【お勧め高級イヤホン】MDR-EX1000 e-Q7

heigh_grade_earphone

大人の為の高級イヤホン

今回は大人の為の高級イヤホンを紹介します。
普段ファッションに拘っている人、そろそろ少し良いイヤホン欲しいな?
そんな時にお勧めの”名機”を2選掲載。

 

SONY MDR-EX1000

ソニーのハイエンドモニターイヤホン「MDR-EX1000」

これは、非常に完成度の高いイヤフォンと言えます。
オーディオ・ビジュアルの先駆者とも言えるソニーの技術の結集です。

液晶ポリマーフィルム振動板に、高磁力ネオジウムマグネット。
また、軽量かつ堅牢なマグネシウム筐体により素晴らしい音質を再現しています。

iPhoneやiPodは勿論のこと、ソニーのウォークマンとも非常に相性が良いです。
設計される時点でも、ウォークマンでの利用も考えられています。
そのため、少し前まで発売されていたウォークマンには、”NW-Z1000”という共通の1000ナンバリングが割り振られていました。

NW-Z1000_EX1000

 

MDR-EX1000の装着

 

耳掛け型のハンガー形状になっており、耳の後ろを回すようにして装着するのが特徴です。
ライブ映像などでも見たことが有る方がいるのはないでしょうか。

このMDR-EX1000シリーズに、MDR-EX800STというモデルがあります。
これはEX1000よりも低価格ですが、完全にプロユース仕様となっています。
特にフラットな特性となっているのが特徴です。

ですので、そのプロユースモデルよりも高級なEX1000は、とても贅沢なイヤホンだと言えます。
またEX1000はエンドユーザー向けなので、音質も”音楽を楽しむ”という方向性にあり、
”音楽を精密に作る”、”音楽を確認する”といったコンセプトのEX800STより音楽が楽しめます。

具体的には鮮明な音や、ダイナミックな表現などが得意で、小さな音を拾い上げて少し大きくするという”コンプ感”も出ています。
現行のソニーイヤホンの中でも、殆ど最上級のイヤホンと言えます。

EX1000にお勧めの音楽

特に大編成クラシックがお勧めです。半円形に配置されるオーケストラの楽器ひとつひとつが、目を閉じると目の前に広がります。
踊っているようなティンパニーや、バイオリンの倍音や共鳴。弦楽器から金管楽器まで美しい表現をします。

他にもジャズもお勧めです。マイルス・デイヴィスのトランペットや、ジョン・コルトレーンのサックス、渋い金属の震える音が厳密に伝わってきます。
ピアノソロのビル・エヴァンスも、地下鉄の振動の音を拾うほどに細かな音まで聞こえてしまいます。

もちろんJ-POPやROCK、アニメソングなども優秀に演奏しますが、例えばパソコン音源で作られた音楽などは、スピーカーやイヤホンで音が低下する事を
考えられて作られているものもあるので、そういった曲は迫力がありすぎてドンシャリサウンドで疲れてしまう場合もあります。
全体を通して言えば、とてもバランスの取れたイヤホンです。

価格は実売価格4万円。ネット通販や家電量販店でも入手できます。

d700asara-288

 

 

オルトフォン e-Q7

知る人ぞ知る名機オルトフォンe-Q7。そもそもオルトフォンというメーカーをご存知ですか。
オルトフォンはレコードの針を作っているメーカーで、レコードが好きな人なら一度は聞いたことがあるはずです。

そのオルトフォンが、e-Q7とe-Q5というアイポッドに指すことのできるイヤホンを発売したのです。
発売当初より人気が高く、今もなおユーズドが高い値段で推移していることからも、人気の高さが垣間見れます。

e-q7_14

 

このオルトフォンの特徴は、完全にヴォーカルの”声”の艶やかな魅力と言えます。

美しいジャズボーカルの声を耳元で聞きたいのであれば、このオルトフォンe-Q7を強くお勧めします。
中音域から高音域にかけて、艶のある綺麗な音を再現します。
他にもJ-POPの女性ボーカルもすっきりとした音で楽しむことができます。

e-q71

また、ボーカルがとても綺麗なe-q7ですが、ピアノやヴァイオリンなどアコースティックな楽器の音も素晴らしいです。
フラメンコギターのエントレドレスダクアスなど、有名なフラメンコのギターの音も迫力のあるアコースティックな音で楽しむことができます。

ですのでアナログな楽器が好きな人にも、このe-q7がお勧めできます。
最近では後継機のe-q8というモデルも出たので、予算が許すのであればこちらのモデルもお勧めです。

d700asara-318

e-q7とMDR-EX1000の魅力

どちらも素晴らしいイヤホンです。
初めての高級イヤホンの一つとしてもお勧めできますし、また長く愛用する事ができます。

長期に渡って使っていくことにより、段々とイヤホンが馴染んで自分好みの音になることもあります。
大好きな音楽を是非とも素晴らしいイヤホンで、どこに居ても楽しんで下さい。