【20代にオススメ!】おもてなし料理レシピ

motenasi

「おもてなし」
自宅に大切な友人やお客さんが来た時に、少しでも楽しんで貰えるように料理などを出すことがあります。

ですが、20代の場合は何を出せば良いかさっぱり。なんて人も中には居るのではないでしょうか?
料理やおもてなしのスタイルというのは決まりは無く、お茶だけの場合や、和食、サンドイッチなどの軽食など色々なスタイルがあります。

ですが、特に万人受けしやすい「イタリア料理でのおもてなし」を紹介しますね!
編集部では25歳と21歳の山本&田中で仕事をしていますが、しばし大切なお客さんが来るので料理をつくる機会が多いです。

そこで、具体的なレシピとポイントも合わせて進めたいと思います。

内容を考える

まずは自宅に来る時間帯などを考えます。
7〜8時など早朝の場合はお茶と茶菓子だけでも問題ありません。相当親しい仲なら一緒に朝食を取るかもしれませんが、朝食は一般的にはゲストに出すことはあまりありません。

一番多いのが「お昼ごろ」と「夕方〜夜間」だと思います。
どちらも、食事のお誘いを予めしておきましょう。当日に来た時、突然の提案すると既に食事を済ませて来ているかもしれません。ひところ確認しておくと良いですね。

もし食事を済ませて来る場合、午後なら簡単なお菓子やケーキ・シュークリームなど用意しておいても良いかもしれません。
お茶の最中に「良かったら?」と聞いて出すことができますし、話に集中していて少しお腹が空いた場合にも出せます。

今回はお昼に食事を出すときのメニュー例を紹介します。

1.アンティパスト(前菜)のサラダと飲み物

飲み物はミネラルウォーターか炭酸水を選ぶと良いです。イタリアではフリザンテといって炭酸水が一般的です。
特にレストランに慣れているゲストの場合は好んで炭酸水を選ぶことが多いと思います。
「サンペレグリノ」や「サンベネデット」がイタリアの主力2メーカーです。

ランチの場合は、前菜に合わせて出す場合はさっぱりした水が良いですね。
またサラダは量を控えめで、レタス+スライスオニオン(水にさらす)+ベーコン(パンチェッタ)がオススメです。
フライドオニオンやクルトンを粉にしたようなものを軽く添えれば、より美味しくなります。
ドレッシングがない場合は、オリーブオイル+純米酢+ハーブソルトで簡単に即席ドレッシングが作れます。

あ、あとゲストが高級な服を着ていることも多いので、念の為にナプキンを用意しておくと良いです。
大判の膝にかけれるものだと良いですね〜

DSC_5406

2.プリモ・ピアット

今回は大ぶりのエビ入りのボンゴレビアンゴです。
アーリオオーリオをベースのパスタにヴィノビアンコの酒蒸しです。

ゲストがお酒OKの場合は、このタイミングでシャンパンなどを出すと良いですね。
今回はイタリアなのでスプリマンテです。

グラスはリーデルなど3千円程度で良質な専用グラスが手に入るので2脚程度用意しておくと便利です。
プレートはウェッジウッド、カトラリーはビレロイボッホです。

DSC_5416

3.セコンド・ピアット

プリモのパスタはとても軽い量で、少し物足りない程度で大丈夫です。
イタリアの料理はプリモ&セコンドでメインディッシュが2つ出るので、一つずつの料理は少なめが良いです。

セコンドは鶏のもも肉のバルサミコソースです。
予め新じゃがを茹でてスライスしておきます。

バルサミコソースは、ニンニクを刻み砂糖と一緒にバルサミコであえて加熱します。

若鶏などのもも肉は、予め蒸して料理します。そうしないと中までしっかり火が通りにくいので。
もしもフライパン加熱だけの場合はじっくり時間を掛ける必要があります。

ですが、おもてなしの料理の場合は時間が非常に重要で勝負になる所なので、裏ワザとして電子レンジを使います。
適当な陶器にお肉とお水を少し入れて、ラップします。それで電子レンジに掛ければ、水が蒸発して蒸鶏にできます。

短時間1〜2分でも中まで火が通って、生焼けをゲストに出す可能性がなくなるので、電子レンジはオススメですね。
その後に、皮の部分に溶かした片栗粉を薄く塗って、フライパンでカリッと焼きます。

エシレバターやサワークリームなどを添えれば本格的ですね〜。

DSC_5421

4.ドルチェ

デザートは、定番のドルチェ。ティラミスなどが人気ですね!
今回は満腹だったので、3時頃におやつとしてシュークリームを用意しました。

少し高級な物でも、生地がパリっとしていて美味しいシュークリームを選ぶと良いですね。
包丁で半分に綺麗にきれば食べやすく、量もちょうど良いです。

といった感じで完成!

おもてなしの料理の場合は、少しさめていたり、時間が経っていても大丈夫なので、予めほとんどのものを半分以上完成させておくと良いです。
スムーズに出すことが一番重要なのですねー。

また、お昼から泡を飲むのもとっても贅沢で素敵ですよ!
ハーフボトルを2人で飲めば、ほんの1〜2時間で酔がさめるので午後にも影響が少ないです。(もちろん車の場合は絶対にダメです)

普段から友達に料理を作って練習するのもオススメです。
頑張ってみて下さいね!