【本当に良いの??】人気セレクトショップのリアルな評価

ビームスやユナイテッドアローズ、アーバンリサーチやナノユニバース。それぞれ日本で大人気なセレクトショップだけど、時にはあまり良くない評判を聞くことも……。

実際のところセレクトショップのオリジナル製品ってどうなの?? セレクトショップの値段は妥当??

そんな疑問を持ったあなたのために、4つのセレクトショップをリアルに評価してみました。いつもはいろんなブランドの良いところをお伝えしてお勧めしていますが、今回はちょっと辛口!

もちろん個人的な意見によるものですので、一概に正しいとは言えない部分もあるはず。

最終的には自分の目で確かめるとして、一つの参考として読んでみてください!

 

BEAMS ビームスの評価

beams

ビームスは大学生を中心として絶大な人気を誇るセレクトショップブランドですが、一部からは「高いだけで品質が良くない」「所詮学生向け」という声も聞かれます。

本当のところはどうなの??

確かにビームスの店内を見てみると、いろいろなアイテムの値段がかなり高いのが分かります。そして値段相応らしいものと、値段が釣り合っていないように見えるアイテムが混在している様子です。

例えばプリント柄が入っただけのTシャツなどは、やや値段が高すぎる様子。製作にほとんど手間がかからず、材料もそれほどこだわったものでないため普通の値段帯のTシャツとそれほど差がない。

「このデザインじゃなきゃダメ!」という場合でなければ、必ずしもBEAMS ビームスで買う必要はないと思います。

BEAMSビームスが扱うカジュアルシャツやニットなどに関しては値段相応という印象。

ただ今季でいうところのホリゾンタルカラーを用いた麻100%のシャツような、ドレスシャツに近いカジュアルシャツはいつも品質が良くお買い得な印象です。

素材の良さが見て取れますし、襟や袖などのシャープでしっかりとしたシェイプは安いブランドで買うシャツには中々見られないディティールだと思います。

また、値段帯が高めのBEAMS Fやインポートに関しては価格が高いだけの価値がある服が多いでしょう。特に一部の地域で見られるBEAMS EXなどは、是非チェックしておきたい店舗です。

beams ex

 

 

UNITED ARROWS ユナイテッドアローズの評価

united_arrows_k_1280_960

ビームスと双璧を成す存在として人気なセレクトショップ、ユナイテッドアローズ。ユナイテッドアローズが扱うオリジナル製品に関してはおおむね値段なりの価値がある服が多いと思います。

セレクトショップのオリジナル製品は利益率重視で、流行っぽさを取り入れた形ばかりのアイテムだという意見もあります。

しかし例えばユナイテッドアローズのメインラインで扱っているオリジナルのシャツを見てみると、物によってはその生地の良さに驚くこともあります。

日本製にこだわっている商品も多く、そのあたりも好印象です。

united arrows tag

 

それから廉価版であるグリーンレーベルリラクシングも、物によってはかなりお得感があります。特にコート類やドレッシーなジャケットなどはタケオキクチと同等の素材を使っていることもあり、値段の割に質が良いことがあります。

またユナイテッドアローズの運営するコンセプトショップ的な意味合いを持つ店舗、Distric UNITED ARROWS ディストリクト ユナイテッドアローズではDistrictというオリジナルラインを展開しています。

そのDistrict ディストリクトのテーラードジャケットに関しては、定価5万円とはまったく思えないほどの高品質な生地と丁寧な縫製で、従来のセレオリの印象を覆す印象です。

district

ただし、ユナイテッドアローズの服なら全部良いかと言えばそうではないと思います。

ユナイテッドアローズの場合は「試着してみて違和感がある」「なんとなく着心地が悪い」「手触りが好きになれない」というような服が外れであることが多いです。

一見良さそうでもなんとなく違和感を覚えたときには服のシェイプがあまり良くなかったり、利益率を重視したアイテムである場合もあります。

もしどうしても気になる場合は品質表記で素材を見たり、襟裏や裏地など細かいところの縫製を見てみたりするのも良いでしょう。

 

 

URBAN RESEARCH アーバンリサーチの評価

urban-research-prc

アーバンリサーチは大学生から30代まで幅広いファンを持つセレクトショップですが、最近では一部で「品質が低下している」などという話も聞かれています。

実際のところはアーバンリサーチ全体の品質が低下しているというわけではなく、一部のアイテムが利益率重視になっているという印象。特に多くの人が利用しているアウトレットモールに入っているアーバンリサーチのアウトレットでは、原価を抑えたアウトレット専用商品が大量に扱われています。

urban-research-shop

そういったアイテムはあまり品質が良くなく、アーバンリサーチだからと言って全面的に信頼できない場合が多いですから注意して見極める必要があります。

逆にアーバンリサーチドアーズなどの正規店で扱われるイタリア製生地のスーツは値段の割に高品質ですし、アーバンリサーチの他のカジュアルアイテムも長く使えるような品質のものが多数あります。

基本的には中国製の多いブランドですが縫製のレベルはそれなりに安定しているため、あとは生地の質や値段設定の妥当さをしっかりと検討して購入するのが重要です。

 

 

nano・universe ナノユニバースの評価

nano

ナノユニバースは上のアーバンリサーチと並んで、大学生から20代後半にかけて大人気なセレクトショップです。お洒落でエレガントなコーディネートの店舗デザインで高級店さながらの雰囲気ですが、服の品質はどうなのでしょうか。

これに関しては完全に物によると思います。

例えば部分的に花柄のあしらわれたキレイめなシャツやドレスシャツはお洒落でセンスの良いアイテムながら、値段が控えめなものが多くお得感があります。

ハイゲージをメインとして多くラインナップされているカーディガンやニット類は妥当な値段設定でしょう。

逆にテーラードジャケットの類いはちょっと値段と釣り合わないものが混じっている印象。3万〜5万円の高級そうな雰囲気のテーラードジャケットがストックされていますが、実際にはあまり普通の1万円代のアイテムと変わらなかったりする場合もあります。

特にそういった高いものをナノユニバースで買うときには、店員さんに「製造国」「素材」「作り」などをしっかりと聞いてみて、納得してから購入するようにしましょう。

 

いかがでしたか??

最初にも書いた通り、これは個人的な意見になってしまうので正しくない部分もあると思います。

今回の記事の内容は参考として覚えておき、自分で各セレクトショップを訪れてみて、本当に納得のいく服を買いましょう!