【メンズ】夏にお洒落で涼しいシャツ着こなし

夏にシャツをかっこよく着たい!

ちょっとシンプルになり過ぎてしまいやすく、かといって工夫しようとすると暑くて着ていられない夏のメンズファッションですが、シャツならば涼しくお洒落に着こなせる可能性大です。

今回はちょっと大人っぽく綺麗なシャツ着こなしを中心に、夏に涼しくお洒落で女子ウケの良いコーディネート、着こなしを紹介します。

プルオーバーシャツを一枚で着よう!

summer shirts01

夏に最も涼しく、しかもお洒落に決まるシャツの着こなしといえば、プルオーバーシャツ。

プルオーバーシャツはカプリシャツやポロシャツなどを含めた、前が全部開かず、かぶるように着るシャツを差しています。上の写真のカプリシャツは特に、イタリアで大ヒットしてからどんどん日本でも注目度の上がっているアイテム。

リゾートライクで非常に軽やかなリラックスしたシャツなのに、ちょっと綺麗な印象とドレッシーな雰囲気も兼ね備えているそのバランス感が、大人の夏の着こなしにピッタリなんですね。

ちなみにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、アクセントで長めのメッシュベルトを垂らしています。リラックスした雰囲気だけど、イタリアの人気ブランド、ラルディーニのベルトのしっかりとした質感が、大人っぽさを引き立てています。

カプリシャツを選ぶときのポイントは、できるだけ質がよくてシンプルな装飾の少ないものを選ぶこと。カプリシャツは少し変わったデザインのシャツなので、そこにさらに装飾がついていたり、シャツにアクセントカラーが入っていたりしてしまうと、ちょっと子供っぽい印象になってしまいます。

むしろ、生地の色柄を生かしたシンプルな作りで、滑らかで光沢のある麻のカプリシャツを選んであげると大人っぽい色気が出るでしょう。

capri shirts

こちらはマリオムスカリエッロというイタリア南部、海のほとりの都市ナポリのブランドの作るカプリシャツ。そもそもカプリシャツというのは、ナポリ人を始め多くのイタリア人が訪れる、ナポリ近くのリゾート島であるカプリ島をイメージしたスシャツです。

なのでナポリのブランドが作るカプリシャツは、最もカプリ島の近くで作られてるシャツとも言えますね。地中海の空気をまとって来るようで素敵です。

麻100%のシャツは涼しい

summer shirts03

もう少ししっかりとした印象のある着こなしをしたい大人なメンズには、断然リネン(麻)100%のドレスシャツがおすすめ。女子ウケ抜群の綺麗めファッションを夏に落とし込んだ、お洒落度の高いスタイルです。

ドレスシャツというのはそもそもスーツにあわせるシャツのことを言いますが、実際にはカジュアルシャツと明確な定義の線が引かれているわけではありません。

ここでおすすめしたいのは、言わばポケットがついていなくて、襟のしっかりしたスーツに使うようなすっきりとしたシャツでありながらも、カジュアルな生地や色柄のもの。

シャツは上のシャツのようにややふんわりとしたふくらみや質感があるとエレガントに、またピッタリとしたサイズで着れば若々しい印象になります。このあたりはお好みで決めると良いでしょう。

上の写真のシャツはチェザレ・アットリーニというイタリアのスーツで有名なブランドのシャツで、少し高級なだけあり流石に生地は滑らかで光沢感があり、作りも非常に綺麗ですね。

linen shirts01

アンティークのようなトリコロールの色合いが少しフェミニンな印象で、それとふっくらとした肩の部分のふくらみが合わさって非常に上品で少し可愛さのあるイメージですね。

ボタンダウンはカジュアルさを強調していますが、アメリカのカジュアルシャツのボタンダウンとは襟の大きさや生地感が違うために、ずいぶんと雰囲気が異なります。イタリアのボタンダウンは、襟を立体的に立たせるような役割を持っています。上の写真の襟に注目してみてください。

パンツはシャツの色が映えるシンプルなデニム。

pt05 jacob coen07

ヤコブコーエンというブランドのデニムで、岡山のデニムをイタリアのブランドが取り寄せて作っているという逸品。極細の糸で入る繊細なステッチが、非常に上品な印象を漂わせています。

シルエットは綺麗なテーパードですが、決してやり過ぎな細さではない。ジャケットやドレスシャツに合うシルエットが非常にかっこいいですね。

白シャツにはスカーフでアクセント

summer shirts02

20〜22歳の女子の何人かに尋ねてみて、やっぱり人気が高いのが白シャツですね。デニムに白シャツのオーソドックスなスタイルは、着る人の雰囲気があっていればとてもお洒落に決まります。

まず用意すべきは上質な白シャツ。シンプルなスタイルなので、やはり品質は大事です。写真のように胸ポケットや前立てなどがついておらず、襟がやや大きめで綺麗なものを選べば大人の色気のある着こなしになりますし、襟が小さめでボタンダウン、ポケットなどがついたアメカジ風のシャツにすれば非常にカジュアルな着こなしになりますね。

今回のシャツは前者のタイプで、イタリアの有名なシャツブランドであるBARBA バルバというところの、ざっくりとしたオックスフォード生地を使ったシャツです。

さきほどのリネンシャツの着こなしと同じデニムを使って、白シャツに変えました。もちろんそのままでもかっこいいですが、ここで一工夫すると夏のメンズファッションにありがちな「品薄」な着こなしから、お洒落なシャツ着こなしにできます。

それがスカーフですね。

夏にスカーフなんて暑くて無理無理!と思われるかもしれませんが、上の写真のような薄く編み目の広い麻やシルクなどのスカーフであれば、実は涼しく着こなすことができます。

arianna-scarf06

特に上のスカーフは野生のシルクを用いた、ざっくりとしたモヘヤやリネンのような質感が特徴なので、手触りも涼しげです。

また上の写真のように、スカーフがあまり肌に触れないようにさらりと巻くのも良いですね。メンズがスカーフを使うときには、さらりと流して身体の縦のラインを強調するのが大事です。

 

いかがでしたか?

今回は夏に着てお洒落で涼しいシャツのコーディネート、着こなしを紹介しました。大人っぽくシンプルで軽やかなシャツ着こなしに、ぜひ挑戦してみてくださいね。