【音楽】坂本慎太郎の2ndアルバム「ナマで踊ろう」おすすめ曲5選

前作、1stアルバムの記事はこちら↓

【音楽】坂本慎太郎の1stアルバム「幻との付き合い方」おすすめ曲5選

今回のアルバムでは、ドラマーの菅沼雄太に加えて新たにベースAYA(ex.OOIOO)を迎え、バンドでのサウンド作りにトライ。ゲストプレイヤーには、サックス・フルートに西内徹、ヴィブラホンに初山博、ボーカルとコーラスに中村楓子などが参加。今では坂本慎太郎の作品には欠かせない顔ぶれです。

ちなみにこのアルバムもファースト同様、初回限定でインストver.収録のボーナスディスクが付きます。インストバージョンはトラックそのものの素晴らしさや、違った聞こえ方を楽しむことができるので、初回盤を見かけたら買うことをおすすめします。

それでは引き続き、セカンドアルバムから5曲選んでご紹介します。

1.スーパーカルト誕生 (Birth of The Super Cult)

昭和歌謡のようなハワイアンのようなどちらともつかない雰囲気のイントロは、どんな曲なのだろうと少々不安なドキドキ感を持たせます。が、イントロが終わるとその不安感はガラッと変わり、メロウな音が鳴り渡ります。その明るい雰囲気の中でまた、ロボットのような不気味なコーラスが登場。それが甘いものにかける塩のように、メロウさをより引き立たせます。坂本慎太郎本人も登場するPVも、なかなかの味が出ていて見ものです。

2.めちゃくちゃ悪い男(Extremely Bad Man)

めちゃくちゃ悪い男というタイトルそのものが面白いです。

「めちゃくちゃわるい男 誘ってくる

 妙なもの売るために お前は来た」

「めちゃくちゃ悪い男」という言葉は歌中に何度も繰り替えされ、何度断ってもしつこく、甘く誘うその状況を容易に想像させます。甘いサウンドが、ダメなことへの心の揺れと、それっぽさを感じさせます。

3.ナマで踊ろう(Let’s Dance Raw)

タイトルソングのナマで踊ろう。ギターの低音弦の響きが素晴らしいです。複数の音でギターがパート分けされており、その組み合わせの妙には感心させられます。人間本来の姿と現代社会とのギャップへ、何かしらのメッセージを投げかけています。

4.あなたもロボットになれる

「不安や虚無から解放されるなら 決して高くはないですよ

ロボット 素晴らしいロボットになろうよ」

この曲も歌詞から読んで取れるよう、現代社会に問題を提示するかのような1曲。アルバムでは坂本慎太郎のみで歌っていますが、このバージョンは「かもめ児童合唱団」とのコラボで、子供の声がとんでもない雰囲気を作り出します。盛り上がりを見せる01:35〜の展開はファンキーでクール、必聴です。

5.この世はもっと素敵なはず

このアルバム全体に感じられることですが、重たい歌詞の内容とは裏腹の曲調や音づかいで、それを全く感じさせません。

「見た目は日本人 同じ日本語

だけどなぜか 言葉が通じない

はみだした存在は 消してしまう」

この部分の歌詞がまたしても日本社会の問題を描いているような気がして、刺さりました。