ネクタイを選ぶときに気をつけるべき5つのこと

スーツを着るうえで、どうしても必要となるアイテムがネクタイ。

ネクタイはあまりに一般的なアイテムですが、それゆえに選択肢がありすぎて、ちょっと選び方に失敗してしまっている人を見かけることも少なくありません。

そういうわけで今回は、ネクタイを選ぶ時に気をつけるべきことを5つ紹介します。

シルク100パーセントのものを選ぶ

franco minucci06

ネクタイというのは非常にシンプルなアイテムなため、その質の良さがダイレクトにお洒落につながります。ネクタイの質の良さは、生地の良さですね。

そういうわけでネクタイを選ぶときには、ポリエステルのものではなくシルクのものを選ぶのが重要です。ポリエステルのネクタイは、光沢に品がなく、安っぽい印象のものが多い。またポリエステルの質感の悪さをごまかすために無駄に派手でセンスの無い柄になっていることも多く、シルクのエレガントさとは対局にあるネクタイが多いです。

シルク100パーセントのネクタイは、格安のものはともかく、ある程度の値段になればどれも上品な印象になります。具体的には、定価7000円以上くらいからです。

定価7000円以上のものにする

bigi02

ネクタイというのは、品質が値段に比例するアイテムです。

もちろんエルメスやフェラガモ、フェンディといったラグジュアリーブランドのネクタイはちょっと品質からは想像できない値段がついていたりしますが、普通のネクタイブランドのネクタイであれば、ほとんど値段で選んでオッケーですね。

ネクタイとして最低限のクオリティを保証してくれる値段が7000円程度です。例えば日本を代表するネクタイ及びシャツのブランドである、FAIRFAX フェアファックスのネクタイが大体こんな感じの値段帯から買えますが、品質は十分です。

あまりこだわりの無い人なら、このあたりで選ぶのが良いでしょう。

次にいきなり様子が変わるのが、1万3000円あたりです。マタビシやボレリといった海外の有名なネクタイブランドが入ってくるので、一気に選択肢が広がりますし、品質も心配なくなってきます。

1万3000円くらいから2万3000円くらいにかけては、品質に比例して値段が上がっていきます。それ以上のネクタイは、特別な生地を使っていたり、特別な製法で作られていたりすることが多いですので、普通の人には必要ありません。

色数の少ないものにする

2011necktie03

ネクタイというのは意外なもので、使われている色が少なければ少ないほどお洒落に見える傾向があります。それなのに、世の中に存在するネクタイの多くは、色とりどり、まるっきり色鉛筆のケースを見ているかのようにカラフルです。

それはなぜかというと、色数が多くカラフルなほど生地の品質のごまかしが効くからです。逆にソリッドやシンプルな柄のものは生地のシルクの質がよくないと、非常に安っぽい印象になってしまう。

だから、世の中に出回っている廉価ネクタイの多くが派手な色になっているわけですね。

ネクタイはシンプルな方がお洒落です。そして、先ほど書いた7000円ほどを超えてくれば、シンプルなネクタイでも映える品質のシルクを使ったネクタイが増えてくる。そういうわけで、是非そういうネクタイを選びましょう。

肉厚でやわらかいシルクのネクタイを選ぶ

barba tie03

シルク100パーセントを詠うネクタイの中にも、あまり品質の良くないネクタイはあります。そしてそういったネクタイの多くは、硬くて薄っぺらいシルクを使っているため、全体的にぺったりとしてゴワゴワした感じがあります。

ネクタイを選ぶとき、特に安いネクタイを選ぶときには逆にかなり定価の高いネクタイにふれ、その手触りや雰囲気に近いものを安い中から探すのが良いですね。

ネクタイ選びは柄によって選びたくなるものではありますが、しかしやはり品質の良さが一体になってこそお洒落に装うことができます。

なので、選ぶときには肉厚でやわらかく、さらには滑らかな手触りで上品な光沢のシルクを使ったネクタイを選ぶようにしましょう。

ネクタイ専業のブランドを知る

ties

ネクタイを身につけている人は非常に多いのに、ネクタイ専業のブランドを知っている人というのは驚くほど少ないものです。

先ほど出てきたエルメス?鞄屋さんです。アルマーニ?こちらはデザイナーのブランドですね。若い人の間で人気なカルバンクラインも、ファッションブランドではありますが、ネクタイのブランドではありません。

パスタはパスタ屋で食べるのが一番美味しいように、ネクタイを買うならネクタイのブランドが一番品質の良いものをお得に買うことができますので、お洒落な人の間で人気なネクタイブランドを少し覚えておきましょう。

・フェアファックス

コスパの良い、日本のブランド。

・ドレイクス

イギリスの生地を使ってフェアファックスが作っているネクタイ。

・マタビシ

上質なシルクを使っているのが特徴の、イタリアのブランド。

・フランコバッシ

イタリアの高級ネクタイ定番ブランド。

・フランコミヌッチ

ちょっと高いけれど、お洒落な人が大好きなブランド。

 

いかがでしたか?

今回はネクタイを選ぶときに気をつけるべき5つのことを紹介しました。

是非参考にしてセンスの良いネクタイを見つけてくださいね!