リズム感を良くする方法【裏拍について】

ある程度のレベルから上達を実感したり、レコーディングを行うには、リズム感は必須のスキルです。

いざレコーディング!となったとき、限られた時間の中ですんなりとレコーディングを行うためにも、日頃からリズム感を鍛え、良くしていきましょう。

今回はリズム感を良くするために重要な、裏拍についてお話ししたいと思います。

まずは裏拍を感じてみよう

曲の1小節が「いち・にい・さん・よん」と進行するものとします。

音符が「いち・にい・さん・よん」 とあるとすると、意識すべきは「い・に・さ・よ」の太字の部分なのです。

まず、口に出して太字の部分を強くアクセントにして言ってみましょう。音の終わりにグッと重みが来るような感じがしますね。

これが裏拍です。

それではまず、こちらをご覧ください。
「鈴木正夫 – 炭坑節」

少々極端な例ではありますが、こちらはおもいっきり表拍。

こういった日本の盆踊りは表拍にアクセントが来ているため、表拍で手を叩きたくなりますね。

文字でかくと、「ち・い・ん・ん」といった感じ。

実際の盆踊りの振り付けでも、太文字の部分で手を叩いています。表拍が強いと、このようにゆったりとした印象になります。

日本人が裏拍が苦手というのは、日本に根付いているこのような音楽の影響からかもしれませんね。国民性、ともいいますが・・・。

次に、裏拍を可視化したようなものがこちら。

「Bob Marley – Stir it up」


レゲエの代表格ボブ・マーリーの名曲より。

映像中のイントロからつづくチャカチャカと惹かれているギター、このタイミングが裏拍です。

「い・に・さ・よ」と、この太字の部分でギターが鳴っているが分かりますか?

これが裏拍です。(2回目)

なんとなく分かったら、次はこちら。

「Edwin Hawkins Singers – Oh Happy Day」

ゴスペルです。ブラックミュージックやR&Bはとくにリズムを強く感じやすいので、これらを聴きながら「い・に・さ・よ」と裏拍を感じられるように、トライしてみましょう。

これらができたら、普段聞いている曲の裏拍を意識しながら聴き直してみましょう。

裏拍を意識できたら

裏拍をどんなジャンルの曲でも感じられるようになると、音楽がだいぶ面白くなってくるはずです。

「わーい!裏拍わかるようになったぞー!」となった方、そこで気をつけたいのが、忘れらがちな「よん」の「ん」の部分。

だいたい「さん」くらいまでくると、人間というものは、また新たな「いち」からのサイクルが始まることに気を取られてしまうものです。

これを忘れてしまうと結果的に、音を最後まできちんと鳴らし切ることができなくなってしまい、曲が転び、テンポがどんどん早くなってしまう原因となります。

またこのような演奏は、聞いていてせかせかした印象与えるため、お客さんもノリきれず、うーんとなってしまいがちです。

音の終わりは丁寧に。

終わりよければすべて良し、かもしれませんよ。

 

以上、リズム感を良くする方法、裏拍についてご紹介しました!