【メタボを隠す】体型別スーツの選び方【体格をよく見せる】

身長の割に横幅が広い……。

お腹がどうしてもポッコリしている……。

そんな悩みを持っている人にとって、体型がもろに出てしまうスーツは敵でしかありません。でもかっこ良くきこなしたい、そんな人のためにある程度メタボ体型をごまかすテクニックがあります。

メタボを隠すにはどんなスーツ??

メタボの人はどんなスーツを着ると良いのでしょうか??

◯やや派手目なストライプで「縦」を強調!

メタボな人、特に身長に対して横幅が大きすぎる人の問題はつまるところ「横」のイメージが強すぎてしまうことです。

そこでやや派手目なストライプのスーツを着ることで、全体的に「縦」を強調するのがおすすめ。

横ストライプのスーツなんていうのはあまりメジャーでないので間違えて着てしまうことは無いかと思いますが、大柄なチェックなどもやめておいた方が無難でしょう。

navy-and-red2

◯ある程度体にフィットしたスーツを

メタボだからと言って緩くてだぼだぼなスーツを着てしまうと、よりメタボが強調されてしまいます。

またメタボなだけならともかく、だらしないイメージまでつけられてしまうのも嫌ですよね。

メタボの人こそ適度に体にフィットしたスーツを着て、しっかりとボタンを締めるようにしましょう。

×

suit1

suit2

◯濃い色のスーツが良い

明るい色=目立つということから、メタボで体の大きい人が明るい色のスーツを着ると面積が大きく見えてしまい、威圧感が出てしまいます。

ですから着るスーツは濃い色がおすすめ。

でも「黒」の塊がでーん!となるのもちょっと迫力がありすぎる。無難にダークグレーか紺などが良いでしょう。

suit3

ひょろい瘦せ体型をなんとかしたい人のスーツ

瘦せマッチョが多くの女性の理想的な体型であることは周知の事実ですが、痩せすぎていて、胸板も肩幅もなくて悩んでいる人は多いはず。

ですが実はスーツは、痩せている人を脚色して体格を良く見せるのに適した服。

ただしく使えば体格をぐんとよく見せられます。

◯ウィンドウペンなど大きな柄に挑戦!

大きめの柄の入ったスーツは、その人自体もやや大きく見せるような効果があります。

ストライプのスーツなどは縦ばかりを強調してしまうので、細すぎる体型に悩んでいる人にはあまり適していません。

ウィンドウペンをはじめ大きな柄の入ったスーツや、それが無理そうなら無地のスーツを選ぶのが良いでしょう。

◯厚めのベストで立体感を作る

胸板が薄い人は元来、西洋人の体型に合わせて作られたスーツが似合いません。

スーツは肩幅と胸板があり、立体的な体型だからこそ似合う服。

でも厚めの生地のベストを着ることによって体格をよく見せることができます。他にも冬であればセーターやカーディガンなどを入れてみてもいいかも。

vest5

◯ブリティッシュトラッドな肩のスーツにする

英国調のスーツは肩のパットがしっかりとしていて、立体的。肩の幅や厚さをちょっと盛ることができるわけです。

あまりになで肩な人でなければちょっと肩が大きめでも着こなせるはず。ぜひブリティッシュトラッド寄りの肩がしっかりと張ったスーツを選びましょう。

ちなみにアメリカ系のスーツは肩のパットが薄く、イタリア系のスーツは肩がややなで肩気味であることが多いようです。

スーツを買うときに、スーツショップでイギリス系のスーツを出してもらうか、英国発祥ブランドであるバーバリーやポールスミスに行くのがおすすめ。

↓ポールスミス(手前)とバーバリー(中間)のスーツ

suit5

いかがでしたか。

これでメタボ気味体型も、ひょろい痩せ過ぎ体型もカバーできますね!

スーツだからこそ出来るテクニックもありますので、ぜひ積極的にスーツを着ていきましょう。