【女性必見】1回目のデートで確実に彼の心を射止める5つの行動

好きな男性と初めてのデート!

彼を一回目のデートで絶対ゲットしたい!予約したい!

そんなあなたのためのページです。

cafe

彼のしてくれたことを喜ぶ

デートに行くとき、男性は一生懸命頭をひねってデートの行き先やルートなどを考えてきます。

食事は口に合うか、車の運転はどうか、疲れてしまわないかなど想像以上に気を使っているもの。

女の子としては、彼の気遣いに喜んであげることが大切。

例えば車を運転してくれるなら「運転上手だね!」と言ってあげたり、ドライブを楽しんでいることをしっかり伝えたり。レストランを彼が選んでくれたなら「美味しい!」と嬉しそうに食べるのが一番。

「こんなに喜んでくれるなら、今度はもっと色々行きたいな」

と思ってもらえること間違い無しです。

語らず、聞く。

女性の多くは話すことが大好き。でも男性はそれほど聞くことが好きではない場合が多いもの。

実は男性の多くは、それほど「他人」に興味がありません。

例えば「知り合いの◯◯が〜した」なんて話を延々としていたら、彼はうんざりして、二度とデートしたくないと思ってしまいます。

基本的には知り合いが何かをした話や、こういう知り合いがいる、という話はやめておきましょう。

それより重要なのは彼から話を聞き出し、興味津々な様子でそれを聞くこと。

「高校時代は何の部活だったの?」

「え、それ面白い!どうしてそういう状況になったの?」

と適度に質問してあげると、男性は楽しく自分の話ができます。

多くの男性は自分の昔あった面白いことや、体験したことを語るのが大好きですから、そういった話をそれとなく引き出してあげるのもいいですね。

ただしあまりにも自分のことを話さないのはNG。

バランスよく自分の話をしつつ、聞きましょう。

目線をうまく使う

実を言うと、男性は目線を合わせるというのは「特別なとき」のみの行動だと思っています。

特別なときとはいつか。

相手を好きなときです。

え?そんな?と思われるかもしれませんが、男性の多くは目を見てにっこりとされるだけで「この人は自分に気があるんだ」と思ってしまうのです。

上手な目線の使い方はこうです。

まずは距離が遠いとき。

相手が自分の目線に気づき、目を合わせてくるまでそれとなく相手の目を見つめます。

そして目が合ったら、さっとうつむくように目をそらす。それを何度か繰り返します。

次は、目が合ってそらしたあとに、恥ずかしさを隠すような感じでちょっとだけ微笑みます。

多くの男性はこれだけでゲットです。

もしかして…を予感させる

まあ若干ゲスな話をするのであれば、男性の殆どは女性とデートするときに「あわよくば」と思っています。

そういうわけで、その「あわよくば」が実現する可能性をちょっと感じさせるのも次のデートにつながるテクニック。

最終的には性格や人間性に惚れるとしても、それに気づく手前に飽きられてしまってはしょうがない。

例えば少量のお酒でも酔ったフリをして、ちょっと距離を詰めてみる。あるいはうっかりしたフリをして相手の手に触れてみたりと、「その気がある」アピールをするのが重要です。

「男はみんなそうなの?」

と思う人もいるはず。

あえて言ってしまうなら、男の8割はそうです。

「次くらいには可能性があるかな」と密かに思えば、積極的にデートに誘ってくれるようになるでしょう。

思わせぶりで十分なわけです。

ガツガツしない

好きな相手と出かけたりなんかしたら、一刻も早く彼をゲットしたくなっちゃいます。

でも焦りは禁物。

男性はあまりに女性がガツガツしていると、「軽い」はたまた「重そう」と引いてしまいます。

そんなことを避けるためにも、いろいろなことはアピールで済ませてしまいましょう。

好きかもしれないアピール。

付き合っちゃいたいかもしれないアピール。

「あわよくば」が実現しちゃうかもしれないアピール。

男はあからさまなものより、ちょっとしたアピールや「かも?」が好きなものです。

意識しておきましょう。

 

 

いかがでしたか?

好きな男性とデートに行くときには、ぜひ思い出して実践しましょう。