ダージリン ラングリーラングリオット茶園

ラングリー・ラングリオット茶園は1860~1864年に創設された茶園です。
シリグリのティスタバレー道路は、ダージリンの丘から約45キロあり、ダンカンが所有しています。
スイスアルプスの風景が見えて、大きなバンガローも所有しているため、宿泊などゲストが訪れる事ができるようです。

日本人のブログでも滞在した日記があるので、こちらもご覧下さい。

http://www.tea-gen.com/05ind_photo/rungleehp.htm

 


 

試飲日 平成27年10月8日 14:54

VAHDAM Runglee Rungliot
Darjeeling Spring Black Tea
Date of Picking 25th March, 2015.
Grade SFTGFOP1  Invoice DJ09

世にも珍しい、ラングリー・ラングリオットのファーストフラッシュ。

乾燥茶葉
キク科のたんぽぽのような、すっきりとしたフラワリー感。ナッティー。

抽出後
ひまわりと、真夏のアスファルトに水を巻いたあとの時のようなにおい。
とても夏っぽい香り!それも7月
一口飲むと、身体に自然にしみこむほど滑らかな香りと口当たり。
美味しいというより、余計な力が抜けてリラックスできます。
渋みは殆どありません、ファースト特有の青臭さが僅かにあります。
名門茶園と比べると絶対的な評価は低いですが、個人的にはとてもリラックスできる良いお茶です。
余韻がとても長く、眠りに落ちる前のひとときのようなイメージがあります。

茶殻
こちらは、意外にも普通の香りで青臭さがあります。それも安物の。
噛むとまあ柔らかい部類で、渋みは一切ありません。
抽出も適切で2分半〜3分が良いと思います。
濃すぎると美味しくないと思うので、葉の量を慎重に決めると良いですね。

評価 A (個人的に好きなので)

 


 

試飲日 平成27年10月16日 15:38

VAHDAM Runglee Rungliot Classic
Darjeeling Spring Black Tea
Date of picking 16th March, 2015
Grade FTGFOP1  Invoice DJ11
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉
化繊の製品を保護ビニールから取り出した時のにおい。
例えば、ナイロン100%のカメラケースを購入して保護ビニールから出した時のにおい。新品の時の。

抽出後
浅蒸し煎茶系の渋み。余韻は短く殆ど無い。
キレが良い。香りは先程の謎のオークス茶園に少しにていてミルキー。
そこまでミルクっぽくないけれど、ニュアンスがある。
ジュンパナと比べてしまうと、どうにも遠い道のりに感じてしまう。
ブラインドテストでも、うまいうまくないが直ぐに分かってしまいそう。

乾燥茶葉
噛むと、薄く硬い。香りはウーロン茶っぽい。
こういう感じがブームだったとか?例年のファーストフラッシュとは少し異なる。
日本茶っぽいさっくり感もあるし、日本人狙ってるのかな?

ラングリー&ラングリオットって語呂の良さ凄い好き。
ハンプティーダンプティーみたいな。

humpty-dumpty1

温度が下がると酷いね。あまりおいしくない。

評価 C

Runglee-Rungliot-Classic02 Runglee-Rungliot-Classic01