【解説あり】紺ジャケットのジャケパン着こなし具体例

男の永遠のベーシックである紺ジャケット。

これをお洒落に着こなすことができるか、できないかで男の人生はまるきり違ってくることでしょう。

仕事でも、休日のお出かけでも、婚約指輪を携えた勝負デートでも心強い味方になってくれる、紺のジャケット。

今回はその紺ジャケットを使った着こなしを『大人になれる本』メンズファッション担当のライター田中が解説していきます。

定番は紺ジャケット+アイボリーパンツのジャケパン

jacket01
Raffael Caruso ( jacket ) / Cesare Attolini ( shirts ) / GTA ( pants ) / Kiton ( belt )

もともと無難な紺ジャケットをさらに無難に着こなしたい、石橋を叩いても渡らないような人にもおすすめできるジャケパン着こなしが、紺ジャケットにアイボリーのパンツを合わせたジャケパン着こなし。

飛び抜けてお洒落なジャケパンコーディネートをしたいファッション関係者には向いていませんが、誰から見てもお洒落な、安定感のある雰囲気になるのでビジカジやちょっと特別な日のデートのジャケパンにおすすめです。

白パンを使ったジャケパン着こなしもイチオシですが、それよりも柔らかく控えめな印象のあるアイボリーのパンツは、「俺お洒落してるんだぜ」という印象がなく、さりげなくお洒落を主張できるのです。

また白シャツ、カラーシャツ、柄シャツいずれも相性が良いのもアイボリーパンツを使った紺テーラードジャケット着こなしの良いところ。

白パンだと派手すぎになってしまうような色のシャツも、品良くジャケパンにまとめることができます。

試したい!紺ジャケットに青シャツのジャケパン

jacket44
Cesare Attolini ( jacket ) / Cesare Attolini ( shirts ) / Cesare Attolini ( pants ) /

同系色でまとめるのがお洒落!というのは誰もが知る所ですが、紺のテーラードジャケットに青シャツとなると、ちょっと青すぎる印象が強いのかめっぽうマイナーな着こなしですね。

しかし紺ジャケットに青のストライプシャツは、かなりの好相性。色合いのマッチングさえ気をつければ、非常にお洒落に着こなせます。

ん、色合いのマッチング?

実は紺ジャケットには合う青と合わない青があるのです。見分け方は簡単。澄んだ色合いの青か、パステル系の白みがかった白かを見分ければ良いのです。

写真のように澄んだ色合いの青は紺ジャケットとも相性抜群。ぜひ積極的に紺ジャケットのジャケパンコーディネートに使っていきましょう。

注意すべきはいわゆる水色。パステルカラーにあるような(青と白の絵の具をまぜたような)まろやかな青で光沢感の薄いものは、紺ジャケットとのマッチングが若干難しいことがあります。

もちろんコットン系のあまり光沢のない紺ジャケットには相性も良いのですが、スーツ生地の紺ジャケットなどには合わせない方が無難でしょう。

ちなみに今回は紺ジャケット+青シャツにおさまらず、青系のポケットチーフも入れています。コテコテになりそうですが、白パンのプレーンな雰囲気のおかげで、統一感のある着こなしになっていますね。

紺ジャケットなら柄ジャケパンも着こなせる!

jacket59
Raffael Caruso ( jacket ) / Mattabisch ( shirts ) / Rota ( pants ) / BEAMS F ( tie )

紺ジャケットの一番の魅力は安定感ですが、その安定感をうまく利用すれば、難しい柄パンをセンス良く着こなして、遊び心のあるジャケパンを作るのにも有効活用できます。

こちらは淡いブルーの柄パンを使ったコーディネート。リネンのざっくりとした色合いが魅力的な、細かい千鳥格子柄のパンツです。

しかしこのパンツ実はかなり難しく、色々なジャケットに合わせてみようにも、なかなかうまくいかない。そういうわけで原点に立ち戻って、紺ジャケットと合わせてみると、ご覧の通りまとまりのあるコーディネートになったわけです。

他の記事でも書きましたが、このリネンのパンツをコーディネートするときのコツは、素材感を揃えること。

こちらのジャケットはしゃりっとした肌触りのホップサックウールを用いた春夏ジャケットで、通気性の良さとシルエットの美しさが魅力的。そして何よりも凹凸感のあるホップサックウールは、立体感のある素材感のリネンのパンツと最も相性の良いウール生地の一つ。

さらにシャリ感のあるシルクニット素材のネクタイを合わせて、全体の素材感を揃えています。