【完全版】スーツの人気ブランド88選

とにかく出来るだけ多く、詳しくスーツのブランドが知りたい!

という方のために、メンズファッションの専門ライターが経験とレビュー、知識に基づいて88つのスーツブランドを一挙に紹介します!

イタリアの人気スーツブランド

さて、まずは雑誌や各種媒体を騒がせているイタリアのマシンメイドの人気スーツブランドをまとめていきましょう。

これらのブランドは時期によって仕立てが変わったり、生地のグレードが様々であったり、セレクトショップの別注によって変幻自在であったりと、もはや何でもありの世界です。

人気で知名度はありますが、買う際にはしっかりと自分で品質を見極めるようにしましょう。

1. ボリオリ

boglioli

イタリアのジャケットと言えばこのブランド、と言われるほどの知名度と生産量を誇るボリオリは、スーツもやはり人気ですね。

最近は他のブランドに押され気味で、以前ほどの勢いは感じられませんが、それでもどこのセレクトショップでも扱っている定番ブランドです。

スーツよりもむしろ、普段メンズファッジ等の雰囲気のカジュアルを着ている人が、何気なくに使えるテーラードジャケットが欲しいときには良いかもしれません。

2. ラルディーニ

004-Lardini-Spring-Summer-2015-at-Pitti-Uomo-86

ラペルに花がついていることで有名なラルディーニ。このブートニエールが火付け役となって、各ブランドが自社の個性をピンに表現するようになりました。

現在ではセレクトショップに行くと、ラペルにボタンのようなものや、金属製のアイコンのようなものがついたジャケットばかりですね。また個性的な大柄チェックのジャケット等もこのブランドがきっかけでブームになりました。

スーツでは花がつけられないのと、大柄なチェックが使えないので、そこまで人気は高くないかもしれません。

3. タリアトーレ

tagliatore

この価格帯のマシンメイドブランドの中ではわりに本格的な仕立てを特徴としており、イタリア本国でも人気の高いブランドなのがタリアトーレです。

もちろんイタリアで流通しているものほど高品質のスーツを買うことはできませんが、日本のセレクトショップでも多数展開されており、スーツを買うならボリオリやラルディーニよりもおすすめです。

4. ルビアム

lubiam

L.B.M. 1911等のブランド名で展開されているルビアムは、イタリアでも古参のファクトリーブランドです。

独特の味のある生地を用いたジャケットが人気で、特にコットンジャケット、チノパンなど綿を使ったアイテムに定評がありますね。

スーツでは中々見かけることのないブランドですので、カジュアルに使うジャケットを買うのにオススメです。

5. カンタレリ

cantarelli

カンタレリはこれらのブランドの中では比較的長く続いているブランドです。昔からバーニーズニューヨーク等で取り扱いがあり、スーツには定評がありましたね。

ボリオリのブレイクもあり、現在のイタリアブームが始まってからイメージを刷新。これまでの仕立て屋然としたオーセンティックなスーツはやめ、トレンドに合わせたジャケットやスーツを作っています。

今ではタリアトーレなどと同じく、人気のブランドとなっています。

6. イザイア

Isaia_SS13_9

イザイアは、ナポリ発祥のファッションブランドです。ボリオリやラルディーニなどよりも少し高い値段ですが、より本格的な雰囲気のある仕立てになっています。

このブランドは特に色彩的にお洒落なものが多く、チェック柄などイタリアブランドならではの雰囲気です。最近ではセッテピエゲのネクタイやシャツにも力を入れていますね。

東京にも直営店をオープンし、大変儲かっているようです。

7. ミケランジェロ

michelangelo

ミケランジェロはイザイアの兄弟ブランドで、より低い値段でナポリらしいディティールを求める人に人気があります。あまり見かけることは多くないかもしれませんが、特にエディフィスで展開されていますね。

ミケランジェロでスーツよりも、むしろ評価が高いのがチェスターコート。

軽い仕立てで羽織るように着ることのできるミケランジェロのコートは、ここ数年で隠れたブームとなっていました。

8. エイドス

eidos

エイドスは、イザイアの兄弟ブランドであるミケランジェロの兄弟ブランドです。マトリョーシカのような言われようですが、まあ良くある話ですね。

ミケランジェロよりも更にコストダウンして、よりお手軽にしたブランドでしたが、最近は値段が上がってきたので、ミケランジェロもエイドスも一緒くたです。

エイドスはアンコン仕立てで人気ですね。

9. ディペトリオ

gaiola

以前はガイオラという名称で展開されていたブランドが、創立者の名を取ってデペトリロとして再スタートしたのがデペトリロ・サルトリアナポレターナ。

値段帯的にはボリオリ等とほぼ同じですが、後ほど紹介する名門のサルトリアであるアントニオ・ラ・ピニョッラの元で修行をした人物の手がけるブランドだけあり、他のブランドよりも仕立ては本格的だと評判です。

袖付けやステッチワークなどが、ナポリを感じさせていい雰囲気ですね。

10. ヴァルディターロ

valditaro

『大人になれる本』がイタリア服、最初の一着に自信を持ってオススメするのが、こちらヴァルディターロ。SHIPS シップスで展開されています。

後ほど紹介するラファエル・カルーゾを手掛けるマコ社が作る、高品質なスーツやジャケットは、値段こそ他のマシンメイドと同等ながら、非常にクラシックでセンスの良いシルエットで、生地もロロピアーナ等の良質なものを採用しています。

なかなか本当に品質の良いものに出会うことのできない値段帯で、素晴らしいシルエットと生地のスーツやジャケットを作り続けるヴァルディターロは、やはりおすすめです。

11. THE GIGI

Gigi-1

大ヒットしたブランド「ボリオリ」の立役者であるピエルイジ・ボリオリが独立し、立ち上げたブランドがTHE GIGIです。

このブランドの特徴は特に、他のブランドでは見られない斬新な生地使い。

毛むくじゃらのように見える毛足の長いモへヤや、カセンティーノなど、レディースでメインに使われているような生地も積極的に用い、極太ストライプや大胆チェックなどを次々に発表している「デザイナーブランド」です。

スーツを買うのはもったいない、デザイン重視のブランドですね。

12. エルネスト

MensReverie-Pitti83-Ernesto-Bommezadri-FW13_03-600x400

エルネストもまた、デザイン性に富んだ生地を積極的に採用することで人気なブランドですね。

オスカー・ワイルド1895年に発表した戯曲の主人公エルネストは、嘘を突き通すために更に嘘をつき、嘘が誤解が呼び、という大変な喜劇ですが、なるほど遊び心のあるジャケットばかりを発表しています。

ボタンがエルネストのeだったりと、デザイン性が欲しい人にはおすすめですが、やはりスーツよりもカジュアルジャケットの方がエルネストらしさを楽しめるでしょう。

13. ジャンフランコ・ボメザドリ

MensReverie-Pitti83-Ernesto-Bommezadri-FW13_05-600x400

GFB ジャンフランコ・ボメザドリは、伊勢丹などで扱われている比較的歴史の長いファクトリーブランドです。

20世紀中頃に始まったファクトリーで、培ってきたノウハウを活かした仕立てと、ウールなど天然素材を使った生地の良さがこの値段帯では支持されています。

アンコンでコンパクトなスタイルのスーツをメインとしています。

14. コルネリアーニ

corneliani01

こちらはブレのない安定したスーツ作りで定評のあるファクトリーブランドですね。

イタリア、ミラノの最高級ブティックが集まるモンテナポレオーネ通りに店舗を構えるだけあり、多くの著名人から支持されているブランドです。

コルネリアーニのスーツはイギリススーツの影響を色濃く受けたミラノスタイルを、マシンメイドで高品質に再現したものです。