PHILIPS SHE-9700 レビュー

PHILIPS SHE-9700 レビュー

eイヤホンやアマゾンのランキング上位にあるSHE-9700
フィリップスはシェーバーを作ってるイメージがあるので、イヤホンの印象は薄かったのですが、面白そうだったので買ってみました。

SHE-9700_TOP

SHE-9700の外観と装着感

SHE-9700は細長くてテカテカなデザインはなんだか野暮ったい。
コードの長さが短くて、左右の長さが非対称なのでDAPにストラップを付けて首から提げる人以外は不便かもしれない。
もちろん延長コードも付いているものの、自分は延長コードというのが気に入らない性分なので、それだけで印象が変ってしまう。
装着感はまあまあ普通で、密閉感があるため遮音性は良いです。
電車の中で使うには音漏れもせず、低音も豊かなのでお勧めです。

usi

SHE-9700の音質と傾向

なんと言ってもこのイヤホンはキレの良い低音につきる。
テクノやソウル。 ジャズステップのドラムンベースはツボにはまったように心地よく聴ける。
打ち込みの低音ベースは、音の輪郭が崩れることなく、ライブハウスの迫力のあるバスが堪能できる。
ゼンハイザーのIE8も同じように重低音が得意だけれど、それとはまた傾向が違いエレクトロニックなベース音の表現が豊かで迫力がある。

SHE-9700はただやみくもに低音の迫力があるだけでなく、アコースティックギターなど高音域の楽器の表現も上手でおとなしく落ち着いた感覚で聞こえる。
ピアノやバイオリンなどクラシックよりな楽器は少し苦手なものの、ニコニコ動画で公開されているデスクトップミュージックやJPOPなど幅広いジャンルが楽しめるので、予算が2~3千円でオールマイティーなイヤホンを探している人にはお勧めできる。
UVERworldなど重濃厚なギターサウンドも低音をきっちりと表現できる能力があるので、JPOPを良く聞く人にもお勧め。
全体的に音に奥行きを感じて、耳から直接音が聞こえるというより少し引いた位置から聞こえる感じなので個人的にはとても心地よく聞きやすい。
学生だけでなく、お姉様・お兄様方にも是非使っていただきたい。

kazu

RP-HJE150とSHE-9700の比較

安価で良い音の2機種を比較。
流石に千円以下の機種と比較するのはフィリップスに失礼かもしれないけど、RP-HJE150とSHE-9700の違いを簡単にレビュー。
RP-HJE150は乾いた音で全域にわたって綺麗な音がでるけど、BGM的な要素も大きい。
それに対してSHE-9700はウェットな部分があり、大型スピーカーで聞いているようなもったりと耳に張り付くような表現。ドラムンベースやシンセサイザーなど。
そういった部分もあり、値段の差はあれどSHE-9700の方が高級イヤホンに近い音の傾向に感じる。
オーディオテクニカのATH-CKシリーズと交互に聞いても価格帯の違和感が無いほど音質も高いので、コストパフォーマンスで言ってもRP-HJE150より上かもしれない。

rou

SHE-9700の総評

安くて音が良いだけでなく、付属品も豊富でSHE-9700専用のポーチと延長ケーブルが付属している。
イヤピースはSMLと3種類あり、自分に合った物を選べる。
持ち歩きを考えられているところが流石フィリップスだと関心させられる。

少し高いイヤホンになるけれど、好みのジャンルが合えばとてもお買い得なイヤホン。