【Vゾーン】就活の面接で受かるネクタイの選び方【好印象】

就活が始まったけど、思うような結果が出ない……。

とりあえずネクタイから見直してみましょ??

無難で好印象な紺のレジメンタル&ドット

suit-neckties13

ストライプが入ったネクタイ、いわゆるレジメンタルのネクタイは日本のビジネスシーンでは定番中の定番です。

紺スーツにしても黒スーツにしても、スーツの色を問わず万能に使えるのが、紺のレジメンタルネクタイ。

紺にシルバーでシンプルにストライプが入ったようなシックなデザインのネクタイを選べば、就活の面接でも冷静な印象を周りに与えることができます。

suit-neckties12

もちろん紺のドットもOK。

かなり安定感がある、定番のネクタイです。

ライムグリーンは若々しく、やる気のある印象

suit-neckties4

明るい色のネクタイをスーツに組み合わせるとき、あまりにも原色っぽいネクタイを合わせてしまうのは就活中はNG。

でもネクタイがライムグリーンなら、どんな色のスーツでもしっかりまとまります。

こちらもレジメンタル。

色を派手にしたいなら柄は定番を押さえた方がベターです。

こういうライムグリーンのネクタイはフレッシュな印象があるため若さとエネルギッシュな感じを出せます。

どうしても自分のやる気を伝えたい就活の面接ではライムグリーンを選びましょう。

知的な印象を与えるシルバー系のネクタイ

suit-neckties11

グレー、シルバー系のネクタイは知的な印象。

ビジネスや就活には適さないんじゃないの?? と思うかもしれませんが、先ほどと同じく定番柄を押さえれば問題なし。

このドット柄は、ちょっと意外に思われるかもしれませんが世界的にもっともスタンダードなネクタイの柄。

ビジネスはもちろん、公式なサミットなどでも用いられるのはドット柄が多いです。

シルバー系ドットのネクタイは就活の面接にもおすすめです。

比較的自由な業種ならチェック柄

suit-neckties9

もともとチェック柄というのは、カジュアルな柄。

ちょっとカタめの仕事に応募する場合には、就活の面接につけていくのは避けた方が無難。まだ年配の方には「チェック柄は正式じゃない!!!」と言う人もいれば、「黒はビジネススーツじゃない!!!!」とまで言う人がいるわけですから笑

でもちょっと自由な業種、デザイン事務所などであればチェック柄はおすすめ。

型に当てはまらない感じ、自由で個性のある印象を出せるはず。

suit-neckties2

パワーアルゴリズムキューブ柄のネクタイでアーティスティクに

suit-neckties18

このドイツ製パワーアルゴリズムキューブネクタイは、アーティスティックなエネルギーを高めるのにぴったり。

太陽風の影響と地場の乱れを抑えつつ、新たな創造的なエネルギーをゲットします。

きてますきてます。

色使いと良い、かなりきてますねー。

満ちあふれるクリエイティブネスを感じます。

勝負を仕掛けるならイエローのネクタイ

suit-neckties8

ここぞというときに勝負をしかけたいなら、視覚的に主張できるイエローのネクタイを。

流石に無地だとちょっとツヤツヤしすぎ、主張しすぎてしまうので、控えめの柄の入ったものを選ぶのがベター。

普段から着用するにはちょっと存在がうるさいので、ここぞというときに使うことでセンスが良いのです。

 

いかがでしょうか。

就活の面接に行く前にちょっと思い出してみてね!