古典的サブカル系男子の特徴10個まとめ

「サブカル系男子の特徴4つまとめ」という、割りとお洒落に寄ったサブカル男子の特徴を紹介しましたが
今回は、古典的なサブカル系男子(昔、中学のクラスに1人位居たような)の特徴を紹介します!

本屋のノンフィクション本コーナーが好き

「キリスト教の隠された真実」「◯◯◯◯事件の全真相とは」「面白い✕✕✕特集」といった本を立ち読みする。
一度は「月間ラジオライフ」を買ったことがある。アマチュア無線やハッキングに興味がある。
ここで道を間違えると無線や電工が好きになり、正しい道へと戻る。

d00566492656909ce93aadd4c89048e4

現代アートが好き

「退廃的な~」といったテーマの作品や、「東京幻想」のような現代の都市が廃墟になったイラストが好き。
自らもチャレンジしようとするが、全然描けずに挫折する。
机の引き出しの奥に当時の絵の具が残っている。

20140216

ゴシック風なカフェが好き

実は、ゴシック風なモノトーン配色のカフェが好き。重厚感のあるソファーやアンティークな家具があこがれ。
カフェで働くゴスロリな格好の女の子が彼女だったら・・・。と妄想をする。
他にもお店に来てる女の子に強い興味を示す。カップルが気に食わない。

20140216-2

コンビニの文庫コーナーが好き

「世界の最強銃器100選」や「交通違反から逃れる方法」「世界の戦闘機辞典」といった本を立ち読みする事がある。
結局買わずに、少年誌を手に取る。
たまに日本史や世界史の本で役に立ちそうだと思うと買う時もある。

51LMtAxRdaL._SS500_

古書に興味がある

絶版で半世紀以上前に出版されたような古書に興味がある。
よくわからない古本屋で、一冊買って読まずに机にしまう。
暗い書斎で積み重なった古書に挟まれながらコーヒーを飲みたい。と妄想する。
実際に好きな愛読書はだいたいマイナーなラノベ。

666214-old-book-yellow-aging-paper-parchment--antique

外国の特殊部隊などが大好き

イギリスのSASは・・。などと、外国の特殊部隊が大好き。
Youtubeで検索したり、まとめてあるものを見るのが好き。
テレビの特番で流れていると、「お?これは◯◯の部隊か」など心の中で思う。
中でも特にフランス外人特殊部隊が好き。

DSC_1363

マイナーな外国語を話したがる

ゲール語やカタルーニャ語などヨーロッパの一部でしか使われていない言語のフレーズを覚えたり
単語を覚えたりする。他にも英語やスペイン語のスラングも大好き。
行ってみたい国は?と聞かれると反射的にマイナーな国を上げる。

航空ショーや電車のイベントなど稀に参加する

普段は全然興味がないのに、「退役航空ショー」や「63年間ありがとう!最後の運行」といったような
コレ以降見ることができないようなイベントの場合は、強く興味を惹かれてイベントに参加する。
惑星探査機の「はやぶさ」が出発する時は、誰も興味がなかったのに、帰って来た時だけは
ありがとう!おかえりなさい!と言って泣きながらテレビにすがりつくのと同じ現象。

薬学に興味を示す

向精神薬や、睡眠薬などに興味を示す。
友達との話題で薬の話が出ると、デパスが~、パキシルが~、リタリンが~と目を輝かせて話す。
サプリメントをこっそり飲んで、浸る。誰にも自慢していないので、厨二病とは違う、と心の中で思う。

IMG_2544

ヘッドホンが好き

国内メーカーではなく、モンスタービーツの赤いヘッドホンや、ベイヤーダイナミックのプロ用ヘッドホンを買う。
インピーダンスという言葉は知らないけれど、音質が素晴らしい!と大満足する。
アイポッドではなく、東芝gigabeatなどの古いMP3プレーヤーを愛用する。
最近のアイポッドより、この方が音が良い、と信じてやまない。

IMG_2545

ってなわけで、「古典的サブカル系男子の特徴9つまとめ」でした。
あまり深く入りこなまいように注意しましょう。