【メンズ必見】貧相・太り気味・身長・顔デカをカバーする着こなし方!!

2014年にぴったりな、貧相・太り気味・身長・顔デカなどなどをカバーする着こなし方を紹介!

最新の着こなしテクニックで理想の自分を手に入れましょう。

 

 

カーディガン+カットソーは細め体型の人に

 

カーディガンはメンズファッションの定番アイテムですが、そのやわらかいシルエットゆえに、似合う人と似合わない人がいます。

まずカーディガンをカットソー(Tシャツ)で着て似合う人は、ある程度肩幅が狭くて華奢な体型の人。

カットソーにさらりとカーディガンを羽織って前ボタンを止めずに着れば、体型がカバーされていい感じに。可愛い系の着こなしになり、女子受けも良いです。

逆にカーディガンの着こなしで苦労するのが、筋肉質な人や肩幅の広い人。

中でも特に薄手でハイゲージ(目の詰まった)のカーディガンは、上腕やチェストのラインがはっきりと出てしまうので、あまり筋肉質な人には適さない印象。

また、日本のカーディガンは総じてアームホール(袖)が小さく、肩幅が細目なので、肩幅が広かったり、腕ががっしりしている人はぴったりしすぎてしまうことも。

casual08

この写真ではウエスト周りをキュッと締めてから撮影しているためにスマートに見えますが、肩幅が広いとカーディガンがそれに合わせて下に落ちていく。

そうするとウエスト周りがはらんでしまって、結果的に太っているように見えてしまいます。

筋肉質な人や肩幅のある人におすすめなのは、襟のついたカーディガンや、カーディガンではなくセーターのような前の開いていないニットの服。

襟のついたカーディガンだと肩幅の分が自然に広がり、テーラードジャケットのように綺麗に決まるのでおすすめ。

ウエスト周りだけボタンを締めれば、太っているようにも見えません。

jacketpants17

 

 

もう一着、セーターのような前の開いていないニットの服。さくっと一枚で着られるようなもので、サイズの大きめのものであればOK。

腕の太い人は腕をまくることによって、Safari サファリ風の着こなしになるのでおすすめです。

safari03

 

 

テーラードジャケットはブランドによって向き不向きがある!

 

逆に肩幅があって、筋肉質な人におすすめなのはテーラードジャケット。

肩幅は広く、ウエストは絞るというテーラードジャケットの基本的なシルエットが、肩幅広めな人にぴったり合います。

イギリスでは特に胸板を強調するような形のテーラードジャケットが好まれてきたことからも、テーラードジャケットは筋肉質な人にぴったりなアイテムだと分かりますね。

jacketpants3

 

 

こんな感じでさらっと着てもしっくり着ます。

逆に細い人や肩幅の狭い人はテーラードジャケットを着れないのか!?

そうではありません。

実はテーラードジャケットの作りはメーカーやブランドによって異なります。

例えば上のようなイタリア製などのインポートブランド、Paul Smith ポールスミスなどを始めとした海外ブランド、それにTAKEO KIKUCHI タケオキクチなんかはやや肩幅が広め&アームホールも大きめに作られている。

そのため、筋肉質な人や肩幅のある人にピッタリ決まります。

ちなみに体格がいい人、太り気味の人もできるだけぴったりのものを着た方が良いのですが、ウエスト周りに余裕が欲しければBROOKS BROTHERS ブルックスブラザーズなどのアメトラのブランドへ行くと良いでしょう。

逆に日本の若い人向けのブランドで探せば、細身な人にピッタリのシェイプのテーラードジャケットが見つかりやすいです。

Urban Research アーバンリサーチやnano・universe ナノ・ユニバースを始め、もっと細身のものが欲しければMichel Klein ミシェルクランやNICOLE club ニコールクラブなんかをチェックすると良いでしょう。

最後の二つのブランドは特に、20代前半向け。大学生におすすめのブランドです。

 

 

胸板が厚い人はシャツをワイルドに

 

胸板が厚めの人は、それを活かさない手はありません。

そんな体型の人におすすめなのは、ノーネクタイで着こなすシャツの着こなし。

beige-jacketpants21

 

ほどよく体型の良いところを活かしながらも上品に着こなせるのがメリット。

なんとなく立体感があり、男らしさのある雰囲気になります。

シャツは是非ジャストサイズか、もしくはスリムなタイプを選んでください。同じシャツの着こなしでも、サイズが大きめだとこんな感じになります。

beige-jacketpants24

 

ジャケットを着るならともかく、シャツ単体で着るにはちょっとスマートさに欠けますね。

もしカジュアルで着る専用で買うなら、首回りがややキツかったり、ぎりぎりボタンがしまらなかったりしてもOKの場合があります。その方が身幅がピッタリになり、現代的に決まるからです。

ただし動きにくいのは、ちょっと難あり。肩幅が合っているかだけは、確認しておきましょう。

 

 

足の長い人は短丈、短い人はぴったりパンツ

 

最近の流行は短めの丈のパンツ。

ジーンズにしてもチノパンにしても、スラックスにしても9分くらいの丈が流行っていてお洒落だとされています。

なので足が長い人は短めの丈のパンツがおすすめ。

kurumani.com
kurumani.com

確かにお洒落に決まりますね。

「足長効果がある」とも言われていますが、それは本当でしょうか??

これは様々な意見がありますが、個人的な意見では逆に足が短く見えてしまうのではないかとも思います。

というのもパンツの丈が短くなると、股下からのパンツの長さが非常に短くなります。人間の目は色の濃い部分にいくわけですし、パンツ=足の長さだという思い込みがある。

なので一瞬見たときに、この股下からくるぶしの短い範囲を足だと認識してしまうかもしれないからです。

おすすめは、ピッタリの丈のパンツ。

ワンクッション置くような長さが正統的とされていますが、それから1センチ短くして、すらりとパンツが一直線に落ちる+ちょっと靴にかかるくらいの長さにするのが最も足が長く見えると思います。

いろいろな意見がありますので、参考までにどうぞ。

 

 

体型が貧相な人は重ね着でかさ増し!

 

逆に体型が貧相で、胸板が薄い人はどうしたら良いか。

そういう人は服の厚さでカサマシ。体型を補ってしまいましょう。

まず問題になるのは春夏、とくに夏の重ね着。夏は服装がシンプルになっていくため、体型の貧相な人にはより厳しい季節。

そんなときに活躍するのが、サマーニットです。

casual

 

ニットは本来秋冬のファッションアイテムですが、それを麻を使ったり編み方を工夫することで夏にも着られるようにしたのがサマーニット。

着ていても暑くなく、夏に着ても違和感がない唯一の重ね着アイテムと言っても良いでしょう。

今回のように半袖の麻シャツなんかと組み合せ、腕をまくってしまえば完全に夏対応ですが、体のラインもごまかすことができます(モデルはけっこう厳ついので参考にならなくてすみません……)。

 

秋冬であれば、コートを着るよりも先にベストやカーディガンなどをジャケット(アウター)の下に入れることで、厚みを出します。

jaketpant-style24

 

 

こんな感じで、単体でジャケットを着るよりもずいぶんボリュームが出ます。

もっと厚みが欲しい人は、ややフォーマルな雰囲気になってしまいがちですが襟付きのベストがおすすめ。襟がふんわりとする分、ジャケットとの間にすきまができる。

そういうわけでよりボリューム感を出すことができます。

 

 

顔が大きい人は首もとを開ける

 

顔が大きいことで悩んでいる人は多いはず。

でも実は顔の大きさをごまかす着こなし方は、けっこうたくさんあるのです。そういうところに敏感なレディースではファッション雑誌に「小顔うんたら」と紹介されているくらいですね。

さて、メンズの顔を小顔に見せる着こなしのコツはずばり、首もとを開けること。

このテクニックで小顔に見えるかどうかは、スーツで試してみると分かります。まずはネクタイをカッチリと締めて鏡の前に立ってみましょう。

その後ネクタイをほどき、シャツのボタンを2つあけて自分を見てみます。ネクタイをほどいたときの方が顔が小さく見える人には、このテクニックの効果があります。

そういうわけで首もとがピッタリとしていると、顔が大きく見えてしまいやすい。TシャツならクルーネックよりもVネックやヘンリーネック、シャツならボタンを2つ開けるなどして首元をあけましょう。

jacketpants16

 

じゃあスーツでネクタイをするときにはどうしようもないのか??

ま、ある程度はどうしようもないです。人間配られたカードで勝負するしかないわけですね。

でも、ある程度自由のきく職場であればアスコットスカーフで着こなすのもOKかも。

ascot

 

襟元が大きく開くので、ネクタイよりも小顔に見えることが多いです。

 

 

襟を工夫すればさらに小顔に

 

先ほどネクタイを締めると顔が大きく見えやすい、というふうに書きましたが、スーツやシャツの襟の形によっては小顔効果があります。

現在、流行のスーツはナロー&ショートで、どこで買おうとしても襟の細いスーツが多いです。

でもあまりにスーツの襟が細いと、相対的に顔が大きく見えてしまいます。なので、ちょっとラペル(襟)の広めでクラシカルな印象のスーツを選ぶと顔が小さく見えるのです。

細いラペルというのはこんな感じのもの。

thom-browne-for-brooks-brothers-black-fleece-classic-suit-profile

広めのものと言っても、以下のスーツくらいで十分小顔効果が狙えます。

jaketpant-style58

 

ちなみにこちらのスーツはゴージライン(襟のくぼみの部分)も高めの設定。

ゴージラインが高いと目線の意識が上の方に行くために顔の大きさを強調してしまう、という意見もありますが、その変わり意識が上に行くので身長を大きく見せることができます。

身長が低くて悩んでいる人はゴージラインが高いスーツを選ぶと良いでしょう。

スーツの襟と同じように、ワイシャツの襟の広さも顔を小さく見せるのには重要です。

これも相対的に大きさを判断する、人間の目の錯覚を使っていきましょう。

広めラペルのスーツの中に大きめの襟のワイシャツを着れば、顔が相対的に小さく見えます。

paul-smith-suits9

 

それに対し、細目の襟は顔の大きさを強調してしまいがち。

paul-smith-suits3

 

ただし大きい(広い)襟と言っても、あまりに高さのある襟だと首が短く見えてしまい、それも顔がボッテリとしたように見せてしまう。

スーツで顔を小さく見せたいなら上のように、襟の高さは低め且つ大きい襟のワイシャツを選ぶと良いでしょう。

また、襟の開き方にも注目。

上はワイドカラーで、下はレギュラーカラー。

最近は上のようなやや大きく開いた襟が人気ですが、こちらの方が顔を小さく見せます。

 

 

低めの身長をカバーするには

 

これは有名な話ですが、ボーダーは横を強調し、ストライプは縦を強調する。

なので特に身長が低くて悩んでいる人はボーダーよりもストライプを選ぶと良いでしょう。

 

safari04

 

全体的に縦が強調されるため、身長が高く見えます。

低身長をカバーする着こなしは他にもいくつか。

例えば縦長を強調する、スカーフなどを取り入れる。

beige-jacketpants6

 

特にシンプルノット巻きなど、スカーフが縦に長く垂れる巻き方はおすすめ。

スマートに結んで身長を高く見せましょう。

 

 

あるいは着こなし全体の上の方にアクセント色を入れるのもテクニック。

基本的に人間の目は最初にアクセントの色を見ます。なので、濃い色や別系の色を首元などにもっていくのがおすすめ。

bandana8

 

 

 

 

 

いかがでしたか??

今回は身長を高く見せたり、体型をカバーしたりできるメンズファッション着こなしを紹介しました。

どんどん取り入れて、理想の自分を目指しましょう!

 

こちらも参考にどうぞ。

【必見】オヤジ体型が見事に解消するジャケパン着こなし