【具体例】スーツの上着を使ったジャケパン着こなしでモテる!

「スーツの上着はジャケパンには使えない」と一般的には言われていますが、SafariやLeonなどの雑誌を見ればイタリア人やアメリカのセレブのお兄さん達がスーツの上着をカジュアルに着こなしています。

そういうわけでどんなスーツで、どんなジャケパンを作れるのか考えてみましょう。

スーツの上着をジャケパンで着るときの心得

スーツの上着、ジャケットをジャケパンで着るというのは上級者の着こなし。

ちゃんと心得を持って着こなしに取りかからなければ、失敗してしまいます。

もう一度、スーツの上着でジャケパンを着こなすときのコツを確認しておきましょう。

①スーツの上着をカジュアルジャケットに落とし込むのが重要

スーツの上着をジャケパンで着るときの一番のコツは、それがスーツの上着だと感じさせないことです。そのためにはある程度カジュアル寄りのジャケットを選びましょう。

②トップス(上半身)とボトムス(下半身)のまとまりが命

生地感やツヤ感がパンツと違いすぎないようにして、パンツとの相性を完璧にしましょう。

上半身と下半身をいかに自然に馴染ませ、「そういうものだ」と思わせるのがスーツの上着をジャケパンスタイルで使うときのコツです。

③適度に気崩す

例えばカジュアルなスカーフを着用したり、ブーツを履いたり。

はたまた派手な柄のドレスシャツを合わせるなどして、カジュアル感を演出するのが重要です。

ジャケパンに使いやすいスーツの上着はどれ??

suit1

まずはどんなスーツの上着がジャケパンに使いやすく、使いにくいのかを考えてみましょう。

実は意外と使いやすい、にくいは簡単に分かります。

①紺・黒で細いストライプのスーツは使いにくい

紺や黒のスーツで、下のような薄くて細かいストライプの入ったものは、スーツとしてセットアップで着て初めて魅力が出るようにデザインされたジャケット。

なので単体でジャケパンに使うと、「スーツの上着を切り離してしまった感」があり、違和感が出てしまいやすいので、使いにくいと言えます。

suit3

②グレーは基本的に使いやすい

グレーのジャケットはジャケパンとして使いやすい傾向があります。

基本的には無地のもの、あるいは幅の広いストライプ、チェック柄のものなどがおすすめ。

suit-sleeve

③間隔の広い、はっきりとしたストライプは使いやすい

下の写真に見られるようなピンストライプなどの間隔が広くてはっきりとしたストライプは存在感があり、カジュアルっぽさがあります。ジャケット単体でも魅力があるのでジャケパンに使いやすいです。

suitings-500

④ナチュラルなシェイプのジャケットが使いやすい

以下の写真のような、肩がしっかりとしてはっきりとしたシルエットを持つスーツはやや、ジャケパンには使いにくいと言えます。

3000-ermenegildo-zegna-suit-italy1

綺麗目のパンツなどと合わせれば勿論使えないことはありません。

でもナチュラルなショルダーラインのスーツの方がジャケパンには使いやすいです。

suit-grey-navy

スーツと合わせてジャケパンにしやすいパンツは??

スーツはけっこうフォーマルなので、綺麗目なパンツが合わせやすい。

おすすめはセンタークリースの入ったチノパンです。

bottoms5

こちらはバーバリーブラックレーベルのチノパン。

シルエットはスリムで流れるようなライン、素材は綿でありながら細番手の糸を使っているので光沢感があります。こういった滑らかさのある生地のパンツは特に相性が良いでしょう。

あるいは、ややカッチリとしたカジュアルパンツもOK。

paulsmith-jacket1

また、ジーンズもありです。

紺のジーンズと特に相性が良いのは、グレーのジャケット。

DSC_4404

気をつけていただきたいのは、いかにもスーツっぽさのある光沢感のスーツジャケットはジーンズと相性が良くないと言うこと。

基本的にジーンズは光沢無しでマットな質感なので、ジャケットのツヤ感が浮いてしまい分離感が出てしまう。

すると、「えっ、それスーツじゃん。なんでジーンズで着てるの??」と言われてしまう可能性も。

逆にシルク混などの光沢感であれば、問題ないですね。

実際にスーツの上着でジャケパンにしよう

まあいつまでも理屈や相性の話ばかりしていてもつまらないので、実際にやってみましょう。

黒無地(シャドーストライプ)のスーツ上着ジャケット+白ジーンズ

DSC_7005

黒のスーツの上着を使ったジャケパンを必ず成功させたいなら、白パン+ストライプシャツがおすすめ。

だいたいうまく行く組み合わせです。

スーツの上着を使うときに限ったことではありませんが、ジャケパンで重要なのはトップスとボトムスでメリハリをつけることです。黒と白の組み合わせは最もコントラストがハッキリしているので、逆にこなれた感じがありますね。

サキソニー生地のスーツ+ウールスラックス

jacketpant022

サキソニーやフラノのような秋冬素材のスーツはカジュアルに使いやすい。

このようにウールのスラックスと組み合わせるのは、かなりカタめですが定番のジャケパンスタイルですね。

ブラウンの中でもガンクラブチェック柄のようなトラディショナルな柄の入ったジャケットは、グレーのパンツとの相性が非常に良いです。

グレーのストライプ柄スーツ+ロングスリーブ

jaketpant-style19

シンプルに決めたいのなら、無地のカットソーやロングスリーブにジャケットを合わせましょう。

この際ナチュラルなショルダーラインで、ストライプ柄の入ったようなカジュアル寄りのスーツの上着を使うのがコツです。

また若い人の場合は特に、このままでは流石に物足りないのでスカーフなどを合わせるのもおすすめですね。

グレーのストライプ柄スーツ+カジュアルネクタイ+ベージュのチノパン

DSC_3869

スーツの上着をやや上品なチノパンと合わせる着こなしは無難で安定感があります。

でもそのままだと、ともすると年配の方みたいになってしまうかも。

その場合はカジュアルで派手なネクタイを組み合わせれば、とってもお洒落なジャケパンになります。

 

いかがでしたか??

一般的にはNGとされているスーツの上着を使ったジャケパンですが、気をつけるべきことを知れば意外といろいろ着こなせてしまうものです。

ぜひ挑戦してみてくださいね!