「Spangle Call Lili Line」1日の始まりにおすすめなお洒落バンド

Spangle Call Lili Lineは日本で活躍するポストロックでありながらポップさは忘れない、バランスのとれたお洒落バンドです。

アップテンポでポジティヴで、良い感じに力が抜けている彼らの音楽は1日のはじまりにおすすめ。
それではSpangle Call Lili Lineの魅力をご紹介しようと思います。

メンバーが他に仕事を持つ趣味の範疇を超えるバンド

Spangle Call Lili Lineのメンバーはデザイナー、カメラマンとそれぞれが専門的な仕事を持ちながらも、これだけのクオリティの音楽を作りあげています。

衝撃的なのが、バンドのインタビューでも本人たちが音楽を趣味と断言していることです。

そこで注目してほしいのが、オフィシャルサイト。

scll02

2013年のベストアルバム発表以降表立ったアクションがないため、最終更新がいつかは不明ですが、lililineという棒状の自体の文字そのものを生かしたデザインと雰囲気たっぷりの写真が素敵です。

もし更新されるようなことがあるなら、その時が楽しみですね。他の仕事でプロとして生きる彼らのセンスの良さがこういった部分にも現れていると思います。

メンバーが趣味とさえ言い切るからこそ良い意味で音楽で食べていかなくてはという緊張感がないのでしょう。この余裕も彼ら独特の持ち味。肩の力の抜けた余裕ある音を楽しめます。

独特の歌詞や雰囲気

スパングル・コール・リリ・ラインの魅力は語感をメインとして何気なくともとることのできるように書かれた歌詞。意味も言葉もふわふわと漂っているように感じませんか?

本人たちが趣味と断言しているのに、聴く人のことや客観性を忘れずハイクオリティなサウンドメイキングと曲構成。趣味なのにその範疇に収まらず、自然に聴く人たちを楽しく巻き込んでゆくスタイルもまたバンドの持つ余裕感を生み出しているのでしょう。

おすすめの楽しみ方

Spangle Call Lili Lineの曲のおすすめの楽しみ方は自分から3〜5m程離れたスピーカーでいつもより少し大きめにかけること。朝方、リビン グでテレビを見ているような方に是非試していただきたいのがこのバンドの曲です。朝の支度、朝食などを作りながらかけると無駄にはかどってしまう、ゆるやかなせかせか感を楽しんで下さい。

とりあえず聞いてみたいと思った方、soundcloudというソーシャルミュージックサービス使えばスマホでもパソコンでも簡単に流しっぱなしにできます。是非聞いてみて下さい。

サウンドクラウド上のスパングル・コール・リリ・ラインのアーティストのページはこちらから。→Spangle Call Lili Line Soundcloud

おすすめ曲は?

telephone


ライブ音源はストリングスが入った豪華なバージョン。アイリッシュハープ系のシンセがきらきらとした音粒で鳴り響きます。

dreamer(other ararnge ver.)


ドリーマーという言葉をしっかりと強調した元気の出るナンバーです。筆者は通常バージョンのドリーマーよりも、こちらの方が好みです。アップテンポなので朝には特におすすめな1曲。

cast a spell on her

コマ送りのような美しいPV、是非ご覧あれ!

TKとのコラボ、nano – TK kaleidoscope Remix

とにかく、とってもカッちょいいアレンジです。笑

Spangle Call lili Lineのヒットナンバー”nano”を凛として時雨などで活躍するTKがリミックスしたもの。

リミックスといっても、ベースには超売れっ子でジャンル問わず引っ張りだこの向井秀徳。ドラムスにはくるり、雅-miyavi-などで活躍するbobo。どちらも”ミュージシャンにモテるミュージシャン”といったところです。ところでTKはリミックスと共にゲストボーカルという名目にもなっていますが、あれ?声、入ってたの?と思う方がいらっしゃるかもしれません。コーラスに注意して聞いてみて下さい。うっすらかもしれませんがTKの声が聞こえるはずです。

バキバキとしたアコギリフに裏打ちのワイルドなドラムが鳴り響き、前進するような感覚。高速道路を走りながら聴くのもなかなか良いですよ。笑

 

以上、スパングル・コール・リリ・ラインの魅力をご紹介しました!