に痛みやすいという問題もある。

そのためスーツでは完全にモヘヤにメインの座を譲っていますね。

麻のシャツと麻混ネクタイも

linen shirts

せっかく夏素材のスーツを着るのであれば、スーツの下に着るシャツも夏素材のものにしてあげれば、夏スーツの通気性の良さを妨げずに涼しく着こなすことができるでしょう。そこでおすすめなのが、麻のシャツです。

綿麻のシャツはふつうのスーツでも着こなしやすいドレッシーさを兼ね備えていますので、ふつうのシャツの代わりに使っても問題ないでしょう。麻100%のシャツは高級なものであれば滑らかで綿に似たサラサラ感とシルクのような光沢を持っているので、スーツに合います。安い麻は極端にカジュアルさがあるので気をつけましょう。

またネクタイも麻混にすれば、スタイルに統一感が出ますね。

tie your tie01

これはリネンとシルクの混紡の生地ですが、リネンらしい軽さとシャリ感が高級なシルクの滑らかさ、そして光沢感と合わさって非常にお洒落です。

 

いかがでしたか?

今回は夏のスーツ選びについてを書いてみました。是非参考にして、真夏を乗り切れるスーツを見つけてくださいね!