女の子に『モテる男の服装・ファッション』10の条件

6. 着古していない服であること

denims

また清潔感に関するところでもありますが、服を着古していないことは、女の子にモテるために大変重要なポイントです。

例えばデニム。穴の空きそうな色の落ちたデニムをずっと履いていませんか?あげくに色の落ちた部分が薄汚れて茶色っぽくなっていたり?

「ヴィンテージ感があって、カッコいいデニム」

というのは男子の自己満足の世界であり、女子は色落ちしていないデニムが好きです。もっと言うなら、リジットのテーパードデニム+テーラードジャケットが好きらしいです。

またセーターやカーディガンなども、伸びていないかチェック。よれよれのセーターがお洒落に見えるには、相当な努力が必要です。服にシミ汚れがあったら、洗って落とすか処分しましょう。

7. 女子好みな色合いであること

Antonio Panico (Jacket Navy) Raffael Caruso (Jacket Blue)
Antonio Panico (Jacket Navy)
Raffael Caruso (Jacket Blue)

モテる人の服装は女子好みな色合いでできています。

女子好みな色には二種類あります。男っぽいクールさ、そしてフェミニンな可愛さ。これらどちらかに当てはまる色でコーディネートをするのが最もモテます。

男っぽいクールさは、例えば紺、白、ライトグレー、チャコールグレーなどによる着こなし。黒ばかりのファッションは女性には受けが悪いですが、紺と白はちょっとリッチなイメージもあってモテるということが判明しています。

またフェミニンな可愛さでモテるのが、非常に薄いピンクやクリーム色、水色、ベージュ、白など。ベージュと白にアクセントでパステルカラーを加えたジャケットスタイルなんかは、非常にウケがいいですね。

アーティスティックな女子は赤パンのコーデが好きですが、基本的にはクリーム色や白のパンツをベースにすると良いでしょう。

8. 服の品質が良いこと

brioni tie04

さて、上で紺と白がリッチに見えるということを書きましたが、実は女子はほとんど無意識に男の服装からその人の経済状況を読み取っています。

女性はお金持ちが好きとかそういう発想ではなく、本能的に「自分の子どもをしっかりと育てあげることのできる生活基盤を持った人」を選んでいるのです。そのために、身なりからお金の有る無しを判断する本能がついています。

その判断基準とは、服の品質です。

やはり品質の良い服は値段が高いし、品質の良い服を着ている人は、マナーとしてのファッションに理解がある=仕事ができるように見えるのです。

では品質とは?

仕立てと生地の良さです。ポリエステルやナイロンがメインの服ではなく綿100%やウール100%の服を選ぶこと。またその素材にしても、滑らかで手触りの良いものを選びましょう。仕立ては、細い糸で細かいピッチで丁寧に縫製されていること、着心地が良いこと、シルエットが立体的で美しいことなどで判断できます。

9. その場にふさわしいこと

jacket back

これはファッションにおいて最も大事なことでもありますが、モテるためにはより重要度が高いですね。その場にふさわしいこと。

私などはいわゆる着道楽ですので、友人達と河川敷でバーベキューをするときにも、湖畔で散歩をするときにもシャツやジャケットを着ています。カントリージャケットというそういった活動に合うジャケットを持っていますし、友人達は男も女もお洒落が好きなので問題ありません。

しかし普通は、やはりアウトドアであればそれにふさわしいカジュアルな服を、街でのデートであれば少し綺麗めな服を着ていることが一番モテるでしょう。

それは「自分のファッションのことなんかよりも、相手とその時間を楽しむこと優先するよ」という表明になるからです。

またデートで奇抜な服装をしないのは、女性に「あなたが主役だよ」と伝えるためです。

モテるにはその場にふさわしい服装を心がけましょう。

10. 着ている服を気にしていないこと

kiton jackets

最後に気をつけるべきは、いくらお洒落をしても、お洒落をしていることを気にかけないことです。

例えば非常にセンスの良いカラーコーディネートで、上質なものを着ている男がいるとします。女の子は「この人お洒落だな」と思う。しかしそこで、男が始めてしまう。

「お洒落だよねー」

「俺、毎週末にビームス行って新作チェックしてるんだよね。でもやっぱさ、ジャケットは高級なものじゃないとダメっていうか。俺このジャケット、エルメネジルドゼニアで買ってるんだよね。知ってる?ゼニア。知らないの?だめだね、一流ブランドだよ。一着30万円はするかな。これもほら見て、上質なカシミアシルクでさ、やっぱりゼニアのこだわりを感じるよね。パンツはいつもアルマーニジーンズかディーゼルで買うんだよね。色合わせは雑誌Safariを参考にしてさ。あ、靴踏まないでよ。俺のエルメスの靴、高いんだから」

最悪ですね。

お洒落な服をセンス良く、当たり前のように着ること。これが大事なのです。ファッションの話をするならこうです。

「お洒落だよねー」

「ありがとう!このジャケットすっごく生地が気持ち良くって。触ってみて!」

「ほんとだー!さらさらしてて気持ちー!」

これぞしめしめ、ですね。

 

いかがでしたか?

今回は少し長くなりましたが、男のモテる服装・ファッションの条件を10紹介しました。

ぜひ参考にしてくださいね!

日本初、ナポリ仕立てビスポーク専門店『Professore Rambaldi静岡』
手縫いのサルトリア仕立てジャケットが260,000円(税込)〜

著者 ライター田中

平成3年生まれ。
2017年春頃より、二代目ライター田中に就任しました。メンズファッションを主に執筆しています。

以前のライターとも仲が良いので、様々なことを聞いて書いています。