【メンズ】カーディガンの着こなし方

春秋のコーディネートに大活躍で、綺麗目なので女子に結構モテるのがカーディガン。

でも着こなし方がなんとなくよくわからない。

そんなわけで、モテるカーディガンを使ってモテる着こなしが出来るように、カーディガンの着こなし方を解説します!

comme-ca-06

 

 

まずはカーディガンを無地Tで着てみよう

 

カーディガンを買って、着こなし方が分からない人はまず無地のTシャツ(カットソー)で着てみましょう。

それだけで女子ウケの良い綺麗目カジュアルのスタイルになること間違い無しです。

特におすすめなのはカーディガン+白い無地のTシャツ(カットソー)。cardigan02

無難ながらも洗練された感じになりますね。

「白いTシャツなんかオヤジくさい!」と思ってしまうところですが、ちょっと襟首が広めのものである程度質が良ければ、実は逆にお洒落なアイテムになるのです。

カーディガンの着こなしを始め、ジャケットやブルゾンなどどんなものを着こなすにも使える優れものなので、ぜひ一枚持っておきましょう。

ちなみにカーディガンの前ボタンは閉める?開ける?という話ですが、基本的には自由です。

体型ががっちりとしている人は開けたり、数個だけ閉めたりするくらいが丁度良いでしょう。逆に細身の人は閉めた方が体型がごまかせるかも。

また、インナーに着るときは閉めることが多く、アウターに着るときはボタン1〜3個ほど止めるだけにすることが多いですね。もう一つ基準を挙げるならば、カーディガンの下がTシャツ(カットソー)なら開け、襟のあるシャツなら閉めることが多いかもしれません。

要するに好みで決めましょう。

 

 

ボーダーTとカーディガンもおすすめ

 

無地のTシャツではさすがにシンプルすぎる、もうちょっとカジュアルさや派手さが欲しいという人にはボーダーのTシャツがおすすめ。

洗練されたシルエットはそのまま、遊び心とカジュアルさを追加したモテるカーディガンの着こなしになります。

border2

色の組み合せは、カーディガンとボーダーではそれほど気にすることはありません。

ですがあまり派手な色と派手な色の組み合せは避け、同系色2色や、1色+モノトーンなどで組み合わせていくとセンス良く着こなせますね。

今回の紺+グレーはちょうど、1色+モノトーンの着こなし。紺とグレーの相性が良いことも相まって、ちょっと知的な印象の着こなしになっています。

特に大学などでは「大人っぽい」着こなしとして、女子からモテること間違いなしです。

 

 

カーディガンとチェックシャツの着こなし

 

センスがない、オタクなどと言われてしまうチェックシャツも、カーディガンと組み合わせればお洒落なアイテムに。

実はチェックシャツの一番の問題は着こなし。

今回のように見える面積を少なくしてあげれば、チェック柄が着こなし全体のアクセントになるためお洒落な着こなしになります。

fashion5

またカーディガンの色を、チェック柄から拾うのも重要なポイント。

今回ならチェック柄に含まれている青に合わせて紺のカーディガンにしています。他にもグレーに赤が入ったチェック柄なら赤のカーディガンにしたりと、選び方は様々ですが、関連性があるのが重要です。

それが出来るだけでずいぶんと統一感のある、センスの良い着こなしになります。

 

 

カーディガンとドレスシャツの着こなし

 

編集部のイチオシは、カーディガンをカッチリ綺麗目アイテムとして使う着こなし。

ドレスシャツと組み合わせて、女子受け抜群のクール系着こなしにしましょう。

cardigan01

特にこのような、ショールカラー(まるっこい襟)のカーディガンはドレスシャツとの相性が良好。

こういうときはベルトや靴、バッグなどもややカタめに揃えてカーディガンをジャケットの代わりに使い、スタンダードな綺麗目に近い着こなしにするのがコツです。

 

 

カーディガンに合うパンツ

 

カーディガンに合うボトムスはどんなものがあるでしょうか??

おすすめは今回メインで使用しているジーンズ。

shoes

 

特にカーディガンと合わせて着こなす場合にはジーンズの中でも、シルエットがダボッとしていないものが良いでしょう。

それが一番スマートにバランス良く決まります。

また、チノパンも良いですね。

bottoms5

 

チノパンはちょっと綺麗目であるカーディガンの良さを引き出すアイテムになります。

センタークリース(縦の折り線)が入ったチノパンだとより綺麗目になるので、そういうチノパンと組み合わせるときはドレスシャツ+カーディガンがおすすめです。

 

 

 

いかがでしたか??

今回はカーディガンの着こなしでした。

せっかく手に入れたアイテムはどんどん活用していきましょう!