視覚現象の三要素

DSC_5329

色彩を正確に見る時は、次の3つの要素を考慮して、条件を可能な限り厳密に揃える事が大切です。

1.光源の分光分布

2.物質の分光反射率もしくは透過率

3.目の分光感度

つまるところ、(1)どんな照明で女の子と飲むのか(2)女の子の肌質の分光反射はどうなのか、どれくらいアルコールが入っていて(3)自分の目の精度が正しいのか
その3つの要素の条件を考慮しないと、相手が可愛く見えても、それが正しくない可能性があります。

それを目で図る方法を、「視感測可愛度(視感比較可愛)」といいます。
視感測可愛度を図る手順は、次の点に考慮する必要があります。

1つめは、「作業ブース」です。
つまり、女の子と合うブースの照明が色温度が高かった場合は、視感測可愛度に異常をきたします。
日中の5000ケルビン程度の人口昼光で判断する事が大切です。

2つめには、アルコールや色眼鏡を避け、純の状態の自分で会うことです。つまりシラフで合う必要があります。

また、日没時間の30分前後など、強い反射光が入らないように気をつけます。
これから夜が来るという高揚感に覆われて正常な判断ができない場合があります。

視感測可愛分布帯

可愛らしさを表す方法は色々ありますが、主なものに「顔」「スタイル」「仕草」「服装」「性格」の5つがあります。

gurahu

 

これらは、互いに作用している分布帯ではありますが、相違が生じています。

外面的要素から判別する分布で言えば、 顔>スタイル>服装>仕草>性格 であると言えますが、仮に測定後の一夜限りで済まさない場合であるのであれば、「性格」を最重要視する必要性があります。

また暖色照明でアルコールが入っていて、実際には可愛くない女の子が可愛く見える現象がありますが、このことを「ヘルムホルツーコールラウシュ効果」(酒と欲の関係)と言います。

また、実際にメイクアップによって、実物との相違が発生する事を、「ベゾルトーブリュッケ現象」(仮想現実相違感)と呼びます。
お互いの長波長が伸びるに連れ、相違が出てくるのが特徴です。
他にも「アイシャドウ効果」や「アイプチ効果」など多岐に渡って特徴があります。

いずれにせよ、出会いの基本プロセスを省略して、短絡的に物事を進めたのであれば、作業進行を行った本人が責任を持つ必要があるのです。
予め、視覚現像の三要素の大切さを考える必要があります。