【モテるのはどっちだ】デートは割り勘?それとも奢り?

cafe

デートで奢ろうとしたら断られる?

不思議なことに、筆者の私(男)の周りには一緒にカフェなどに行き、会計のときに奢ろうとすると断る女性が非常に多いです。

仲のいい年上の女性とお茶をするときに奢ろうとすると断られるのはまだ分かるけれども、5つも6つも下のまだ二十歳にもなっていないような女の子とお茶をすることがあったとき、断られたのには驚きでした。

デートのお会計のときには奢るべきか、むしろ割り勘にすべきか?

今回はそれについて考えてきましょう。

結論から言うと、人によって違いすぎて答えはない。

最初に結論を言ってしまうならば、残念ながらこの奢るべきか割り勘にすべきかという問題には答えがありません。ある女性は奢ってもらうのが当然で、少しでも払わせようとするのは不快だと言いますし、ある女性は絶対に奢ってもらいたくないと言います。

ですから大事なのは、どのような意見の女性がいて、どのような理由でどうして欲しいのか、バリエーションを知っておくことです。

奢り、割り勘のバリエーションを知っておけば、反応を見ながら瞬時に「この女性はあのタイプか」と理解できて、その場にあった会計を済ませることができる。

これが本書の狙いです。?

それではどんな場合があるのか?その理由と共に解説しておきましょう。

①全部奢ってもらって当然。

比較的多いのがこちらのタイプの女性ですね。理屈としては女性だから、デートは男性が女性をもてなす時間だから、というものがあります。

また「メイクにいくらかかってると思ってるの?奢らないならスッピンで来るよ」という超絶理論を展開している人もいるようです。

これを男が「俺の今日のジャケット(ゼニア)は30万円だし、この純白のメルセデスの維持費と今日のガソリン代に幾らかかってると思ってんの?」と言ったならば、間違いなく女子会でコケおろされるでしょう。

ということまあ、女の子だから、ということで理解しましょう。

色々もらっても素直にありがとー!といって受け取ったり、受け身で「デートコースはあなたが決めて、用意してください」という雰囲気の女の子はこのタイプであることが多いです。

②割り勘で払いたい

自立心のある仕事をしている女性に多いのがこのタイプ。歳に関係なく、割り勘で払いたい女性というのは少なくありません。

どうして?奢ってもらえばいいじゃん。と思うかもしれませんが、これには彼女たちなりの考えがあります。

一番多い理由は、借りを作らず対等な立場でいたい。ということですね。

男に何回も何回も奢られると、女性は精神的に借りを作っている気分になってしまうことが多いです。しかも男はその貸しを「カラダ」で回収することを望んでいる場合が大変多い。

そうすると、少なくとも興味のない男性にはできるだけ借りを作りたくないのが自立心のある女性の心理です。ちなみに器用な女性は貰うだけ貰っていなくなることができますね。

そこまで深い意味がなかったとしても、「奢ってもらうと次のお茶に誘いにくい」など何かしらの理由があります。

何度も奢るよ、といっても「払いたい」という女性には是非払ってもらいましょう。

③大まかに割り勘してほしい

男にとってやりやすいのは、これですね。例えば2850円のランチだったときに、「君は半分だから、1425円ね。ほら、早く?」という男性はいないかと思います。

ですが具体的にいくら、と計算するのではなく「じゃあ、1000円で良いよ」というように大まかに割り勘をしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

個人的にはもう何年も付き合いのある、親しい女友達とお茶することなどが多いので、こういった会計になる場合が多いです。

ランチ代は全部出してあげて、代わりにあとでお茶を奢ってもらう、などまあ適当な感じですね。

気の知れた女性と出かけるときはこのような会計はおすすめです。ただし人によってはこれが嫌いな場合もあります。

「奢るなら全部奢ってほしいし、ちょっと払うくらいならしっかり割り勘にしたい」という意見ですね。困っちゃいますね。

どうしても失敗したくないときは……

さて、そういうわけで割り勘や奢りのことについてを考えてきましたが、どうしても失敗したくないデートはどうしたら良いか?二つ手があります。

一つは無理矢理「最初だから」といって奢ってしまうこと。

割り勘にしたい女性が奢られて怒ることはまずなく、彼女たちは「次会うときにお返しをしよう」と思うことが多いです。

しかし奢られるのが当然と思っている女性が割り勘にされると「あの男サイテーもう二度と会わねえ」となる可能性は高いです。

なので、安全策は奢ってしまうことです。特に最初はね!

そしてもう一つは、世間話のフリをして聞いてしまうこと。

デートの話などを自然に持ち出し、その流れでお会計のことを聞くこと。

特にデート2度目以降などで、そろそろどっちが良いのかはっきりさせたいぜ。というときには、この手を使いましょう。

「俺の友達が毎回彼女に奢らせてるんだよね!」

と嘘を高らかにつくのがおすすめ。すると「えーありえなーい」と返事が帰ってくるので、「やっぱ男が奢るのが普通?」と聞きましょう。

これで答えGETです。

 

いかがでしたか?

今回はデートで奢るべきか割り勘すべきか、という問題について解説しました。

ぜひ参考にしてデートを成功させてくださいね!