マツダRX-7が欲しくて仕方ない時にすること

D2X_4458

 

 

健全な男の子なら、きっとゲームセンターでスポーツカーを運転した事があると思います。
その中でも、イニシャルDや湾岸ミッドナイトな~~んかに影響されて、
子供のまま大人になってしまった人は、必ずと言っていいほどスポーツカーを所有したくなります。

「やべ~車ほし~。まあ、乗るならセブンかGT-Rかな。」

といった感じで、Goo-netやカーセンサーなどを読みます。
すると、手頃な値段で、RX-7が出てるじゃないですかー!!
もう気分は完全にRX-7だからね。といった時にすることを紹介します。

 

1.本当に必要か考える。

モテたいから。なんていう安易な考えだとRX-7を買ってもがっかりすることとなります・・・。
すごーく高いガソリン代や修理や、乗り心地。
どう考えてもレクサス IS350の方がモテますし、快適で、維持費が安いです。
友達に「車何乗ってんの?」って聞かれた時に、「レクサス」って答える事ができます。

他にも例えばRX-7に乗るとこんな感じの不満が出たりします。

  • あれ?先週ガソリン満タン(1万円)にしたばっかりなのに、またEランプが・・・。
  • 運転してると、車内のいたるところから、キュッキュッ、ゴトゴト、カタカタ音が・・・。
  • ネオバもポテンザも4本で18万かぁ・・・。そろそろ溝やばいよな。
  • この純正のマフラー静かすぎね?スポーツカーなんだからもっと抜けが良くないと!
  • このオートエグゼのマフラー15万か・・。まあ柿本よりは。→低速トルクが無くなった(`;ω;´)
  • そろそろ、オイル交換(3000km)、ミッションオイル、デフオイル、ブレーキフルード交換、
  • パッド交換、ラジエーターのプラスティック割れ、サスのOH、タービンの異常、エンジンOH。

な~んて感じで、ものすごーくお金がかかります。
その全ての条件を捨ててでも孤高の存在でいたいのであれば、RX-7を探す方向に行きます。

ちなみにレクサスやアウディ・BMWなどに乗っていて、お金に余裕があってセカンドカーで欲しいのであれば
ほとんどの問題を解決できます。そして何よりも楽しいです。
問題はRX-7をファーストカーにしようとするところにあります。

CIMG7397

 

 

2.お付き合いするロータリーが得意なショップを探す。

 

これはRX-7を維持する上で、物凄く大切なことです。
車を探すのも含めて、ロータリー専門店に相談することを強くお勧めします。
もし、自分の住んでいる地域で、「何台もRX-7の在庫を抱えている」お店なんかがあれば、
RX-7のメンテナンスが得意かもしれません。
オーバーホールやメンテナンスが受けられるか問い合わせてみましょう。
もし、近所に無いようでしたら、グーグルで、「RX-7専門店」で検索して、できるだけ近いお店を選びましょう。
そこで予算を伝えて探してもらうのが一番GOODです。
Goo-netやカーセンサーは便利ですが、この特殊な車を探すのには、あまり向いていません。
クルマに乗る=お店付き合い となります。
細かな故障がいっぱい出てくるので、優しくてサービスの良いお店がいいはずです。

CIMG9433

 

 

3.値段の高い車を選ぶ

 

ロータリー専門店で、値段の高い車というのは2種類あります。

A.すご~~~く改造されていて、社外タービンや、Vマウントラジエターなんかが付いていて
ワイドフェンダー、低扁平タイヤとホイール、馬力も高いようなチューンドカー

B.一見ノーマルでも、高年式で色々メンテナンスされてて、故障がばっちり修理されていて
故障しやすい所までもばっちり修理されていて、一度もぶつかった事のない車両。

ついつい、Aを選びたくなりますが、ファーストカーであればBを選びましょう。
ロータリー専門店で「値段が安い車」というのは、「後でお金がいっぱい掛かる」車です。
予算が大変でも、ちょっと無理してでも、Bを探してもらって、Bにしましょう。
もしも、セカンドカーを探していてお金に余裕があるのであればAが楽しいはずです。

 

4.RX-7友達をあまり作らない

Back Camera

 

RX-7乗りの友達が増えれば、色々情報交換して・・・。とっても便利で楽しいに違いない!
なーんて思いますが、できれば一人でひっそりと楽しむのが良いです。

例えばみんカラなんかで、いっぱい友達を作ったり、RX-7のイベントで盛り上がったりすると、
必ずと言っていいほど、「改造」がしてみたくなります。
「このパーツをつければ・・・。」、「この前、友達の付けてた・・・。」
なんて風に改造にハマりだすと収集が付きません。

200万円の綺麗なRX-7を買うと、100万円位で売れるかもしれませんが
200万円掛けて改造すると、その分の査定額は10万円を切ります。

カスタムや社外パーツはリセールバリューが大変悪いのです・・。
パワーFC、コマンダーとセッティング、マフラー交換、吸気交換などなど少しづつのつもりが
ずーっとカスタムを考える事となります。
ですが、改造費を掛けても新型GTRはおろかR34GTRの方が速くて快適なんてことになりかねません。
気をつけましょう。

 

ということで、よーく考えて車選びをしましょう!

さんざんダメな所をあげてみましたが、走行性能は唯一無二です。
まるでレーシングカートの延長線の様なダイレクト感で、峠を走っている時は最高の気分です。
エンジンのフィーリングはBMWのシルキー6よりも滑らかで、「まるでモーターのよう」と言われるのが体感できます。
低重心でダイレクトなハンドルと足回りで、乗り味はバイクにも似ています。
外見も何にも代えがたい美しさで、飾っておきたいくらいです。
5年間乗っても毎日綺麗だな~ってうっとりできる存在です。

自分に本当に必要であるのならば、是非自分にぴったりのRX-7を探して、共に過ごしてみて下さい!