ストリングスがカッコいい邦楽・洋楽ロック5選

ストリングスがかっこ良くて、感動的な曲を聴きたい。それもバラードではなくて、ロックやちょっとテンポの速い曲のやつですね。需要はありますが、意外と見つけようと思うと難しいです。

そんな人におすすめなストリングスがかっこ良い邦楽と洋楽のロックをまとめました。

花になれ – flumpool

イントロから格好良さ全開のストリングスのカッコいい曲といったらこの曲。

リズム感の良いミュートのギターの音と少しトリッキーなドラムのリズム、それに優しく爽やかで、それでいて少しけだるいようなボーカルの声がストリングスと相まってカッコいいです。個人的にはそれほど聴くことのないflumpoolですが、この曲はヘビロテです。

サビで登場する一瞬の転調やドラムのフィルイン、二番Aメロのギターのアルペジオ、一瞬のブレイクなど曲の構成やテクニックも流石ですし、聴く人を引き込むものがありますね。エンディングへの運びも綺麗で感動的です。

爽やかななのに感動的なサウンドの「花になれ」はストリングスが好きな人にイチオシの曲です。

insomnia – the HIATUS

もっとドラスティックで、恐ろしく心に残る映画を見ているような気分で聴けるストリングスを探しているのであれば、the HIATUSのinsomniaを聴いてみましょう。

エルレガーデンの後にボーカルの細見さんが立ち上げたこのthe HIATUSというバンドは、かなりハードなサウンドでちょっと取っ付きにくさがありますが、この曲はシンプルにストリングスがかっこ良く、かすれるようなボーカルが鳥肌もので、日本を代表するインストバンドであるtoeで有名な柏倉さんのドラムがエモーショナルです。

曲作り、バンド、ボーカル全てがものすごくハイレベルで、あっけに取られてしまう。特にサビの前の一瞬のブレイクから音圧全開のサウンド。破壊力があります。そしてそのサビのあとのストリングスは生音感が強く、普通のJポップのストリングスとは使い方のレベルの違いを見せつけてくれます。

Viva La Vida – Coldplay

もはや音楽好きで聴いたことのない人は少ないであろうColdplayの名曲、Viva La Vida 美しき生命ですが 、この曲のストリングスもしっかりと聴いてみると綺麗です。

特に歌の後ろで流れていくストリングスのフレーズはシンプルながらもハーモニーも、メロディラインも綺麗で、同じくシンプルな歌と相まって本当に美しい。

4つ打ちのリズムと時々入るティンパニ、ストリングス、様々なサウンドエフェクトが非常に大きなスケール感を感じさせます。歌詞もしかりですが、この曲にはちょっとファンタジー的な要素がありますね。

なんとなく雰囲気で聴いて良いなと思ってしまうColdplayのViva La Vidaですが、ストリングスに注目して聴いてみるのもありですね。

No Reply – Cowboy Bebop OST

交錯するストリングスがカッコいいこの曲は、少し前の名作アニメcowboy bebop カウボーイビバップのために菅野よう子によって作られた曲です。

スティーヴコンテという歌い手の男らしくも切なさのある声と、菅野よう子ならではの少し癖のある音使い、それに迫力のあるストリングスとサウンドエフェクトが、意外にスタンダードなサウンドのギターとドラムと相まって、絶妙にカッコいい。

特にブリッジのストリングスの上り詰める雰囲気は、かなりぞっとしますね。ちょっと不協和音チックな運びが菅野よう子らしい音使いです。

アニメを知らない人にも是非聴いてもらいたい隠れた名曲です。

This Life – Pay money to my pain

日本を代表するラウドロックバンドであるPay money to my painの、remember the nameというアルバムの1曲目にあたるThis Life。さりげなくストリングスの入る曲ですが、その使い方が美しくかっこいいですね。

エモーショナルなギター、ドラマティックな歌、どれをとっても名曲です。

ちょっとラウドな曲の多いこのバンドですが、This Lifeは誰でもカッコいいと思える曲ではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

今回はストリングスのかっこいい曲をまとめてみました。ここで紹介したアーティストの別の曲もかっこいいので、聴いてみてくださいね!