【評判&レビュー】オロビアンコの腕時計はおすすめ??

 

そこそこの値段でお洒落な腕時計が欲しい!

オロビアンコの腕時計が候補だけど、ネット上ではあまり情報が出ていなくて不安……。

そんなあなたのために、オロビアンコの腕時計を詳しくレビューしてみます。

orobianco

オロビアンコとは

まずはオロビアンコについてですが、こちらはバッグや小物を中心としているイタリアのファッションブランド。有名なのはとにかくバッグで、ナイロンと革を使ったお洒落なトートやブリーフケースを街でも見かけますね。

オロビアンコはバッグを中心にイタリアの国旗をモチーフにしたリボンをつけており、それが人気の理由にもなっているようです。

日本ではここ数年で人気になってきたファッションブランドですが、今ではナノユニバースやアーバンリサーチなどと言った大手セレクトショップがこぞって取り扱う有名ブランドになりました。

ちなみにバッグ以外ではベルト、そして今回紹介する時計が有名です。

オロビアンコの印象と年齢層

オロビアンコは言ってしまえば「分かりやすいお洒落さ」が評判のブランド。それゆえに一部のマニアックなファッション好きからは「ダサい」という意見もあります。

ですがこれはオロビアンコに限らずどんなブランドにも言えることなので、気にせず使ってしまえば良いでしょう。一般の人からの印象は非常に良く、お洒落なイメージがあります。

イタリア製ということもあって、お洒落のセンスがあり「目が肥えていて良い物を選べる人」というイメージがありますね。

20代が使えば大人っぽく、30代が使えばハイセンスな感じです。

時計に関して言えば年齢層は20代〜30代後半といった感じです。若者向けという印象が強いわけではありませんし、クラシカルな雰囲気さえありますが、値段帯が2万円〜4万円といったものなので、40代以上にはちょっと低価格すぎるのではないでしょうか。

特に40代後半〜の場合はグランドセイコーやカルティエ、ブライトリング、ジャガールクルトなどといった高級時計を持つ人も多いので、もう少し高い値段帯のものを選びたいという意見もあります。

ただし純粋にファッションアイテムとして使いたいのであれば、オロビアンコの時計はお洒落なので、全年齢に使えるものだと言えますね。

どんな服装に合う時計??

orobianco03

オロビアンコはバッグで有名なブランドだと書きましたが、一貫しているイメージはキレイめでややクラシカルな印象。

ですからアメカジなどのラフな服装を好む人にはあまりマッチしないかもしれません。例えば緩めのダメージジーンズにTシャツといった着こなしのときにはオロビアンコの時計は浮いてしまいますね。

逆にジャケパンのようなちょっとキッチリとした服装のときには、オロビアンコの時計は非常に良く似合います。例えば同じデニムでも、キレイめなテーパードで、ドレス仕立てのシャツを着て合わせればクラシカルな時計に似合う着こなしができます。

ただしスーツの場合は注意が必要。あまり気を使っていないスーツスタイルにオロビアンコの時計を合わせてもそれほどお洒落さはありません。

しかしREDA レダやCANONICO カノニコといったある程度の質感のイタリア製生地を使用したスーツで、体にピッタリのサイズを着ており、ベルトと靴、腕時計のベルトが似た色で統一されていれば非常にかっこよく決まります。

オロビアンコ腕時計の品質

オロビアンコの腕時計の品質に関してですが、これはまったく問題ありません。

基本的にオロビアンコの腕時計は日本製のムーブメントを採用しており、機械部分にはまったく問題がないといえるでしょう。

ネット上では腕時計に関して「〜は良くない」「〜はボッタクリ」など様々な議論がなされていますが、多くはマニアックな人たちのマニアックな話し合いです。

つまるところ自動車の馬力が280馬力であろうと330馬力であろうと普通の人が関係ないように、普通に使う分には300万円する高級時計もオロビアンコの時計もそれほど変わりません。

むしろ気を使わない2万円クオーツのオロビアンコの時計の方が一般的には使いやすいでしょう。

では高級時計にはどんな利点があるのか。

フランクミュラーなどの高級な時計は2国の時刻を表示する、時計回り以外に針が動くなど複雑な機構を持っていたり、美しいムーブメントが透明に見えるようになっていたりします。

またパーツひとつひとつの造形が非常に精密で美しいですね。

あとは時計ひとつひとつにブランド、デザイナーの哲学が現れていたり、持っていることで生まれる特別な満足感があったりという良さがあります。

ですが先ほども書いた通り、普通に使うなら数万円のクオーツ式がベスト。

あとは多くの場合、気に入るか気に入らないかが問題です。ですので、オロビアンコの時計の外見を気に入った人は買って後悔はないでしょう。

どのモデルが良い?? オロビアンコの選び方

実はこのページの写真のオロビアンコはやや厄介なモデルで、自動巻式となっています。自動巻の時計というのは電池がいらない代わり、振動でゼンマイを巻いているので、着用せず放置しておくと止まってしまいます。

もちろんもう一度着用し、ゼンマイが巻かれて動き出したら時間を合わせれば良いのですが、ちょっと気を使いますよね。

そのうえ機構の特徴として時間がズレます。この時計の場合は1週間で5分ほどズレており、ときより気づいて調整しています。

そういうわけで、正確さを求める人はクオーツ式を選ぶと良いでしょう。見分け方は簡単で、文字盤に何も書かれていないものや、Quartzと書かれているものはクオーツ式。Automatic と書かれているものは自動巻です。

ただしオロビアンコの時計を買おうとしている人で、ちょっと質感にこだわりたい人や、高級感があるものが好きな人には断然、自動巻式のものがおすすめ。

機構はともかく、自動巻式のものは文字盤のオロビアンコロゴがエンボスになっており(安い物はプリント)、高級感があります。

orobianco01

また言ってしまえば余計なものですが、裏がスケルトンになっておりムーブメントが見えるようになっています。これもまた自動巻ならではの魅力です。

orobianco02

オロビアンコの時計はクオーツ式のものでもエンボスになっているものとプリントになっているものがあるので、買う前にチェックしてみると後悔しません。

まとめ

今回はオロビアンコの時計について紹介してみました。

結局時計はアクセサリーなので気に入れば買って良し!というところ。ただしそのとき「より気に入るものがあった!」と買ってから後悔しないように、いろいろ見て回って、例えば同じオロビアンコでも沢山のモデルを見てから購入するのが重要です。

ではでは、腕時計選びをお楽しみください。