【ここが違う】なぜかいつも男子にモテる『30代女性』5つの特徴

あの女は同じ30代女性なのに、なぜか若い男性に人気がある。

なぜだ!?

と思ったら、その人に嫌がらせをするよりも、悔しく家で枕を濡らすよりも、なぜその女性がモテているのかを知り、自分もモテる30代女性になりましょう!

そういうわけで今回は、平成生まれのライターがモテる30代女性の5つの特徴を紹介します。

hina1

1. モテる30代は身なりや肌に清潔感がある

30代の女性が男子にモテるために大前提となるのは、やはり清潔感ですね。

勘違いされている方がいらっしゃるかもしれませんが、特に30代までは男子は意外にも「年齢」よりも「清潔感」でその人の魅力を見ています。(もちろん恋愛対象年齢を設定している男子もいますが)

実際のところ肌ツヤが良くなければダメ、シワがあってはダメ、化粧品でなんとかしましょう、なんていうのは化粧品会社の思惑ではないでしょうか。

大事なのは清潔感です。

年齢相応の肌であっても、手入れを怠らず、またケミカルな化粧品を分厚く塗ったりしないこと。特に化粧品、ファンデーションの厚塗りは最悪です。イメージとしては、べったりとチョークの粉がついた黒板消しを想像してもらえると良いかもしれません。

それよりはむしろ、自分の持っている肌で勝負することが大事ですし、その肌をできるだけ「生き生き」とした状態に保つことが大切です。シワがあっても良いし、シミがあっても良いです。

そのために、日々の生活をある程度良いリズムにすること。食生活を見直し、飲み過ぎず、十分な睡眠を取ることです。

またニオイにも注意です。30代女性は香水、柔軟剤、化粧品、シャンプーのニオイなど全て「無臭」が最も清潔感があります。大学生なんかは髪からシャンプーのニオイがしても魅力的に思われますが、大人の女性の場合は「無臭」こそが最も良い香りだということを覚えておきましょう。

2.ストレスをためない=モテるにつながる

またストレスをためない、発散することは30代女性がモテるためには大変重要です。

それによって人の持つ雰囲気が全く異なります。

ストレスをためている人と、ストレスをためておらず楽しそうにしている人では、表情が違います。そして表情によって顔の形は若干ずつではありますが確かに変化していく。

すると、ストレスをためている人はほうれい線ができ、眉間のあたりにシワができますが、これは非常に神経質な印象となり、モテなくなりがち。逆にストレスを発散して、いつも楽しそうにしている人は目尻にシワができ、愛嬌があって取っ付き易い印象となります。

30代でシワが気になり始める人は女性全体の7割と言われており、そのシワをどうしよう!と考える女性は多いです。

しかし男子が気にしているのはシワそのものではなく、シワのでき方、ひいては表情から垣間みることのできるその人の人生と性格です。

まずはストレスをためずに、良く笑うことです。

私なんかは地方都市に住んでいますが、東京を訪れるたびにその人の多さに圧巻されます。街や駅を歩いていて、人にぶつかったり、カフェが必ず満席のようになっているというのは決して正常ではありません。

人の多いところに住んでいる人は、休日には少し遠出をして、ストレスを発散しましょう。

3.モテる大人の女性は謙虚だけど積極的

これもまた大事な要素ですが、モテる30代女性はわりに積極的です。

もちろん図々しさがあったり、自分が上だ、というような主張をしてしまっている人、また頑なに自分の意見を押し付けたりする人はいけません。

そうではなくて、ちょっと大人な強引さで年下男子を引っ張っていける。これがモテる30代女性の「積極的」ですね。

例えば年上好きの男子は基本的に、デートでおもてなしをすることに疲れていたり、そういうことを望んでいなかったりします。

自分なんかもそうですが、年下や同い年の女の子と出かけるときにはプランを決め、どこかに喜んでもらえるようなポイントを用意し、何か不具合があったときの予備案を作っておき、それに沿うようにしかしそれを感じさせない雰囲気で当日を進行させていく。

こんなデートはもういやだ!と感じているわけですね。意外に普段から仕事を頑張っている男子ほど、休日には「母性」を求めていて、おもてなしデートが億劫だったりします。

ですから年上のお姉さんに「次はここね!」「今日はここ行くよ!」と引っ張っていってもらえると、ちょっと嬉しくなってしまうのと同時に、「この後はなんだろう……」と胸を高鳴らせてしまうわけです。