春におすすめのジャケパン着こなし

そろそろ春も近づいてきましたが、春ファッションの準備は整っていますか??

いつまでも冬っぽさのある着こなしをしていては、お洒落じゃないと思われてしまいますよね。

今回は春らしいテーラードジャケットの着こなしを紹介します。

冬物ウール素材のジャケットを春にジャケパンで着る

ウール素材の中でもフランネルやサキソニーなどの生地は代表的な秋冬向け素材。

でも、色が明るめで薄手のものならウールのジャケットも春先まで着られるのです!

DSC_8128

例えばこのSHIPSのフランネルジャケットは薄手で、見ての通り色合いが明るめ。白やベージュのチノパンと合わせれば、3月の下旬から4月の中旬の春のジャケパン着こなしに最適。

ただし先ほど説明しましたように、フランネルやサキソニーなどの生地を使ったジャケットで春に使えるのは、薄手で明るい色合いのものがメイン。

ブラウンなどのいかにも秋冬っぽい色のジャケットは、春先にはやや重々しすぎてしまいます。

DSC_8129

秋物ジャケットは明るい色と組み合わせて春に着回し

秋物のジャケットというのは色合いがややダークで、薄手なものが多いです。

そういった秋物のテーラードジャケットを春のジャケパンスタイルで着こなすには、明るい色のシャツやパンツと組み合わせるだけでOK!

例えば以下のジャージ素材、ワインレッドのテーラードジャケット。

DSC_8131

ワインレッドやボルドーなどは紅葉を連想させるため、主に秋ものとして出てくるカラーです。でも明るい青のカジュアルなストライプと組み合わせ、淡いベージュのチノパンと合わせればこの通り。

春にも十分着られるジャケパンになります。

4月下旬〜は春夏向けジャケットをフル活用

同じ春でも4月下旬になればもう夏のような気候に。

そういうときには麻やオックスフォード地などの夏物生地を使ったジャケットを積極的にジャケパンコーデに取り入れて、春のジャケパン着こなしを爽やかに決めましょう。

DSC_7083

こちらは綿麻のジャケットをカットソーで着こなすジャケパン着こなし。春にピッタリな着こなしですが、写真のように袖をまくれば真夏でも着られます。

jaketpant-style63

濃い色でも、紺は春夏に使いやすい色。

春のジャケパンコーディネートは全体的に明るい色味にするのがコツですが、度が過ぎると落ち着きのない着こなしになってしまう。紺を上手に取り入れるのが重要です。

また、紺を組みあわせるのに相性が良く、春らしい色といえば明るいグレーです。

DSC_7687 2

軽さを重視した、爽やかなコーディネートでいきましょう。

 

いかがでしょうか。

春先はジャケパン着こなしで悩むことの多い時期ですが、逆に言えば上手く色や素材感を考えればいろんなジャケットやパンツを着回し出来ます。

春を楽しみましょ。