【メンズ】紺と赤の相性 赤の色合いで雰囲気が変わる!

紺と赤の相性は良いって聞くけど本当??

この赤も紺と組み合わせてもいいのかな…。

悩んでいるあなたに、写真で紺と赤の相性と印象を解説していきます。

紺と赤は確かに相性抜群!

紺と赤はとても親和性が高く、お洒落な組み合わせ。

例えばPaul SmithやThe DUFFER of St. GEORGEなどのイギリスブランドのスーツを見てみると……

navy-and-red3

「はっ!赤!」

というわけで。

だいたいどんな組み合わせであっても、紺と赤であればいけるでしょう。

同じ赤でも色合いで印象が変わる

赤といってもワインレッドやボルドー、鮮やかなイタリアンレッドなど様々な色合いがありますよね。

このうちのどれを紺に組み合わせるかによって、印象が変わって面白いのです。

さあ、いつものネクタイたちに登場してもらいましょう。

①紺のジャケットにイタリアンレッドのネクタイ

navy-and-red

鮮やかで派手な色合いの赤を組み合わせれば、情熱的でイタリアンな印象に。

是非アルファロメオなどのお洒落な赤い車に乗っていただきたいですね。

ちなみにこの組み合わせ、ファッションの上級者が見ると「おっ、こいつなかなかやるな」と言うポイントが一つ。

navy-and-red4

そう、今ではあまりメジャーでない「ダブル」のスラックス裾上げ。

クラシカルで伝統的なこのダブルを、あえてアバンギャルドで前衛的なヴィヴィアンのネクタイと組み合わせている。

バランスは良いが挑戦的な、センスのある遊びです。

かなりの上級者でなければ気づきませんが、気づかれればちょっとした話の種になります。

②紺のジャケットにワインレッドのネクタイ

navy-and-red2

ほらね、ワインレッドを組み合わせると同じ赤でもすごく印象が変わるでしょう??

内なる情熱はそのまま、冷静さと大人っぽさを手に入れたクールな着こなしといった感じ。バラさえ似合いそう。

ちょっとクラシカルでありながら派手さを残した、ワインレッドならではの雰囲気です。

さっきのがアルファロメオなら、こっちはジャガー。

英国紳士が火遊びをするときは、だいたいこんな服装なんですよ。きっと。

 

そういうわけで、紺と赤は相性が良い。

そして赤の色合いによって雰囲気と印象をガラッと変えることができます。

積極的にいろいろ組み合わせて、試してみましょう。