【メンズ】モテる!! お洒落なスーツの着こなし方

ぴったりサイズのスーツが一番モテる

最近では様々なところで言われていてもはや常識になりつつありますが、スーツのサイズがピッタリであればそれだけで着こなしのレベルは格段にあがります。

では実際にどうやってスーツのサイズを判断すれば良いのか??

ちょっと確認していきましょう。

①肩が合っている

スーツのサイズを自分に合わせるとき、最初に見るべきは肩が合っているかどうかです。

肩のパットが指でつまめるようならスーツの肩幅が大きすぎ、不自然なシワが寄るようならスーツの肩幅が狭すぎます。

肩幅はそう簡単には変わりませんし、後からお直し屋さんでリフォームするのも難しいところなので、ぴったり合った物を選びましょう。

②ボディラインが合っている

特に最近の傾向では、細身のシルエットが極端に好まれています。

しかし体格が良い人が細身すぎるシルエットのスーツを選んでしまうと、不釣り合いな感じになりバランスが悪い。また痩せ身の人があまり細身のシルエットを着るのも全体が細くなりすぎてしまって貧弱な印象になります。

肩が合うスーツが見つかったら、そのスーツのボタンを止め、しっかりと体のラインに沿ってくれるかを確認しましょう。

体のシルエットがそのままスーツのシルエットになるようなスーツがベストです。

また、着たら体を動かしてみましょう。肩が上げにくい、と後で気づくことは案外多いですよね。これはアームホールが小さすぎるときに起きる現象でして、後でリフォームすることも難しいパーツです。

③袖の長さが合っている

実際には袖の長さというのは、リフォーム屋さんなどに持っていけば有料で直すことができます。だいたい3000円〜5000円で出来るところがほとんど。

これをしっかり合わせてあるかないかで、お洒落かどうかが決まります。

ですが袖を長くは出来ないですし、短くするにも長さに限度があります。袖のボタンが開く、本切羽という仕様であった場合には肩から袖を直さなければならなくなり、シェイプが変わってしまうこともあります。

ある程度は袖丈が合っているものを選びたいですね。

④裾の長さが合っている

最後に見るべきは裾の長さ。

なぜ最後かというのは、裾の長さには一概に「これが正しい」というものがないため。

どちらかというとそのスーツの個性です。

基本的に、というか伝統的には尻が隠れる長さのようです。

最近は足が長く見えるということで短めが流行ですが、尻が半分は隠れる長さにしましょう。全部尻が出ると女性スーツと同じ外見になってしまい、男としては恥ずかしいというのが一般的な考え方のようです。

長ければトラディショナルでドレッシーに、短ければモダンでカジュアルな印象になります。

この際注意していただきたいのは、パンツの高さ。

特に日本では「上げパン」というののしり言葉がありまして、この影響でスーツを着るようになっても腰でパンツを履いてしまう人が多いみたいです。

実際にはしっかりとウエスト、へそのやや下で履くのが一番足が長く見えます。で、この状態でジャケットの裾丈を見ないと正確に長さが判断できませんよね!

ジャケパンにも積極的に挑戦しよう

ブレザー+スラックスで作るジャケパンスタイルは、ビジネスにも適した万能な着こなし。

スーツばかりで単調だ……と飽きてきた人は積極的にジャケパンの着こなしに挑戦しましょう。

例えばダブルのブレザーを使って、グレーのスラックスと合わせたトラディショナルなジャケパンスタイル。

business jacketpants

ビジネスライクなネクタイを締め、TVフォールドで白のポケットチーフを。今季トレンドのウインドウペン柄も相まって、ダブルながらも若々しい着こなしになっています。

もちろんシングルのブレザーでもOK。そこは好みで選びましょう。

紺とグレーを使った定番の色使いでここまでしっかりと決めていれば、職場で文句を言われることもないはず。スーツよりもセンスで差をつけやすい分、うまくいけばモテる着こなしになります。

どんどん挑戦していきましょう。

ジャケパン着こなしについてもっと知りたい人はこちら

いかがでしたか??

以上でモテるスーツの着こなし方講座は終了です。

さあ明日からのスーツライフを楽しみましょう!