春のメンズファッション着こなし

どんなファッションで乗り切る!?

というわけで春のメンズファッションの参考になるページを作りました!

 

今年はまず サマーニットを1着!

 

今季のマストアイテムはサマーニット。

もともとニット編み物のことで、秋冬の代表的なファッションアイテム。素材であるウールを麻や綿で代用したり、編み方を工夫して涼しげにしたのがサマーニット。

レディースで人気のサマーニットですが、最近になってメンズファッションでも流行っています。

DSC_7989

 

その魅力はざっくりした暑さを感じさせない着心地と、誰にでも似合い、いろんなメンズファッションに使える着回しの自由度。

上の写真のようにシンプルなカットソーの上にさらりと着るだけでサマになります。

また、カジュアルシャツとの相性も抜群ですね。

 

全体が殆ど同系色のシンプルな着こなしながらも、サマーニット自然な色合いがアクセントになってバランス良し。

そういうわけでサマーニットはメンズファッションにおいても絶対に持っていて損のないアイテムです。

 

 

カーディガンでシンプルに

 

カーディガンを使ったシンプルな着こなしは、20代や30代のカジュアルにおすすめ。

どんな人でもシンプルにカットソーやシャツと合わせるだけでお洒落に着られるのがカーディガンの魅力です。

春夏にぴったりの色は紺などのブルー系やピンク、ベージュなどです。

capli02

誰にでもおすすめだとは書きましたが、実際にはこういったカーディガンスタイルは細身の人に特に利点があるかもしれません。

というのもカーディガンは体型の華奢さをさっくりとカバーしてくれます。

肩幅が広くてやや筋肉質の人にはウエストラインを絞ったテーラードジャケットのような服の方がおすすめ。ウエストが絞られていない上のようなカーディガンの着こなしだと、そこに肉があるように見えて太って見えてしまうかも。

また、多くのカーディガンのアームホール(袖)は小さめで、筋肉質な腕だと入らないか、ちょっとピッチリとしてしまうかもしれません。

 

また、カーディガンはチェックシャツなどカジュアルシャツとの相性も良いですね。

チェックシャツはそのままで着てしまうとあまりお洒落に見えないことも多いアイテムですが、このようにカーディガンを上に着れば見える範囲が狭くなるためチェック柄が「アクセント」になる。

結果的にお洒落に見えます!

cardigan5

さきほどの写真では腕をまくっていましたが、これは腕が若干太めの人におすすめのカーディガン着こなし方。

腕が細めの人はまくらない方が似合います。

 

 

柄ブルゾンは柄を活かす着こなしを!

 

今回用意したのはフード付きのブルゾン。

薄手の綿100%のグレンチェック柄で、春から秋にかけて使える便利なブルゾンですね。

そんなブルゾンを着こなすときには柄を活かしてあげるため、インナーをシンプルなものにしましょう。

DSC_8018

おすすめはやっぱり無地のカットソー(Tシャツ)。

派手な柄のTシャツなどを入れてしまうとスマートに見えず、ちょっとセンスがない着こなしになってしまいがちです。

どうしてもちょっと物足りない気がしたら、薄い色でパターン(ストライプやボーダーなど)のものを選ぶと良いでしょう。

 

例えばストライプ柄のドレスシャツで、ちょっと綺麗目に着こなしてみるとこんな感じ。

DSC_8021

薄い色のストライプシャツを選べば、まとまりがあってごちゃごちゃにならない着こなしになります。

おすすめは薄いグレー、薄いブルー、薄いピンクなどです。

ドレスシャツに合わせて靴やベルトを代えても良いですね。また、デニムも今回のものはややワイルドなので、シンプルなものに替えるのもおすすめです。

 

 

麻シャツで雑誌Safari サファリ風着こなし

 

麻のシャツはシワになりやすく、あまりシェイプがかっちりと決まりにくいという特性があります。

でも春夏に着るんだから、せっかくならそのラフさを活かした着こなしをしてしまえばOK。

そういうわけで、メンズファッション雑誌の代表的なものの一つであるSafari サファリに出てくるようなワイルドでラフな着こなしをしてみましょう。

shirts

こんな感じで、あくまでラフに。

麻100%のシャツでカッチリとした着こなしというのはやっぱり難しいことも多いので、ちょっと着崩してみることになる。 その着崩しのときに中途半端にしてしまうと、だらしない印象になってしまいます。

「あえてこうしているんだ!」

と言わんばかりにしっかり着崩してあげましょう。

 

もう一つ、ちょっと大人っぽく着るなら先ほど紹介したサマーニットとの組み合せ。

cardigan

 

着ている本人も見ている人も涼しいメンズサマーニットの着こなし。

ナチュラルな色合いを活かしてアースカラーっぽく決めていきましょう。

 

 

シャツはメンズファッションの基本

 

ちょっとしっかりしたシャツは単体で着ても様になる、メンズファッション永遠の定番。

1万円そこそこのものでも良いので、一枚は良いシャツを持っておきたいものです。

まずは細いストライプのシャツに、ベルトでアクセントを効かせて。

DSC_7992

シンプルでも小物にこだわり、Levi’sのような定番ジーンズと合わせればお洒落に決まります。

もちろんジャケットやカーディガンを合わせてもOKですが、自信のない人はこのままでも。

次は色でアクセントを入れていきましょう。

shinkan04

 

クレリックシャツの片方の裾をタックアウトし、ラフに着こなし。

タックインした方のジーンズのポケットに小判のスカーフを差して色のアクセントにしています。

ちなみにシャツを買うときのポイントは、サイズの合ったものにすること。

できる限りスリムなシルエットにすることで、シャツ単体で着ても凛々しい姿になります。

 

 

いろんなバリエーションのジャケパンを覚えよう

 

テーラードジャケットをチノパンやジーンズで着こなすのをジャケパンと呼んでいますが、実にさまざまなバリエーションあり。

ジーンズで着こなすものだけでも数種類は知っておくと役に立ちます。

メンズファッションには欠かせない着こなしです。

まずは綺麗目なジャケパンから。

jacketpants2

 

カジュアルテーラードジャケットにドレスシャツを合わせ、ネクタイをしたオーソドックスなスタイル。

ネクタイをニットタイにすることでカジュアルさと洒脱さを演出しています。

こういうちょっと綺麗目なジャケパン着こなしにするときには、靴やベルトも革にこだわってみると良いでしょう。もちろん慣れてきたらスニーカーなどでハズすテクニックもどうぞ!

 

でもそんなに決めた感じじゃない方が……というあなたにはカットソー+カジュアルジャケットの着こなしがおすすめ。

肩肘張らない感じのジャケパン着こなしができます。

jacketpants01

 

麻100%などカジュアルな素材のジャケットは特に、カットソーで着こなしやすいです。

若い世代において最も女子ウケの良いメンズファッションと言えば、ボーダーTシャツ+カジュアルテーラードジャケットの組み合せ。大人っぽさと若さを両立していて、バランスの良い着こなし。

このファッションは何系の女子にも大体受けます。

まあ多くの場合メンズファッションの最終目標と言えば女子にモテるということなわけで、知っておいて損はないでしょう。

jacket

この場合はグレー系ボーダーのTシャツに合わせて全体を青+グレーの定番コーディネートにしています。

知性的な印象もありながらノリの良い雰囲気なので、おすすめ。

 

いかがでしたか??

これで春のメンズファッション着こなしは終わりです。

今年度もお洒落に過ごしましょう!

 

【このページを読んだ人におすすめの記事】

メンズファッションの基本

【必見】オシャレな大学生になる方法

【大学生】着ているとモテるメンズブランド ランキングTOP10

モテる男の服装の特徴

【本当に良いの??】人気セレクトショップのリアルな評価

アウトレットで服を買うのは得か??

2014 夏のメンズファッション 必須アイテム5選

【徹底比較】ナノユニバース VS アーバンリサーチ【品質・値段】