【御殿場】レイバン Ray-Ban アウトレットのセール情報

ray_ban3

Ray-Ban レイバンのアウトレット情報

御殿場プレミアム・アウトレットのレイバンは、ウェストゾーンの中でもアクセサリーブランドや、ジュエリーブランドが集まる夢の大橋からほど近いエリアにあります。ちょうど通路のようになっているエリアなので、御殿場プレミアム・アウトレットを訪れた人なら、見落とすことはないでしょう。

レイバンの御殿場プレミアム・アウトレットの店舗は奥行きがないためそれほど広くはありませんが、定番のアビエーター、ウェイファーラー、その他色々なモデルを幅広く揃えており、狙ったモデルが手に入ること間違いなしです。

中でもラインナップ豊富なのがティアドロップ系のサングラス。大きいものから小さめのレンズのものまで、金フレーム、銀フレームなど色違い含めてラインナップがあり、色々と試しながら自分にぴったりのモデルを探すことができます。

御殿場プレミアム・アウトレットでのレイバンの割引率は殆どネット価格と同じです。定価の20%オフといったところですね。しかしレイバンはネットなどで買うと偽物の可能性も高く、本物を買える保証がありません。アウトレットであれば、間違いない正規品を割引価格で買えるので、こちらの方がおすすめですね。

Ray-Ban レイバンとは?

ray-ban

レイバンは今でこそ誰もが知る世界で一番有名なサングラスブランドですが、最初はなんのことはない、ドイツからアメリカへ移民してきた2人の青年が立ち上げた小さな眼鏡店でした。

故郷であるドイツを離れ、当時全てが「新しく始まる」土地であったアメリカで成功することを目指していたヤン・ヤコブ・ボシュは眼鏡職人で、眼鏡の輸入販売の仕事をしていました。そんな彼は自分の店を持つことを目指していました。

その当時家具を作る職人で成功していたヘンリーロムはそんな野望に満ちた青年であるヤン・ヤコブ・ボシュに出資。ヤン・ヤコブ・ボシュは念願の眼鏡店を開店します。最初の会社の名前はジェイ・ジェイ・ボシュ・アンド・カンパニー。J. J. はヤン、ヤコブを示していますね。

しかし店は中々流行らない。ヤン・ヤコブ・ボシュはうっそうとした日々を送りますが、ある日ふとしたことから、その時期主流であった動物の角やべっ甲で作られていたサングラスのフレームを、代わりに硬質ゴムで作ることを思いつきます。

これはヘビーウエイトの硬質ゴムですが、これは軽いのに丈夫であり、それまでの動物の角に比べ耐久性があり割れにくいという非常に良い素材です。これは後にバルカナイトと呼ばれるようになり、カメラなどにも使われるようになしました。

このバルカナイトのフレームの眼鏡が大ヒット。1866年にバルカナイト・オプティカル・インストゥルメント・カンパニーに名称を変更し、本格的な企業としての活動を始めます。顕微鏡や写真のレンズなども手掛けるようになったこの会社はさらに会社の名称を変更、ボシュロム・オプティカル・カンパニーとなりました。

こうして光学機器メーカーとして素晴らしい評価を得ていたボシュロムに、北米大陸無着陸横断飛行に成功したアメリカの航空隊の英雄、ジョン・マクレディ中尉が訪れてきます。彼は世界でも最も太陽の光の厳しさを知る人物の1人であり、それを解決するような高品質なパイロット用のサングラスを求めていたのです。

ボシュロムはこの要求を実現するために6年の年月を費やし、改良に改良を重ねて最高の性能を誇るパイロット用サングラスを1929年に発表しました。これが今のレイバンの定番であり、人気モデルであるアビエーターです。

アビエーターは、アメリカの陸軍航空隊がこのティアドロップ型のサングラスを「アヴィエーター・モデル」として採用したことに由来しています。

このアビエーターモデルがボシュロムを一躍有名にすると、この会社は1937年に最後の名称変更を行います。ここに生まれたのが、レイバンですね。

レイバンのサングラスはこの後どんどん知名度が増していきますが、今の50代〜の記憶に残る映画トップガンのトムクルーズが掛けたサングラス=アビエーターは、レイバンを世界的な有名サングラスブランドへと伸し上げました。

Ray-Ban レイバン 公式サイト

http://www.ray-ban.com/japan

※このページの御殿場プレミアム・アウトレット情報、ブランド情報は『大人になれる本』が実際に足を運び、独自に研究して掲載しているものです。引用やコピー、内容の書き換え掲載等はお断りしております。