ダージリン シーヨック Seeyok茶園

シーヨック茶園はミリクバレーのネパール国境に位置しており、美しいカンチャンジュンガを見渡すことができる場所にあります。
標高は1100~1800メートルで、茶園の敷地は406ヘクタール。1869年に設立されました。
特にファーストフラッシュが人気で、複雑な芳香がヨーロッパでとても人気を誇ります。
ドイツの厳しいオーガニック認証を受けており、近代化の茶園と言えます。

英国でも人気があり、長い樹齢の茶樹を使っているのが特徴です。

 


Seeyok Seeyok1

平成27年10月2日 13:15

シーヨック茶園
VAHDAM Seeyok Muscatel
Darjeeling Organic Summer Black Tea
Picking 10th August , 2015
Grade SFTGFOP1  Invoice  DJ88
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉
森林の早朝。高原のような清涼感を覚える。
焙煎香やマスカテル、芋っぽさは一切ない。
サイズは揃っていて、色のムラも少ない。
少しこぶりで、色は炭よりは緑が残る。

抽出後
霧の立ち込める森林の朝。朝霧の中にいるような香り。
ごく優しくマスカテルフレーバーが立ち込める。
ビール酵母のような、柔らかい発酵臭。

アッサムのような重めのコク、余韻が長く続くのに優しい。20秒近く香りが残る。
まるでアッサム2:ダージリン8といった配分のブレンドティーのよう。
温度が下がると、とろみが出る。香りの角が取れるので寂しい。後半はボディが弱く思える。

個人的にとても好きなリーフです。

茶殻
乾燥している時と異なり、茶殻からは強めのマスカテルフレーバーが立ち上がる。
芋ではなく、どちらかと言うとブドウ系のマスカテル。少しメントール。
葉は少し固め、厚みがある。噛んでも渋みは無く旨味が出てくる。

評価 A (200g買いたい)