「仕事に行きたくない」を解決する方法

仕事に行きたくない。月曜日の朝が憂鬱すぎる。なんとなくいつも疲れているような感じがするし、人間関係もうまくいかない。仕事もミスをしてしまう。そんな悩みを持っている人はあまりにも多いはず。

今回はそんな状況を解決するために、是非試して欲しい3つの方法を紹介します!

「人を変えることはできない」と知る

人間関係で一番ありがちな失敗は、他人や自分の人間関係の相手を変えようとしてしまうということです。もちろん人のことを変えられない、ということぐらいは言われれば分かることではありますが、思っている以上に、変えることができないです。

例えば、いつも人の前では良い顔をして約束をしたり、仕事を引き受けたりするくせにいざとなると全く真面目にやろうとせず、逃げてばかりの人がいたとするでしょう。

これはまったく無責任な話ではありますが、それはその人の幼少期や学生時代に、心配性で過保護なお母さんに毎日「いい子」に見られるように努力をしていて出来上がった性格かもしれません。

そういった性格は何年も、長い場合には何十年も掛けて作り上げてきたものです。

ですから変えることはできません。自分の思い通りに相手が動くことなど無いし、「相手がこうなったら」と期待するのは間違っています。今すぐ人を変えようとすることをやめ、それが無駄だということを知りましょう。

人によってはそれで、驚くほどストレスが軽減するはずです。

睡眠環境を整える

毎日忙しく会社に通い、仕事をしている人にとってのプライベートの時間、休養を取れる時間というのはいつだと思いますか?週1〜2日の休日でしょうか。もちろんそれもあるかもしれません。

しかし何より、毎日の睡眠時間である6〜8時間をまるで「無いもの」のように無視し、その時間を無駄にしている人は凄く多いです。寝ているから関係ないだろうとも思いますが、起きたときに疲れがとれていて気分がさっぱりしているか、ぐったりとした状態でひどい気分で起きるかではずいぶんとその日のモチベーションが違います。

仕事の出来る人、そして人生を楽しめる人というのは睡眠時間を有意義に使い、せっかく使っているその6〜8時間をできるだけ有効に活用して身体の調整を整えたり、体力を回復したりしています。

ここで睡眠の大切さに気づかず、毎日疲れたまま過ごしている人は仕事に行きたくなくなるのも当然です。逆に睡眠で疲れが取れ、さっぱりとした目覚めで起きれば、その日は頑張れるでしょう。

睡眠の環境を整えるために重要なことは3つあります。

十分に暖かくして寝ること

一つ目は身体が十分に暖まるような、睡眠環境にすること。特に冬場は思った以上に身体が冷えていることがあります。身体が冷えていると、寒い寒くないに関わらず身体の循環が悪化し、疲労回復がしにくくなる。なのでしっかりと毛布や掛け布団を十分な枚数使い、全身が暖かい服を着て眠りにつきましょう。

マットレスを再検討すること

次に、マットレスを見直すこと。特に柔らかい布団や、へたってしまったマットレスは、身体の寝返りを邪魔して疲労回復を阻害するだけでなく、身体の姿勢を悪化させて腰痛や肩こり、頭痛やだるさなど様々な症状の原因となります。

マットレスは自分の10年後の健康に対する大事な投資です。さらにしっかりとしたものを選べば何年に渡っても使えるので、安いマットレスを買い替えていくのよりも経済的だったりもします。

そういうわけで、マットレスにはこだわりましょう。

マットレスについてはこちらの記事により詳しく書いています。

規則正しくすること

最後に、規則正しい睡眠のパターンを作ることが重要です。早く寝たり遅く寝たり、また早く起きたり遅く起きたりと安定しないライフスタイルになっている人は、疲労回復がしにくい生活をしていると言えるでしょう。

次の日の朝に明るく開放的な気分で起きるためにも、ある程度リズム感のある生活を心がけるのが重要です。

自分のモチベーションを上げる方法を見つける

例えばちょっと良いネクタイやシャツを買ってみて、それを身につけてみましょう。なんだか自分がデキる男になったような気がして、背筋が伸びるような感じがするはずです。

あるいは週末にちょっとお洒落で、普通の人からしたらかなり値段の高い珈琲や紅茶を出すカフェに行ってみましょう。例えば新宿のマリアージュフレール・カフェなど、おすすめです。そういったところに行って、あなたが他の普通のサラリーマンとは違うということを再確認しましょう。

もちろん実際には何も変わっていないかもしれません。良いネクタイを買ってみたからといって、自分の仕事のミスが帳消しになるわけでもなければ、お洒落なカフェに行ったからと行って給料が良くなるわけでもない。

しかし成功する人、仕事で結果を出せる人は必ず「自分は何をしたらモチベーションが上がるか」というのを把握しています。

そしてもう駄目だ、と思ったときにこそお金や時間を使って自分のモチベーションに投資する。

「自分のモチベーションに投資する」

この言葉を覚えておいてください。さあまずは、自分が何をしているときに一番テンションが上がるのか、何が好きなのか、見つけましょう。お買い物でも友達とのお出かけでも、何でも構いません。

 

いかがでしたか?

今回は仕事に行きたくない!と思ってしまったときに、そんな気持ちを解消するための方法を紹介しました。

是非参考にしてみてください。