【基本】モテるトーク〜これができれば連絡先は確実に聞ける

今回は、王道かつ基本のモテるトークをお教えしましょう!

大前提は、モテたい相手を絞ることです。
これはどんな人にモテたいのか予めはっきりとさせます。

そしてその、モテたい相手を対象にモテトークの内容を考えます。
初めは???と思うかもしれませんが、結構理屈にかなっています。

例えば、ギャルにもてたいとしたら、「ギャルが好きなことや」、「ギャルが興味あること」を予習することが重要です。
もし、アニメが好きな女の子にモテたいのならば、その女の子が好きなアニメについて調べたりする事が大事です。

つまり、相手が好きな事やもの、価値観に共感する事がモテることにおいて一番大事なのです。

男女、逆で説明するとします。
例えば、車が好きな男の子が居たとして、
「◯◯君はどんな車すきなのー?」
「うーん、スポーツカーとか。そういう感じの好きだよ」
「そっか!GT-RとかRX-7ってかっこいいよね~!そういえばCMで◯◯の新型が出るみたいだよねー!」
「XXちゃん詳しいね~」
「ちょっとだけだけどね。お父さんが車好きでさ」

といった感じで、車の話をできれば、相手も、「この人、自分の好きなことに興味持ってくれてる!」とか
「この人と話してると、なんか楽しい!」ってなります。
車好きな男の子相手に、”いかにディズニーランドが素晴らしいか”とか、”いかにリズリサの服が可愛いか”を語っても
相手が興味ないと、全くの無意味です。

という風に、男性がモテたい場合は、女の子が好きな物や事について、しっかりと下調べする必要があります。
そしてそれを、「知ってる!」とか「詳しいんだぜ」みたいに知識をひけらかすのではなく、会話の中でさりげなく出す必要があります。

例えば、
「◯◯ちゃんは、休日は何してるのー?」
「うーん、買い物かな?」
「おおー、ルミネとか?何系の服すきなの」
「アースとかかなー」
「あぁー。宮崎あおい出てるよね!」

といった感じで、会話は一例ですが、何となく、ちょっと少し知ってるといった感じで自然に出すのがGOOD!です。

相手の好きなことに共感するということはとっても大切です。
そして自分もそうであるという事もさり気なく相手に伝えると良いです。

「私、朝弱くてさ~」
「俺も俺も、俺なんかこの前の日曜日お昼まで寝ちゃった。笑」

といった感じで、相手と同じ。ということを話すと良いです。

「私、朝弱くてさ~」
「え?前日早く寝なきゃだめじゃん。」

な~~んてのはNGです。基本的に共感する事が大切です。

ということで、入門講座【基本】モテるトークでした。

DSC_2164