部屋探しで知っておきたい細かな事

高層マンションに引っ越して早2年。
部屋探し(部屋作り)で知っておきたい細かな気になる部分を書き留めたいと思います。

interior_design3

1.日当たりが悪い部屋は注意

3LDKで、西側は日差しが強くて朝から明るいのですが、東側は入り組んでいるせいで午前10時でもほとんど光が差し込みません。
人間シャキッと起きるためには日差し必要なので、一見良い部屋でも光が入らない場合は注意しましょう。
また内覧はできれば、昼と夜2回行くと状態が把握できて良いですね。

個人的には子供を育てる場合は、しっかりと日差しが当たる部屋でなければいけない気がします。
特に家を立てたり購入する時は注意しましょう。

2.高層階は風が強い

景色が良いのは確かですが、高いほど風が強いです。
立地にも寄りますが洗濯物が吹き飛んでしまう程なので、20階以上はベランダで過ごすのは難しいかもしれません。

逆に便利なのは、窓と家のドアを空けると一瞬で換気ができます。
そのおかげか田舎の一軒家と違ってジメジメとせず一年中通して、ほどよく乾燥した部屋に住めます。カビ、結露が殆ど発生しません。

3.騒音とニオイ

幹線道路や街に近い物件は騒音に気をつけましょう。
病院が近いと一日中、救急車のサイレンを聞くことになります。
とくに就寝前は小さな音でも気になるもので、寝ている時も脳は音によるストレスを受けているようです。

建物の近くに飲食店がある場合は、ニオイにも注意しましょう。
1階に餃子屋さんがあるのですが、20階以上でも油のニオイが漂ってきて洗濯物に付着します。森にある花粉が街中まで来るわけですから、1階のニオイが部屋まで来ても不思議ではありません。

長く住む場合は、探偵になった気分で周辺の施設をチェックしましょう。

4.お風呂の広さ

意外にも気になるのがお風呂の広さ。
「こんなものかな?」と思っても身長があると狭さがストレスになります。
筆者は180センチ以上ですが、とても足を伸ばせないので体育座りをして湯船につからなければなりません。

結局、最近は月に1回以下しか湯船につからなくなりました。
広さを確認して、出来る限り広いお風呂を選びましょう。
またお家を建てる場合は、成人男性が足を伸ばせる位の湯船にすれば、僅かなお湯台で一生贅沢にお風呂に入れます。

5.トイレの広さ

安い物件だと極端にトイレが狭い場所があります。
中で立つこともままならないトイレは避けましょう。いかに良い物件でもトイレは毎日数回使うので妥協せずにストレスの無い環境か確認しておきましょう。

最近、アンティークショップのおばさまに聞いた話では、スウェーデンから来た友人が日本のトイレで壁にぶつかりまくったそうです。
北欧ではトイレが6畳近くあることもしばしで、日本は極端に狭いそうです。

6.ゴミ捨て場までの距離

1〜5が全てOKでも、ゴミ捨て場が遠いと毎週気怠いゴミ出し日を待つ事になります。
今住んでいるマンションは24時間365日、燃えるゴミ、ダンボール、ビン・缶が出せます。
これは月に2万円払って良いほど快適な仕組みなので、多少予算オーバーでもゴミ捨てが楽な場所を選ぶのがお勧めです。

いつでもゴミ捨てできると部屋に全く生ゴミが無くなり、いつでも大掃除ができ、毎日ワインを飲んでもビンの処理が簡単です。

まとめ

というわけで、全てを満たす物件は理想のカノジョ、カレシを見つけるより難しいかもしれません。
ですが、この中で特に気になる部分があれば、要点的にチェックしてストレスフリーな生活を迎えたいものですね!