【御殿場】モンブラン MONTBLANC アウトレットのセール情報

mont_blanc

MONTBLANC モンブランのアウトレット情報

御殿場プレミアム・アウトレットのモンブランは、時計のブランドやジュエリー系のショップが集まる、イーストゾーンの中でも夢の大橋にほど近い細長いエリアにあります。付近にはセイコーやロンジンなど高級時計を扱うショップ、TASAKIやVERITEなどのジュエリーブランドがありますね。

モンブランの御殿場プレミアム・アウトレットでの品揃えは、店舗はそれほど大きくありませんが、バッグや財布、ベルトなどから時計、その他のアクセサリーに至るまで幅広くラインナップしており、きっと欲しいものが見つかるのでは?と思います。

特に御殿場プレミアム・アウトレットのモンブランで安いのはアクセサリーや時計ですね。これらは大体が40%〜50%オフですが、定価100万円する腕時計であれば、60万円で購入することができるのです!またバッグなども50%オフとなっており、これはなかなかお買い得なディスカウントですね。

ちなみにモンブランの主流であった万年筆については、30%オフがメインのようでした。

その他カフリンクスや、モンブランのワインオープナーなども取り扱いがあり、こちらはコレクターにおすすめです。

MONTBLANC モンブランとは?

1906年、モンブランの先駆けとなる会社「シンプロ・フィラーペン・カンパニー」を文具屋の主人、銀行家、エンジニアの3人が立ち上げた場所は、ドイツというよりは「ハンブルク」とブベキでしょう。

ハンブルクはドイツの北部に位置する、ドイツではベルリンに次ぐ大きな都市です。しかしハンブルクは自由国家として長く独立を貫いてきた都市で、古くからヨーロッパでも特に力を持った街の一つでした。

そして1871年にドイツ帝国が結成されたときにさえ、ハンブルクは独立を維持していたというから驚きです。王侯などの権力、貴族にも支配されないハンブルクには、数々の芸術や文化、そして商業が集結していったと言います。

それから35年経った1906年にモンブランの先駆けがハンブルクに誕生しましたが、そのときもやはりハンブルクは自由と独立の気概に満ちた都市であったのかもしれません。

1924年にはモンブランの代表作であり、傑作と言われるマイスターシュテュックが発表されます。完璧な重量バランス、素晴らしい素材感、そして精巧を極めた機械部を持つこのシリーズは、現在に至るまでもモンブランの代表的な万年筆であり続けていますね。

1924年誕生の「マイスターシュテュック」の大ヒットにより急成長したモンブランは、1950年代には高級万年筆の最高峰と言われ、世界中の調印や契約など重要なシーンで使われる筆記具として選ばれるようになりました。ちなみにマイスターシュテュックは日本でも古く、1963年頃には輸入されるようになり、ステイタスシンボルとなったと言います。

ただ時代の流れによって万年筆が一般的でなくなっていくと、モンブランも1980年には英国のダンヒルによって買収されます。ダンヒルは「車以外なら何でも揃う」と言われた、メンズの総合ブランドです。

もともと筆記用具や小物などにも力を注いでいるダンヒルは、メンズファッションブランドとしては少し変わったブランドです。しかしモンブランを買収するのであれば、逆にダンヒル以外のファッションブランドは考えにくいでしょう。

1993年にはそのダンヒルがリシュモングループに買収され、今度は親会社の親会社であるリシュモンの運営となります。

残念ながらコアなファンからは非難の声も上がっていますが、現在モンブランは筆記用具の製造量を大幅に減らし、その代わりにジュエリーや時計などのアクセサリー、バッグなどを増やすことによって、総合アクセサリーブランドに方向転換しています。

従来のような非常に高品質な万年筆はもう手に入らないとされていますが、それでもモンブランのアイテムを様々な場面で身につけることができるようになることは、喜ぶべきかもしれません。

MONTBLANC モンブラン 公式サイト

http://www.montblanc.com/

※このページの御殿場プレミアム・アウトレット情報、ブランド情報は『大人になれる本』が実際に足を運び、独自に研究して掲載しているものです。引用やコピー、内容の書き換え掲載等はお断りしております。