【具体例】メンズ 白パンを使ったジャケパン着こなし

メンズで定番の白パンに挑戦したい!

白パンはお洒落な人やスタイルの良い人でないと履けないというイメージがありますよね。

でもジャケットスタイルであれば、白パンを自然にコーディネートに取り入れることができます。

そういうわけで、今回は白パンを使ったコーディネートの中でも、ジャケパンスタイルに焦点を当てて、コーディネートのコツやテクニックを紹介していきます。

紺ジャケ+白パンで清潔感のあるジャケパンに

jacket55

さあ、早速始めましょう。

まずは定番の紺ジャケットを白パンと合わせたジャケパンスタイルから。紺ジャケットはどんな色にでも組み合わせることのできる定番のジャケットですが、白パンと合わせることにより、紺ジャケットの爽やかな印象がより際立ちます。

中でも白と鮮やかで深いブルーを組み合わせた着こなしは、イタリアのラグジュアリー&エレガンスを体現する車、マセラティのコーポレートカラーを連想させますね。

また紺ジャケットはベーシックなものでも構いませんが、写真のように光沢感のあるものにすると、より注目の着こなしとなりますね。ここ数年で紺のテーラードジャケットやスーツは定番となっていますが、最近ではより表情豊かな生地感の紺テーラードジャケットや紺スーツが人気を博しています。

リネンやモヘヤ、シルクの持つ独特の光沢感はジャケパンを一気に華やかにして、紺×白の爽やかな定番ジャケパンをもっとお洒落なジャケパン着こなしに格上げしてくれますね。

リッチな印象はライトグレー×白パンのジャケパンで

jacket41

ちょっとリッチな印象のあるような着こなしがしたい?

そう思ったのであれば、是非挑戦していただきたいのが、ライトグレーのジャケットと白パンを組み合わせたジャケパン着こなし。

ライトグレーのジャケットは定番ですし、どんな人にも似合う比較的無難な色合いなアイテムでありながらも、日本では意外にマイナーな存在ですね。これは何よりも、質の悪いテーラードジャケットでライトグレーだと、あまりに質の悪さが露呈してしまうため、多くのブランドがライトグレーなど明るい色を避けるからです。

BEAMS F ビームスやTOMORROWLAND トゥモローランドなどが展開する、イタリア製生地を使ったテーラードジャケットならば品質に問題なし。上のジャケットのように、ライトグレー+光沢感でシルバーのような色合いのものは、余裕のある雰囲気があり大変おすすめです。

そしてそんなライトグレーのジャケットをジャケパンで引き立ててくれるのが、清潔感のある白パン。ライトグレーは濃厚や黒などのボトムスで着こなそうとする人が多いですが、おすすめは白パンです。

白パンとライトグレーの組み合わせでは二つの色が相乗効果を起こし、大変リッチな印象のある着こなしができます。ちなみに最後にアンティークゴールドやピンクゴールドをアクセントに足すと、より上品な着こなしができますね。

柄ジャケットも白パンなら定番ジャケパンに

jacket51

こちらはチェザレ・アットリーニというブランドの、うっすら大きめのチェック柄の入ったジャケット。チェックが同系色ではなく、またシルク混生地で少し光沢感も強めであることがあって、普通に着こなそうと思うと生地のマッチングやカラーコーディネートで思ったよりも悩んでしまいます。

こういったときにこそ、白パンです。

ちょっと難しい印象のあるチェック柄などの柄ものジャケットも、白パンであればまるで定番のジャケパンスタイルかのように着こなすことができます。

白パンに、トーンの違う白系のシャツを入れ、目一杯ジャケットの柄の持つ魅力を際立たせるコーディネートに。このジャケパン着こなしであれば殆どの色の、様々な柄のジャケットを難なく着こなすことができますね。

白パンの持つ万能性を活かして、どんどん柄ジャケットをコーディネートに取り入れて行きましょう。

ブラウン×白パンは大人の色気ジャケパン

jacket45

白パンのコーディネートはもはや定番で、挑戦している人も多いですが、ほとんどの人が紺や黒、グレーなどでジャケパンにしていますよね。

もっと個性的で、しかも大人な雰囲気のあるジャケパン着こなしをしたい。そんな人におすすめなのが、日本のマイナー色、ブラウンのジャケットを白パンと組み合わせたジャケパン着こなしです。

ブラウンはテーラードジャケットではあまり人気がありませんが、実は

白パンは非常に清潔感のある色合いですので、これにアースカラーであるブラウンを組み合わせれば、ブラウンの持つナチュラルな雰囲気をより洗練させ、都会的なブラウン着こなしにすることが可能です。

写真ではブラウンジャケットをさらに上品に引き立てるためにブラウン系のストライプのシャツを組み合わせていますが、他にも薄い青ストライプのシャツや黄色のシャツなんかも非常におすすめなアイテムですね。

青を茶色と合わせるのはマローネ・エ・アズーロと呼ばれ、イタリアの定番の着こなしとなっています。黄色いシャツは着こなしが難しいですが、ブラウンのジャケットと白パンであれば、お洒落に着こなすことができますね。

ベージュ×白パンのジャケパンで上級お洒落に挑戦

jacket42

さて、白パンコーディネートの中で最も上級者向けの着こなしの一つで、しかしおすすめなのが、ベージュのテーラードジャケットを使ったジャケパン着こなし。

特に明るいベージュのジャケットを使って、柄シャツと白パンでジャケパンを着こなせば、まるでイタリアの伊達男のようなスタイルができます。

ベージュジャケットもまた先ほど紹介したライトグレーのジャケットと同じで、品質が悪いと見るに耐えぬアイテムになってしまうので廉価ブランドでは殆ど扱いがありません。

買うのであれば、ある程度出費を惜しまないつもりでいると、非常に気品のある素晴らしいベージュジャケットに出会うことができます。

こちらのジャケットは非常に目のつまったコットンを使用した春秋向けのコットンジャケット。少し硬いコットンでしたが、何回も何回も着込んでいるうちに、やわらかくくたっとした風合いになってきました。コットンジャケットはその表情の変化も魅力の一つなのです。

さて、そんなベージュジャケットを白パンで着こなすジャケパンスタイルですが、ここでのコツは華やかなアイテムを適度に盛り込むこと、それからシルエットの良いものを選ぶことですね。

ベージュはともすると、年配の方のようなイメージにもなってしまいがち。シルエットが合ったジャケットをきっちりと着こなし、ストライプなど華やかな色柄を下品にならない程度で取り入れることで、お洒落に着こなすことができます。

 

いかがでしたか?

今回は白パンを使ったジャケパン着こなしについて詳しく解説してみました。

春夏では特に活躍するであろう白パンですが、ぜひコーディネートの幅を広げて、昨年よりも更にヴァリエーション豊かな白パン着こなしを楽しんでくださいね!