親から上手にお金を貰う方法

今回は親から上手にお金を貰う方法を紹介します。

DSC_2754

弟にお勉強を教える。

やはり、弟の面倒を日頃から見たり、お勉強を教えるのが有効的です。
例えば夕食を自分たちで作って、弟に食事を与えて、学校の宿題を見てあげる。
大きくなったら中学の勉強を見て上げて高校入試対策として兄が手伝ってあげる。
こういった事をコツコツと続けていれば、上手にお金を貰う事ができます。

年末年始に家に帰る。

今年は帰ってくるの?しっかりご飯食べてる?
28歳の冬、親からそんなメールが来たらたまには実家に帰りましょう。
懐かしい故郷の冬の景色の中を歩き、ほんの少しだけ自分の歩みを振り返るのも悪くありません。
1月3日に渋滞の中、戻る時には幾らかばかりのお金を貰うことができる筈です。
封筒のまま、手を付けずにタンスの奥にしまって置きましょう。

結婚して家庭を持つ。

子供の教育費など一部のお金を援助してもらえる可能性があります。
また、衣料品など買ってもらえたり、子供にお小遣いを上げたり、親から上手にお金を貰うことができます。
また奥さんの働きが良いと、気に入られて色々と物事がスムーズに進みます。

家をリフォームして二世帯住宅にする。

介護の心配が出てくる両親に対して、住宅改修を行います。
市町村からの補助金が10~20万円出るので、それを上手く利用してリフォームします。
要介護認定や要支援認定を受けると補助金は増えますが、健康リスクに対してのお金や時間などが増えるので良くないです。
また精神的な面からも両親にはいつまでも健康的で居てもらいましょう。
一緒に二世帯住宅で住んで、色々世話をしてあげることによって、親からお金を貰えます。

贈与してもらう。

贈与税にも基礎控除額があります。毎年110万円以下であれば、非課税で贈与ができるのです。
つまり相続税を取られずに、親からお金を引き継ぐことができます。
これは、一般的には親が年を取ってから財産の相続を考える時に行うことですが、
60代ないし、50代や40代からコツコツと資産を移動する事によって、”脱税”にならない至って合法な”節税”ができます。

 

いかがでしたでしょうか?
親からお金を貰う方法は色々ありますね!家族や両親に感謝ですね~。